エアコン掃除での際に出るゴミってどれくらいの量ですか?

暑さや寒さを感じる季節の変わり目は、エアコンを使い始める時期でもあります。エアコンの掃除をあまりしないという方も、エアコンを使う時期の前には掃除をしておきましょう。 汚れているエアコンを掃除すると、ホコリなどのゴミが出てきます。 今回はエアコン掃除に流れと、それに伴って出てくるゴミについてご紹介致します。

エアコン掃除での際に出るゴミってどれくらいの量ですか?

ホコリが中心!エアコン外側の掃除

ご家庭で無理なくできる掃除について紹介します。

機種によって部品の位置や取扱いが違うため、説明書に沿って行うのがよいでしょう。

安全のためにエアコンのコンセントを抜きます。

コンセントがなければブレーカーを落としましょう。

まず本体の上部や側面のほこりを落とします。

次に中性洗剤を吹きかけた雑巾で拭き、その後水拭きをします。

エアコンについているホコリや、破棄するのであればその雑巾がゴミとして出てきます。

ここにもホコリが!フィルター掃除

エアコンの前面パネルを開き、フィルターの表面についたホコリを掃除機でとりましょう。

それからフィルターを外します。

型崩れすることもあるため、柔らかいブラシやスポンジで洗ってください。

汚れがひどい時には台所用の中性洗剤を使います。

洗った後は完全に乾かしてからエアコンに装着しましょう。

フィルター掃除に伴い、フィルターに付着したホコリや、破棄するのであればブラシやスポンジが出てくるゴミになります。

場合によってはカビも!吹き出し口の掃除

吹き出し口やルーバーの掃除についてです。

ルーバーを手で回し、中性洗剤を吹きかけた雑巾などで拭いていきます。

拭きにくい部分は、割りばしや定規などに雑巾を巻き付けた道具を使って拭きましょう。

その後に水拭きをします。

掃除後には冷房や暖房ではなく送風運転をして、エアコンを乾燥させましょう。

吹き出し口やルーバーの掃除によって、ホコリやカビなどの汚れが掃除道具につくため、破棄するのであればゴミになります。

最後に【ご家庭でのエアコン掃除はゴミも少なめ】

ご家庭でできるエアコン掃除を行う際には、多くのゴミは出ないでしょう。

上記以外の方法として、洗浄スプレーによる掃除を考える方もいるかもしれません。

しかし使い方を間違えるとエアコンが故障してしまうこともあります。

エアコン内部までしっかりと掃除したい方は、専門のクリーニング業者に依頼するのがおすすめです。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms