エアコンって掃除しないとどうなるの?

部屋を厳しい暑さや寒さから守り、快適にしてくれるエアコンはありがたい存在ですよね。熱中症などの健康被害を防ぐためにも、大切な家電です。そんなエアコンについて掃除をしないと、どうなるのでしょうか?機械から変わらず冷風や温風が出ていても、実は余分な電気代がかかったり病気の原因になる可能性があります。今回はエアコンの掃除をしないとどうなるかについてご紹介します。

部屋を厳しい暑さや寒さから守り、快適にしてくれるエアコンはありがたい存在ですよね。熱中症などの健康被害を防ぐためにも大切な家電です。そんなエアコンについて掃除をしないと、どうなるのでしょうか?

エアコンからは変わらず冷風や温風が出ていても、実は余分な電気代がかかったり病気の原因になる可能性があります。今回はエアコンの掃除をしないとどうなるかについてご紹介します。

ムダな電気代を払っていませんか?

エアコンは部屋の空気を循環させているため、空気と一緒に室内のホコリを吸い込んでしまいます。ホコリは内部のフィルターで受け止められますが、そのままにしておくとフィルターの目が詰まり、空気を吸い込む邪魔になります。それでもエアコンは吸い込む力を維持しようと、余分なエネルギーを使うことになります。こうして掃除していないエアコンは、電気代が上がる仕組みです。

また機械の奥にある「フィン」と呼ばれる熱交換器も、掃除していないと汚れがたまります。 そのため汚れたフィンは熱交換の効率が落ちて、これもムダな電気代を払う理由になります

カビのついた送風は健康を崩す原因に!

さらに掃除していないエアコンで怖いのが、カビの問題です。エアコンの中は湿気もたまりやすいため、カビが育つ温床になります。これを掃除して取り除かないと部屋の中に、カビの胞子を含んだエアコンの送風が循環する状態になります。イヤな臭いがするだけでなく、健康を崩す原因になってしまうこともあります。

ぜひエアコンを掃除して、クリーンな風に触れたいものですね。

エアコンのどの部分を掃除したらいいの?

それではエアコンの掃除は、どの部分について行えばいいのでしょうか?

まず室内機ではホコリのたまりやすいフィルターです。掃除機やブラシを使ってホコリを落とします。

風を送るエアコンのファンはよくカビが付くので、歯ブラシや中性洗剤を含ませた布を活用し取り除いていきます。また奥にある熱交換器のフィンや室外機も、可能な限り汚れを落としたいところです。

故障を防ぐためまずエアコンの電源コンセントを抜き、掃除した後は乾燥するまで待つのが基本です。

まとめ

上記の箇所でエアコンのフィルターについては取り外しも簡単なので、掃除はそれほど難しくないでしょう。

しかしファンやフィン、室外機になると精密機械という点もあり、着手するのに迷うかもしれません。大切な部品を傷つけたり壊してしまうと、修理代などで高くつくことになります。

大変に感じたら無理をせず、エアコンクリーニングの専門業者にお任せするのも賢い手段です。ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms