エアコンの効きが悪いのはガス漏れが原因!?対処法を詳しく紹介!

お使いのエアコン、買った当初に比べて効きが悪くなっていることはありませんか?こまめにフィルターの掃除もしているのに、部屋の温度がなかなか変わらない。それはエアコンのガスが、漏れてしまっているのかもしれません。ガス漏れの状態で運転を続けると、効かないばかりか電気代が高くつく場合もあります。それは一体どういうことなのか、対処の方法も含めて考えてみましょう。

エアコンの効きが悪いのはガス漏れが原因!?対処法を詳しく紹介!

エアコンの効きがあまり良くないと感じたことはありませんか?もしかしたら、それはエアコンのガス漏れ原因かもしれません。エアコンの効きが悪いと、夏や冬の冷房・暖房が使えなかったり湿気が多い時期に除湿できなかったりして困ってしまいますよね。

しかし、エアコンのガス漏れは、正しく対処することで直せます。ガス漏れの原因に合わせて部品を修理したり取り替えたりすることで、エアコンの効きが改善されるんです。今回は、エアコンのガス漏れの症状や原因対処法などについてご紹介します。

エアコンのガス漏れの3つの症状

エアコンのガス漏れの3つの症状

エアコンの効きが良くないと感じた時、以下の3つのような症状が見られたら、エアコンのガス漏れが原因かもしれません。

1.風は出るけど全然冷えない

エアコン送風口から風は出ていても、全く室内が冷えない時はガス漏れしているかもしれません。冷房をつけても冷たい風が出ず、ぬるい風ばかり出る時は、要注意です。ガス漏れしていないか早急に確認することをおすすめします。

2.室外機の配管に霜がついている

ガス漏れをすると、室外機の配管にがつくことがあります。透明な水滴がついていたら問題ありませんが、白い霜がついていたらガス漏れしている可能性があります。エアコンの効きが悪いと感じたら、室外機の配管の細いパイプをチェックしてみるといいでしょう。

3.エアコン熱交換器に霜がついている

エアコンの熱交換器の一部分だけが冷えてがついている時は、ガス漏れが原因であることが多いといわれています。場合によっては、霜ではなく氷がついている時もあります。この症状が出るのは少し古いタイプのエアコンだけなので、新しいエアコンではこのような症状はみられません。

以上のような症状がエアコンに見られたら、ガス漏れの有無を確認して、早急に対処するようにしましょう。

ガス漏れの主な原因3つ

ガス漏れの主な原因3つ

エアコンのガス漏れの原因には、以下の3つが考えられます。

1.エアコンの取り付けミス

引っ越しでエアコンを取り付ける時やエアコンを移動する時など、取り付け時のミスによってガス漏れが起こることがあります。その時は、取り付け後数日から数年の間に症状が出てくるので、エアコンを取り付けた業者に点検や修理などを依頼するといいでしょう。

2.配管等の腐食

エアコンの熱交換器や室外機の配管などが腐食することで、パイプに穴が開いてしまい、ガス漏れが発生することがあります。海浜地区など塩分が多い所や温泉地など硫化ガスが発生する所によく見られます。海浜地区や温泉地にお住まいの方は、配管等が腐食していないか定期的に確認するといいでしょう。

3.配管接続部の変形・破損

引っ越しや掃除等で配管接続部を無理に動かすと、接続部分が変形したり破損したりすることがあります。そうなると、その部分からガス漏れして、エアコンの効きが悪くなってしまいます。配管接続部をどうしても動かさないといけない時は、無理に力を入れないようにして、優しく動かすようにしましょう。

エアコンのガス漏れを直す時は、ガス漏れの正しい原因を知ることが大切です。ガス漏れ時は以上の3つ原因を頭に入れて、何が原因かチェックしてみるといいでしょう。

ガス漏れしているか確認する方法3つ

ガス漏れしているか確認する方法3つ

エアコンがガス漏れしているかの判断は、自分だけでは難しいように感じますよね。しかし、以下の3つ方法で簡単に確認できます。ガス漏れしているかもと思ったら、1度これらの方法で確認してみるといいでしょう。

1.配管の接続部やパイプに霜がついているかどうか

ガス漏れをすると、配管の接続部パイプが付きます。エアコンをつけて約15~20分経った頃、配管の接続部やパイプに霜が付いている場合は、ガス漏れしている可能性が高いです。しかし、汗のような水滴がついているだけであれば、ガス漏れの問題はありません。

2.室外機のパイプが冷たくならないかどうか

室外機のパイプが冷たくならない場合も、ガス漏れの可能性があります。ガス漏れしているかもと思ったら、1度室外機のパイプを触って確かめてみるといいでしょう。

3.ガス漏れ検知器を使う

エアコンのガス漏れを確実に確認するには、ガス漏れ検知器を使うのも1つの方法です。使い方は簡単です。配管カバーに穴を開け、そこにガス漏れ検知器を入れるだけでOKです。ガス漏れがある場合は、音が鳴ったりランプが光ったりして、確認できます。数千円あればインターネット通販などで購入できるので、確実に調べたい方にはおすすめです。

ガス漏れ時の対処法

ガス漏れ時の対処法

エアコンのガス漏れは、原因に合わせて対処することが大切です。ここでは、取り付けミスの場合と配管や接続部分の腐食・変形・破損の場合の対処法をご紹介します。

1.取り付けミスの場合

誤った配管の接続など取り付けミスの場合は、取り付けをやり直すことで改善します。その際は、取り付けした業者にやり直しをお願いするといいでしょう。業者の取り付けミスであれば、修理が無料になることが多いです。エアコンのガス漏れは早めに気付いた方がいいので、エアコンを使用しない時期でも、取り付け後はガス漏れしていないか確認してみることをおすすめします。

2.配管の腐食、接続部分の変形・破損の場合

腐食や変形、破損した箇所を取り換えることで、ガス漏れを直せます。取り換え箇所の部分によっては費用が高くなることもありますが、エアコンの保証期間内であればメーカーに対応してもらえることもあります。自分で対処する前に、1度エアコンの保証書などを確認してみるといいでしょう。

 

エアコンのガス漏れ時には以上のような対処法がありますが、状態によっては買い替えた方がいい場合もあります。修理費やエアコンの使用年数などを考えて、ご家庭に合った選択をするといいでしょう。

エアコンのガス漏れを予防する方法はある?

エアコンのガス漏れを予防する方法はある?

エアコンのガス漏れ原因は、取り付け時のミスがほとんどだといわれています。ガス漏れを予防する1番の方法は、専門業者に取り付けをお願いすることです。自分だけでエアコンの取り付けをすると、ガス漏れだけではなく、エアコン故障の原因にもなってしまいます。また、慣れない作業で思わぬ怪我をしてしまうこともあるでしょう。安心・安全のためにも、エアコンの取り付けは専門業者にお願いすることをおすすめします。

また、自分でのエアコン分解清掃もガス漏れの原因になることがあります。エアコンは細かい部品が多く、水濡れ厳禁な箇所もいくつかあります。エアコンの清掃で少しミスするだけでも、ガス漏れや故障の原因になってしまいます。

エアコンを隅々まできれいにしたい時は、専門業者に依頼するのが1番安心です。専門業者のエアコン取り付けの相場は約10,000円清掃約15,000円と、費用は多少かかります。しかし、エアコンのガス漏れ予防のためには、取り付けや清掃を専門業者に依頼するといいでしょう。

【実録】エアコンクリーニングをプロに頼んだらカビ臭さがなくなった!
あわせて読みたい
【実録】エアコンクリーニングをプロに頼んだらカビ臭さがなくなった!
リンク(新しいタブで開きます)

まとめ

エアコンのガス漏れを見つけても、自分で対処するのが難しい時もありますよね。そんな時は、専門業者に依頼することをおすすめします。専門業者であれば、ガス漏れの正しい原因を見つけ、しっかりと直してもらえます。修理の準備から後片付けまで全て行ってもらえるのも助かりますよね。

実際に修理を依頼する場合は、値段が安いだけではなく、ガスの補充や修理をきちんと行ってくれるかどうかを確認してから依頼するといいでしょう。

エアコン業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms