更新日:2017/01/01
エアコンの配管用パテの使い方を教えて!

エアコンの配管用パテの使い方を教えて!

エアコンの配管用パテの使い方を教えて!

エアコン配管用のパテってどういうもの?

エアコン配管用のパテとは、柔らかい材質でできた粘土状の物です。自由に形を変えられるので、すき間の大きさに合わせちぎって使います。

パテは乾いても完全に固くなることはなく、ゴムに似た弾力を保ちます。これで配管の穴をふさげば、部屋の中に雨やホコリが入ってくるのを防ぐことができます。このエアコン用パテは、ホームセンターでも購入可能。自分で使う際は、どのような手順で行うのでしょうか?

パテで配管のすき間を埋める方法

パテで配管のすき間を埋めるためには、まずエアコン配管を通す穴の周辺を掃除します。雑巾がけなどできれいにした後、新しいパテで埋めていく流れです。

新しいパテを開封したらすき間の大きさに合わせてちぎり、棒状にこねます。棒状にしたパテでエアコン配管の周りを巻くように、すき間がなくなるまで埋めていきます。最後に表面を平らに馴らして完了。あとは自然に乾くのを待つだけです。

パテを使う時の注意点は?

エアコン配管のパテ埋めについて、難しい専門技術や道具が必要なわけではありません。 しかし作業を行う際の注意点はあります。

まず通し穴周辺の掃除を、丁寧にやることです。そこにホコリや古いパテが残っていると、せっかく埋めた新しいパテが剥がれ落ちる可能性があるからです。

またエアコン配管のすき間をしっかり埋めるのはもちろん、手際よく行うのがポイントです。 特に気温の高い日はパテの乾きが早く、部分によってムラができてしまうので気をつけましょう。

最後に 【やり直しが難しいパテ埋め作業】

エアコン配管のパテ埋めは手順がシンプルなため、自分で行いたいという人も少なくないでしょう。

しかし失敗してすき間ができると、以前より余分に外の空気が入ったり雨漏りのリスクを抱えます。慣れないパテ埋めに悪戦苦闘しているうち、配管を傷つける可能性もゼロではありません。それがガス漏れなどの故障につながったら、取り返しのつかないことになってしまいます。

やり直しの難しいパテ埋め作業に自信を持てない時は、エアコン設備の専門業者に依頼するのが良い方法です。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

エアコンクリーニングを検討するなら

一度プロのエアコンクリーニングをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください