カビ臭い原因はルーバーにあり?エアコン吹出口のお手入れ方法

しばらく使っていないエアコンを使うと臭い。。。そんな経験はありませんか?もしかしたら、エアコン内部にカビが発生している可能性が高いです。解決方法としてはエアコン内部を定期的に掃除する必要がありますが、簡単で効果テキメンなのがエアコンルーバーの掃除なんです。ルーバーって何?という方はぜひご一読ください!

カビ臭い原因はルーバーにあり?エアコン吹出口のお手入れ方法

エアコンのルーバーって何?

エアコンのルーバーとは、エアコンの風の吹き出し口の風向きを変える所です。エアコンを自動で運転すると、上下左右に動いている部分です。

ルーバーにカビが生えていたら、常にカビまじりの空気が、部屋中に吐き出されていることになります。恐ろしいですよね。

エアコンは、お部屋の空気を吸い、エアコン内部で熱交換して冷たい空気、暖かい空気を吐き出しているので、お部屋の空気を吸う時に一緒にホコリや調理時に出る油煙なども吸い込んでいます。

エアコンの中にホコリが溜まった結果、熱交換時に結露し、ホコリが湿ってカビが発生します。このカビが、空気の吐き出し口であるルーバーにもついてしまうという仕組みです。

エアコンのルーバーの掃除方法

エアコンのルーバーの掃除方法ですが、まずは、エアコンのコンセントを抜きましょう。

掃除中にエアコンが誤作動すると危険です。

次にエアコンの下が汚れてしまうので、大きなゴミ袋をエアコンの下に貼りましょう。

あとは、歯ブラシやすきまブラシなどで、ルーバーを擦っていきます。

力を入れすぎるとルーバーが破損する可能性がありますので、ほどほどの力でやりましょう。

外が終わったらエアコンのカバーを外して内側も擦ります。

カビ、汚れが取れたら、アルコールで消毒しておくと良いでしょう。

ついでに見える部分も擦っておく

エアコンカバーを外したら、フィルター掃除は、もちろん、見える部分も擦っておきましょう。

シロッコファンや冷却フィンなどもホコリが溜まりやすい所です。

機種により、見える範囲は違うので、無理をせず、見える範囲のホコリ、カビ、汚れを取っておきましょう。

欲をいえば、エアコン内部の分解掃除をした方が良いのですが、自信がある人はいいのですが、そうでない人は、無理をしない方が無難です。

エアコンを掃除するつもりが、エアコンを壊してしまっては、元も子もありませんからね。

エアコンのルーバーのカビ予防

エアコンのルーバーをはじめエアコンの内部に発生するカビの予防法としては、やはり、エアコンの定期掃除をすることです。

それと、ホコリがつきやすくなる調理時の油煙やタバコの煙などをエアコンに吸わせないことです。

調理時には、エアコンを切り、調理が終わってもしばらく換気扇を回すとか、室内でタバコを吸わないなどの工夫が必要です。

エアコンの掃除に自信がない人は、業者に依頼すると良いでしょう。

ほっとラインでは、料金、サービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分に合った安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms