エアコン掃除は自分でできる!エアコンクリーナーの使い方がポイント

自分でエアコンを掃除するには市販のクリーナーが便利ですが、選び方や使い方がよくわからない。という方もいますよね。そこで自分でエアコンを掃除する方法を詳しくご紹介します。どうしても自分でエアコン掃除が出来ない場合は、プロの業者に依頼しましょう!

更新日:2018/05/24
 
エアコン掃除は自分でできる!エアコンクリーナーの使い方がポイント

夏は涼しく冬は暖かく、毎日快適に暮らすために欠かせないのがエアコンですよね。みなさんはエアコンを自分で掃除していますか?見たところ汚れていないし、問題なく使えるから一度も掃除をした事がない人もいるのではないでしょうか?

エアコン掃除を怠ると、部屋の中の空気も汚くなってしまいます。あまり詳しくないから「専門の業者に依頼すればなんとかしてくれるよね!」と考えるのも、もちろん正解です。でも、プロに依頼せずに自分でエアコン掃除をして、費用を「安く抑えたい」ですよね。市販のエアコンクリーナーを活用すれば、エアコン掃除ができますよ!

今回は、エアコン掃除自分でする方法と、便利なエアコンクリーナーの使も詳しくご紹介します。ご自分で掃除する時の参考にしてください。

自分でエアコン掃除する時の必需品はエアコンクリーナー

インターネットやお店でエアコンクリーナーを探すとたくさん商品があります。ここで覚えておいてほしい事があります。販売されている多くのエアコンクリーナーはフィンを掃除するためのフィンクリーナーなんです。フィンクリーナー
だけではエアコン全てを掃除することは難しいんです。

  • こまるちゃん
    こまる

    エアコンクリーナーに種類があったなんて知らなかったよ!フィンクリーナー以外にあと何種類のクリーナーがあるんだろう?


  • ほっとくん

    多くのクリーナーがフィンクリーナーだと知ってビックリしているね。実はエアコンクリーナーは大きく分けて4種類のクリーナーがあるよ。詳しく紹介するね。

1.フィンクリーナー(洗浄剤)

アース製薬 エアコン洗浄スプレー 無香性 420mL
アース製薬 エアコン洗浄スプレー 無香性 420mL
  • アース製薬
  • 価格 ¥490 (2018/2/22 18:18時点)
Amazonで詳細を見る

フィンとはエアコンのフィルターの奥に見える、薄い金属が並んだ部分をフィンといいます。エアコンは部屋の空気を吸い込んだ後に、この部分で温度の調整をします。冷房運転をしている時には、部屋の温かい空気を吸い込みフィンの部分で冷やすため結露が発生します。発生した結露はカビの原因になりますのでキレイにしておくと安心です。

2.ファンクリーナー(洗浄剤)

次に紹介するのがファンクリーナーです。ファンとはエアコンのどの部分かというと、エアコンの吹き出し口から奥の方を見るとチラッと見えるのがファンです。ファンは筒のような形をしており、回転することで風を起こします。部屋の空気を吸い込んだり、温度調整をした空気を部屋に吐き出したりする働きをしています。

ファンクリーナーは少し値段が高く、なかなかドラッグストアには置いていません。インターネットで探したほうが早く見つかるかもしれません。そんな高くて見つかりにくいのなら、「ファンクリーナーだけでいいや~」と思っていませんか?エアコンは、ファンとフィンの両方を掃除しないと効果がありません。

3.フィルタークリーナー(洗浄剤)

エアコンフィルターの目の奥まで付いたホコリや汚れを落とすクリーナーです。スプレーすると泡が出て汚れを浮かせて落としてくれます。フィルターをゴシゴシこする必要がないのでフィルターをいためる心配がありません。

4.ドレンホースクリーナー

BBK ドレンホースクリーナ サクションポンプ SF-300
BBK ドレンホースクリーナ サクションポンプ SF-300
  • 文化貿易工業
  • 価格 ¥3,804 (2018/2/22 18:18時点)
Amazonで詳細を見る

ドレンホースというエアコンの不用な水分を外に排出するホースの事で、このドレインホースと言います。注射器のように レバーを引いてドレンホースを外すと、ドレンホースより溜まった水や汚れが出てきます。

エアコン内部まできれいに!自分でできるエアコン掃除の方法

エアコン内部まできれいに!自分でできるエアコン掃除の方法

エアコンクリーナーが無事購入できたら、エアコンを掃除する方法を紹介します。エアコンクリーナーの臭いがキツイ場合もあるので窓を開けて換気しながら掃除しましょう。

エアコンを掃除する前に、エアコンの養生を行います。エアコンの養生は、「養生シート」と言うものが販売していますので購入すれば簡単にできます。

壁掛用 エアコン洗浄カバー KB-8016
壁掛用 エアコン洗浄カバー KB-8016Posted with Amakuri at 2018.5.14
  • コーイング株式会社
  • 価格 ¥1,670 (2018/5/14 10:10時点)
Amazonで詳細を見る

今回はご家庭にあるゴミ袋を使って養生する方法を紹介します。この作業を丁寧にしておけば、エアコン掃除で部屋を汚すこともありません。

ゴミ袋で養生する方法

用意するもの
  • 大きなゴミ袋(45L程度)
  • ブルーシート
  • 新聞紙
  • ガムテープ
  • ラップ
  • バケツ
  • 脚立
  • ドライバー

手順1. エアコンの電現を切る

エアコンのコンセントを抜く。コンセントがなければブレーカーを落とす。安全のためにも、必ず行う。

手順2. エアコンのパーツを外します。

エアコンの一番上のカバーを90度くらいまで開け、片方ずつ順番に外す。次にフィルターを外し、風向きを調整するルーバーは、湾曲させながら優しく外す。最後にエアコンの下側にあるネジを外し、カバーを取ります。商品によって多少の違いがありますので、わからない場合は取扱い説明書を確認しましょう。

手順3.エアコンの周囲を養生する

エアコンの周囲に汚れ、が飛び散ることもあるので養生する。床の部分にはブルーシートとペットシートや新聞紙を置いておくと安心です。エアコンの周りの壁もマスカーテープやガムテープを使って覆っておく。

手順4. 電装部分を養生する

この部分にエアコンクリーナーがかかると、エアコンが故障することもあります。ラップで何重にも巻き、しっかり保護する。

手順5. 掃除の時に出てくる汚れた水を流す通路を作る

エアコン掃除をすると、汚水が出るためビニール袋でその水を集め、バケツに流れるように養生する。まずはゴミ袋のサイドをハサミで切る。片方のみで大丈夫です。ゴミ袋の口だった部分をエアコンの下側にテープで固定する。壁よりの部分に固定すると、周囲が汚れにくくなる。汚れた水をバケツに流すために、底の部分をカットして穴を開けます。バランスが取れるようにテープで補強する。

これでエアコンの養生は完了です。けっこう大変な作業ですがここで手を抜くとエアコン掃除より大変な事になります…頑張りましょう!続いてエアコンの掃除についてです。以下の3つを分けて説明していきます。

  • フィンクリーナーを使った掃除の方法
  • ファンクリーナーを使った掃除の方法
  • ルーバーやフィルターの掃除方法

フィンクリーナーを使った掃除の方法

用意するもの
  • フィンクリーナー
  • ゴム手袋(作業中はつけておきましょう)
  • 掃除機
  • 古歯ブラシや綿棒

手順1. ホコリを掃除機で取る

フィンの部分についたホコリを、掃除機の付属部品にあるブラシを使い吸い取る。フィンは簡単に折れたり曲がったりしてしまうので、慎重に行う。

手順2.掃除機で取れなかった汚れを取る

古歯ブラシや綿棒で細かい部分のホコリや汚れを取る。

手順3.フィンクリーナーを使って掃除する

フィンの全体にクリーナーが行き届くようにスプレーする。決められた量を使い切りましょう。

手順4. 決められた時間放置

これでフィンの掃除は完了。

ファンクリーナーを使った掃除方法

用意するもの
  • ファンクリーナー
  • ゴム手袋(作業中はつけておきましょう)
  • 畜圧式噴霧器
  • 割りばし

手順1.ファンクリーナーをスプレーする

エアコンの吹き出し口からファンクリーナーをスプレーし、時々ファンを回転させて、全体にクリーナーが行き届くようにスプレーする。ファンを回転させる際に、割りばしを使うと回転させやすいですよ。

手順2. 決められた時間放置

時々ファンを回転させると効果的です。

手順3.付属のリンス剤をスプレーする

吹き出し口からまんべんなくスプレーし、洗剤を流します。このすすぎの作業をしっかりしておかないと、エアコンが故障してしまうことがあります。リンス剤を使い終わった後に畜圧式噴霧器に水を入れて、ファンの部分をしっかりすすぐ。一緒にフィンの部分もすすぐ。

手順4.乾燥させる

最低でも1~2時間程度は乾燥させましょう。

手順5. 送風運転する

エアコンの吹き出し口にタオルをあて、送風運転をします。洗浄液が出てこなければ完了。

これでエアコンのファンの部分の掃除も終了です。乾燥させている間に、取り外したルーバーやフィルターも掃除しておきましょう。

ルーバーやフィルターの掃除方法

ルーバーやフィルターの掃除方法
用意するもの
  • 中性洗剤
  • タオルや雑巾
  • 掃除機
  • ブラシ

手順1. ルーバーを掃除する

タオルや雑巾に中性洗剤を薄めてつけ、ルーバーを拭く。仕上げに水拭きをする。

手順2. フィルターを掃除する

フィルターの表側から掃除機をかけてホコリを取る。浴室でフィルターの裏側からシャワーをあて、水洗いをする。汚れがひどい時には中性洗剤とブラシを使ってキレイにする。

手順3. 元に戻す

エアコン本体と部品が乾燥したら、エアコンをもとのように組み立てて完了。

エアコンのフィルター室外機の掃除方法は、下の記事で詳しく紹介しています。参考にしてみて下さい。

エアコンかけても部屋が暑い!フィルター掃除の方法が原因かも!?
あわせて読みたい
エアコンかけても部屋が暑い!フィルター掃除の方法が原因かも!?
リンク(新しいタブで開きます)
エアコンをお得に使うなら、室外機のお手入れも重要!節電の工夫4選
あわせて読みたい
エアコンをお得に使うなら、室外機のお手入れも重要!節電の工夫4選
リンク(新しいタブで開きます)

エアコンクリーナーの2つの注意点を知っておこう!

エアコンクリーナーの2つの注意点を知っておこう!

自分でエアコンを掃除できる便利なエアコンクリーナーですが、間違った使い方をすればエアコンが故障することもあるのです。掃除の前に押さえるべき、
ポイント2つ紹介します。

1.電装部分に洗剤をかけない

エアコンの電装部分はしっかり保護して掃除をしましょう。洗剤がかかるとエアコンが故障することも。洗剤だけでなく水分もかからないようにする必要があります。

2.エアコンから水漏れすることも

エアコン内部の汚れやホコリがひどい時にエアコンクリーナーで掃除すると汚れやホコリの塊が詰まってしまうリスクがあります。するとエアコンの結露による水分を排出できなくなり、水漏れしてしまうのです。畜圧噴霧器などを活用し、多くの水で汚れを流していけば水漏れを予防できるでしょう。

エアコンクリーナーとエアコン洗浄スプレーについて、詳しく紹介している記事です。

エアコンクリーナーには種類があった!知らないと臭いの元は取れない
あわせて読みたい
エアコンクリーナーには種類があった!知らないと臭いの元は取れない
リンク(新しいタブで開きます)
エアコン洗浄スプレーで内部の汚れは☓?スプレーにも種類があった話
あわせて読みたい
エアコン洗浄スプレーで内部の汚れは☓?スプレーにも種類があった話
リンク(新しいタブで開きます)

もうカビを生やさない!効果的なエアコンの4つの使い方

もうカビを生やさない!効果的なエアコンの4つの使い方

カビ臭い風がでているエアコンも、自分で掃除をしてキレイにできます。しかしカビが生えて掃除するのは面倒ですよね。できればカビが生えないようにしたい!そんな方にカビを予防するエアコンの使い方対策4つ紹介します。

1.エアコンを使った後には送風運転を

エアコンを使った後には内部に結露が発生し、カビが発生する要因となります。この結露を蒸発させるために、エアコンを使った後には20~30分程度送風運転にしておきましょう。

2.内部クリーン、内部乾燥運転などの機能を活用しよう

エアコンによってはカビを予防するための内部クリーンや内部乾燥運転機能が搭載されているものがあります。月に1~2回機能させるだけでも十分です。ご自宅のエアコンを確認してみましょう。

3.部屋の湿度を下げる

カビを予防するためには、部屋の湿度を下げるのも大切です。窓を開けたり換気扇を使ったりして、部屋に湿気がこもらないようにしましょう。

4.専門の業者に掃除を依頼する

専門の業者にエアコン内部までキレイにしてもらうのも、カビ予防に効果的です。1~2年に1回程度依頼するとよいでしょう。

エアコンのカビについて紹介している記事です。

エアコンの臭いはカビが原因!?10分でできる掃除法をご紹介します!
あわせて読みたい
エアコンの臭いはカビが原因!?10分でできる掃除法をご紹介します!
リンク(新しいタブで開きます)

気になるエアコンクリーニングの費用は?

気になるエアコンクリーニングの費用は?

自分でエアコン掃除をする方法注意点などを紹介してきましたが、忙しくて自分でする「余裕がない!」という方もいるのではないでしょうか。自分で掃除して故障するのも怖いので、できれば専門の業者にお願いしたいという方もいるでしょう。

専門の業者にエアコンクリーニングを依頼すると、専門の道具や洗剤を使い分解洗浄を、エアコンの奥まで掃除してくれます。市販のエアコンクリーナーではどうしても掃除しきれない部分が出てくるので、時には専門の業者に高圧洗浄機で掃除を依頼するのもオススメです。費用としては、一般的なエアコンであれば7,000円~15,000円程度です。フィルター自動お掃除機能がついているエアコンは、費用がもう少し高くなると考えておいたほうがよいでしょう。

クリーニング業者を選ぶ時には、費用が高すぎたり安すぎたりする業者を選ばないようにしましょう。クリーニング業者の一括見積をしてくれるサイトもあるので、業者ごとの費用を比べて相場を確認したい時におすすめです。

さらに、クリーニング業者が賠償責任保険に加入しているか確認しましょう。
万が一、エアコンが故障した場合の補償などは要チェックです。

またクリーニング業者によって掃除する部分が異なる場合もあるため、エアコン内部のファンやドレンパンまで掃除しているかどうかも確認しておきます。もちろん電話やメールの対応がきちんとしているかどうかも、選ぶポイントのひとつです。

【実録】エアコンクリーニングをプロに頼んだらカビ臭さがなくなった!
あわせて読みたい
【実録】エアコンクリーニングをプロに頼んだらカビ臭さがなくなった!
リンク(新しいタブで開きます)

まとめ

エアコン掃除はエアコンクリーナーを使えば自分でもできるんです。養生さえしっかりしておけば、思ったより簡単に掃除できますよ。自分でやればいつでも掃除できますし、他人を家に入れる必要もありません。

しかし、掃除のやり方を間違えればエアコンが故障するリスクもあります。注意点を守って掃除するようにしましょうね。不安な方や面倒な方は最初からプロに依頼するのもひとつの選択です。

エアコンクリーニングの専門業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で、業者に質問でき、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

その他のカテゴリー記事を見る

pvms