更新日:2017/01/01
エアコンの寿命はどれ位ですか?交換のめどは?

エアコンの寿命はどれ位ですか?交換のめどは?

エアコンの寿命はどれ位ですか?交換のめどは?

エアコンはどれくらいの期間使えるの?

エアコンの寿命は一般的に、10年前後と言われています。それよりずっと長い期間、使っている場合もあるでしょう。

しかしエアコンは使うほどに性能が落ちていくものです。具体的にはフィルターの汚れや、電気部品の消耗などがあります。

深刻なケースではエアコン内部にカビがたまったり、冷却ガスが漏れていることもあります。こうなるとデメリットが健康被害、電気代の高騰などの形で現れます。それではエアコンを修理したり交換する以前に、寿命を伸ばすような方法はあるのでしょうか?

エアコンの寿命を伸ばす方法は?

エアコンは使い方を工夫することで、寿命を伸ばすことが可能です。

まずは外との気温差が大きくならないよう、温度設定をすることです。暑い日や寒い日は空調を強く効かせたいものですが、これは機械に負担をかけて寿命を縮める要因になります。温度設定は外の気温から、5度くらいまでの差に設定しておくのが理想です。健康面でも電気代の面でも、おすすめできる方法です。

また冷暖房をあまり利用しない春や秋でも、月に1度ほどエアコンを慣らし運転するのをおすすめします。次にエアコンの交換を行うべきタイミングについて考えてみましょう。

エアコンを交換するべきタイミングって?

エアコンを大切に使っていても、交換した方が良いタイミングは存在します。まずはエアコンを運転していて、異音がする場合です。これは既に機械が故障しているかもしれません。リモコン電池が新しいのに操作が効かない時も、電気系統のトラブルと考えられます。

また部屋の温度がなかなか変わらないのは、ガス漏れを疑う必要があります。ガスが漏れた箇所の特定は難しく、寿命と判断する状態のひとつです。

送風からカビのような臭いがするのも、クリーニングや交換のサインです。健康を害する前に、対策を取った方が良いケースです。

最後に 【古いエアコンを使い続けるデメリット】

エアコンに何かしらのトラブルが起こった際、修理して使い続けるのも選択肢のひとつです。

しかし修理で寿命は伸びても、若返るわけではありません。中でも電気系統の故障やガス漏れは、いつ再発するかわからないリスクを抱えます。

特に保証期間を超えた古いエアコンについては、買い替え交換を積極的に検討するのがおすすめです。最近は省エネ型など高性能な製品や、リーズナブルなものもあります。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

エアコンクリーニングを検討するなら

一度プロのエアコンクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください