更新日:2017/01/16
エアコンの室外機って掃除したほうがいいの?

エアコンの室外機って掃除したほうがいいの?

エアコンの室外機って掃除したほうがいいの?

エアコンの室外機はどうして付いているの?

部屋の中にある「室内機」からは、気持ちいい風が吹いてくるので、働きもわかりやすいですよね。しかし室外機は、どうして付いているのでしょうか?その役割を考えてみましょう。

エアコンの室外機には、部屋の暑さや寒さを外へ逃がす働きがあります。パイプに詰まったガスを通して室内機と熱を交換し、大きなファンで遠くへ飛ばす仕組みです。

この「熱を交換する機能」と「遠くへ飛ばす機能」について、掃除をしないと落ちていく可能性があります。

室外機もお手入れすれば節電はより効果的!

それでは室外機の機能を最大にするため、どのようなお手入れが必要でしょうか?

まず電源コンセントを抜き、表側に見えるファンにゴミがたまっていないかチェックします。細かいホコリ程度なら大丈夫ですが、枯葉や虫の巣などがあると熱を逃がす機能が落ちます。掃除機やブラシを使って、目立つゴミを取り除くと良いでしょう。

また裏側の「フィン」と呼ばれる熱交換器も、汚れると電気を余計に食ったり故障の可能性があります。雑巾のから拭きなどで、フィンをきれいな状態にするのがおすすめです。¥n掃除はエアコンの室内機と室外機の両方に行えば、より効果的な節電が期待できます。

室外機が働きやすい環境づくりも大切

掃除と合わせてチェックしたいのは、エアコン室外機が働きやすい環境に置かれているかどうかです。良くない例は「設置スペースが狭くて熱がこもる」とか、「近くに植物などがあり風の流れが悪くなっている」などです。これらの対処法は障害物か室外機を動かすだけで、特に難しさは感じないかもしれません。とはいえ機械を、勝手に動かしてしまって大丈夫なのでしょうか?

最後に【機械が頑丈そうでも、雑に扱うと故障の可能性も】

一見すれば頑丈そうで、ちょっとやそっとじゃ壊れないように見える室外機ですが、中には精密機械が組み込まれ、冷暖房で特に大切なガスが詰まっています。機械を雑に扱うと、バランスがずれて故障したりガス漏れを起こす可能性もあります。

修理代やガスの補充で、電気代以上に高くついてしまうのは悲しい状況です。室外機の掃除やベストな設置方法については、エアコンを専門に扱うプロに任せるのが得策かもしれません。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

エアコンクリーニングを検討するなら

一度プロのエアコンクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください