一人でエアコンを掃除するのが難しいのですが、何かいい方法はありませんか?

夏、冬を快適に過ごすためには、エアコンの存在は欠かせません。しかし、オフシーズンには忘れられてしまうエアコン、最低でも夏、冬前のエアコン最盛期前には、掃除をしておきたいものです。掃除をしないと、エアコンの中は、ホコリとカビでびっしり、になってしまいます。エアコン掃除の必要性はわかっているものの、一人では難しい気がします。どうしたらいいのでしょうか。

一人でエアコンを掃除するのが難しいのですが、何かいい方法はありませんか?

一人でエアコン掃除をする際の難しい点

一人でエアコン掃除する際に、大変なのは、まず、掃除機でホコリを吸い取ることです。

エアコンが設置されているのは、高い位置です。

一人でエアコン掃除する際には、重い掃除機を抱えて、高い位置にあるエアコンを掃除しなくてはならないため、結構大変です。

やはり誰かに協力してもらい、掃除機を持ってもらってやると楽です。

どうしても一人でエアコン掃除するなら、脚立などに掃除機をくくりつけて、掃除機が落ちないようにするといいですよ。

くれぐれも、掃除機を落として掃除機を壊さないように気をつけてください。

エアコンのカバーを外してフィルター掃除する時の工夫

エアコンの外側のホコリを掃除機で吸っても、フィルター掃除するために、エアコンのカバーを外す時に、ホコリが落ちます。

これを防ぐために、エアコンの本体の下側に大きなゴミ袋などをテープで貼っておくといいですよ。

あとで、床掃除が楽に済みます。

次にカバーを外す前に、必ず、コンセントを抜いてくださいね。

エアコンを掃除中にエアコンが誤作動すると危険です。

カバーを外したら、エアコンのフィルター掃除です。

軽く掃除機で吸ったら、あとはお風呂場で水洗いしましょう。

エアコンフィルターは、しっかり乾かしてから取りつけてください。

エアコン内部の掃除は難しい

エアコン内部の分解掃除は難しいです。

内部の部品を外しながら、エアコン内部を掃除するのですが、エアコン内部は、精密部品が多く、特に、エアコンの肝となる、冷却フィンは優しく掃除しないと冷却フィンを傷めてしまう恐れがあります。

冷却フィンを傷めると、冷えが悪くなったり、湿気やすくなりカビが発生しやすくなってしまいます。

しかし、冷却フィン掃除は、エアコンの内部掃除に欠かせないものです。

エアコンの内部掃除は、一人だからとかではなく、機械が得意でない人にとっては難しいと言えます。

最後に【業者に依頼するのが無難】

エアコンのフィルター掃除なら、上記の方法で、一人でやってもできると思います。

しかし、エアコンの内部掃除は難しいので、機械が得意でない人は、業者に依頼した方が無難です。

ほっとラインでは、料金、サービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分に合った安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事

その他のカテゴリー記事を見る

pvms