スチームクリーナーを使ってエアコンを掃除してもいいの?

普段のエアコン掃除は表面を拭いて、フィルターを洗うだけにしているという方も多いのではないでしょうか。内側の部分にほこりやカビなどが貯まっているのでは、と不安に思う方もいるでしょう。そこでスチームクリーナーを使ってエアコンを掃除する方法や、そのメリット、注意点についてご紹介します。

スチームクリーナーを使ってエアコンを掃除してもいいの?

普段のエアコン掃除は表面を拭いて、
フィルターを洗うだけにしているという方も多いのではないでしょうか。

内側の部分にほこりやカビなどが貯まっているのでは、
と不安に思う方もいるでしょう。

そこでスチームクリーナーを使ってエアコンを掃除する方法や、
そのメリット、注意点についてご紹介します。

便利なスチームクリーナーの特徴

スチームクリーナーはホームセンターや通販で簡単に手に入れることができます。

スチームクリーナーは、洗車や風呂掃除、玄関の掃除など幅広い使い道があるのも特徴です。

高音のスチームは油汚れにも強く、殺菌効果もあります。

さらに洗剤も不要です。

スチームクリーナーでエアコン掃除ができれば、クリーニングの業者に頼む必要もなくコストも抑えられます。

またエアコンを掃除することで、電気代の節約にもつながります。

スチームクリーナーを使う時の注意点とリスク

スチームクリーナーでエアコンを掃除する時の注意点は、高温のスチームによりプラスチックの部品が変形してしまうこともある点です。

そのため日本冷凍空調工業会でも、スチームクリーナーの使用を禁止しています。

またスチームが電装部品にかかることで、エアコンが壊れる可能性もあります。

汚れを流しきれない場合もあるそうです。

スチームクリーナーで掃除する時には、これらのリスクを考慮した上で行うようにしましょう。

スチームクリーナーでエアコンを掃除する方法

スチームクリーナーでエアコンを掃除する前には、電源を抜き、ほこりなどが落ちてくるため床には新聞紙を広げておきましょう。

電装部品はラップなどで保護します。

連続してスチームをあてる時間は1~2分程度に抑え、数分おいて部品を冷却してから再度あてるようにしましょう。

ゆっくり行うことが大切です。

ファンを掃除する時には、熱交換器の上にタオルをあてることで、汚れが散るのを防ぐことができます。

最後に【内部の細かい部分の掃除は難しい場合も】

スチームクリーナーを使って掃除をすると、エアコンを壊してしまうリスクもありますが、きれいに掃除することができます。

しかしエアコン内部や奥の部分には掃除しきらない部分もあり、気になる時は専門のクリーニング業者に依頼されるとよいでしょう。

もちろんフィルター掃除以外は業者に依頼するのもひとつの方法です。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms