エアコンクリーニングって外の室外機も掃除してくれるの?

エアコンの性能を保つため、室内機のファンやフィルターの掃除をこまめに行う人は少なくありません。 中にはエアコンクリーニングの専門業者へ依頼し、徹底的に汚れを取ってもらうケースも多いと思います。ここでふと疑問に感じるのが、ベランダなど外に置いてある室外機です。これはクリーニングが必要なものでしょうか?室内機と合わせて掃除してもらえるかどうかも含め、室外機のメンテナンスについてご紹介します。

エアコンクリーニングって外の室外機も掃除してくれるの?

エアコン室外機の掃除って必要なの

エアコン室外機は通常は外に置かれていて、風雨にさらされます。汚れるのが前提なら、クリーニングの必要性は特に感じないかもしれません。

しかし室外機も室内機と同様、汚れがたまると空調の効率が落ちてきます。電気代が余分にかかったり、最悪の場合は故障することもあります。そのためエアコン室外機は定期的に、正しい手順をふんでクリーニングを行うのがおすすめです。

室外機をクリーニングする手順

室外機は配管を通してエアコン室内機と熱のやり取りを行い、不快な熱気や寒気を遠くへ逃がす役割があります。

熱をやり取りする交換機は「フィン」と呼ばれ、ここが汚れると熱交換の効率が落ちます。したがって室外機のフィンを雑巾などできれいにするのは、エアコンの電気代が高くならないために大切なクリーニング手順です。

また熱を遠くに逃がす室外機の「ファン」という部分は、ホコリや枯葉で詰まると働きが悪くなります。ファン周辺のゴミをブラシで取り除き、回転する機能を取り戻すのもやっておきたい作業です。

自分でのエアコンクリーニングは可能?

エアコン室外機のクリーニング手順を見ればそれほど複雑ではなく、自分でもできると感じたかもしれません。

しかし気をつけたいのは、室外機も精密機械であるということです。無理に移動させたり部品を取り外すと、故障の原因になる可能性があります。ガス漏れなどを起こして修理代が高くつくのは、後悔してもしきれない事態です。

少しでも不安を感じたら室内機と同様、エアコンクリーニングの業者へ依頼するのが無難でしょう。

最後に 【クリーニングを業者へ依頼する時のポイント】

それではエアコン室外機のクリーニングを業者へ依頼する際、注意するポイントはどこでしょうか?現在は業者のホームページや比較サイトも充実していて、地域や料金で条件を絞るのも可能です。

見比べる時に値段とサービス内容以外で、注目した方が良いのは作業実績ですクリーニングの実施件数、業務に従事している年数などが判断材料になるでしょう。

エアコンをきれいに掃除するのはもちろん、精密機械を取り扱う技術にもたけた所が理想です。不明な点は事前に業者と確認しながら、納得いく条件で室外機クリーニングを依頼するのをおすすめします。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事

pvms