エアコンを付けると咳がでるんですが、どうしたらいいですか?

エアコンを付けると咳がでるんですが、どうしたらいいですか?

エアコンを付けると咳がでるんですが、どうしたらいいですか?

夏に暑くてエアコンを付けると、なぜかが出てしまうという人がいます。あまり気にしていない人もいるかもしれませんが、咳きが出るのには実は、原因があるんです。

咳がでるのは、夏型過敏性肺炎という病気かもしません。今回はその原因と、対処法について紹介します。

その咳の正体は、夏型過敏性肺炎かも?

その咳の正体は、夏型過敏性肺炎かも?

エアコンをつけるたびに咳がでて止まらない場合は、風邪による咳ではなく夏型過敏性肺炎という病気の可能性があります。聞きなれないこの病気、実は空気中のカビを吸うことによって発症してしまうのです。

カビは20度~30度の温度と多湿(約60%以上)という環境があれば発生しやすのですが、実は夏場にエアコンを使用すると、この条件が揃うことでカビが発生するのです。

まずは病院での検査をオススメしますが、咳が長引く場合は原因となる汚れたエアコンを掃除しないと、再発する可能性が高くなります。

汚れたエアコンがカビを撒き散らしている

エアコンとカビの関係性

実はエアコンとカビには関係性があって、エアコンは冷たい空気を循環させているのですが、その際に水分(ドレン)が発生します。よってエアコンの中というのは、かなりの多湿状態になっていてカビが大変発生しやすい場所になります。

この事からエアコン内に発生したカビがエアコンを運転することによって空気中に送り出されて、それを吸うことによりが出てしまうという事です。しかし、ちゃんとした対処法を行っていれば何も問題はありません。

エアコン内部のカビ落とす方法

エアコン内部のカビ落とす方法

対処法としてはやはり日ごろからの手入れを怠らない事です。とはいっても使っていなければお手入れをすることもないと思うので、エアコンを使用する時期になったら、キレイに掃除をしましょう。

市販の洗浄スプレーを使ってエアコン掃除を済ませる人も多いですが、エアコン内部にこびりついたカビは分解洗浄をしない限りは完全に取れないため、少し費用かかりますが、業者に頼むことをオススメします。

【事実】エアコン洗浄スプレーでエアコンの内部の汚れは落ちない話
あわせて読みたい
【事実】エアコン洗浄スプレーでエアコンの内部の汚れは落ちない話
リンク(新しいタブで開きます)
エアコンクリーナーには種類があった!知らないと臭いの元は取れない
あわせて読みたい
エアコンクリーナーには種類があった!知らないと臭いの元は取れない
リンク(新しいタブで開きます)

半年に1度はエアコン内部の掃除でカビ予防を

夏型過敏性肺炎はこじらすと入院する場合もある、非常に怖い病気でもありますので、エアコンを消したら咳が止まるから大丈夫と思わないで、今回ご紹介した対処法を実践することで健康的で快適な環境を手に入れましょう。

【実録】エアコンクリーニングをプロに頼んだらカビ臭さがなくなった!
あわせて読みたい
【実録】エアコンクリーニングをプロに頼んだらカビ臭さがなくなった!
リンク(新しいタブで開きます)

エアコンクリーニング業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事

その他のカテゴリー記事を見る

pvms