更新日:2017/03/31
引越しの挨拶まわりってどうしたらいいの?

引越しの挨拶まわりってどうしたらいいの?

引越しの挨拶まわりってどうしたらいいの?

引越しの挨拶まわりはケースバイケースで

人間関係の基本があいさつなので、引越しの挨拶まわりはした方が良いでしょう。 しかし、これもケースバイケースで、単身世帯の引越しの場合だと、引越しの挨拶まわりはしないのが、近年では当たり前のようになっています。女性の一人暮らしの場合には、「女性の一人暮らし」を宣伝して歩くようなものなので行わない方が多いようです。ストーカー被害のリスクなどを考えると、引越しの挨拶まわりはしない方が無難かもしれません。

このように、引越しの挨拶まわりはした方が良いものの、ケースバイケースで考えた方が良さそうです。

引越しの挨拶まわりの範囲

引越しの挨拶まわりは、旧居と新居で行います。 旧居では、親しいおつきあいをしていたお宅と両隣、及び一軒家の場合は向かいのお宅に「お世話になりました。」と「引越しで迷惑かけます、すみません。」の気持ちを込めて行います。

新居の方は、マンション、アパートなら、上下左右のお宅、一軒家なら、向こう三軒両隣をめどに、「引越し中はご迷惑をおかけしました。これからお世話になります、よろしくお願いします。」の気持ちを込めて挨拶まわりします。

また、近所に大家さんが住んでいれば、大家さんに伺って、良ければ一緒に挨拶まわりしてもらうとスムーズです。

引越しの挨拶まわりにはちょっとした手土産を

自治会に入るのであれば、自治会長のお宅も挨拶まわりした方が良いでしょう。

引越しの挨拶まわりする時は、ちょっとした手土産を持って行った方が良いでしょう。500~1,000円位の物でかまわないので、何か、お菓子やタオル、洗剤などの手土産を持って行った方が、印象が良くなると思います。のし紙の表書きは、旧居の方は、「御礼」、「粗品」と名前を、新居の方は、「御挨拶」と名前をそれぞれ書きます。

くれぐれも気持ちなので、もらった相手が気を使ってしまうとか困ってしまう程度の物は控えましょう。

最後に【 引越しは大変です 】

引越しは、旧居から荷物まとめをし、荷物を運び出し、新居へ荷物を運び入れ、片づけるという大変な作業です。その上、ご近所への挨拶まわりなども加わります。肉体的にも精神的にも、少しでもラクにしたいのであれば、頼りになる引越し業者を選ぶことが不可欠でしょう。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

格安引越しを検討するなら

一度プロの格安引越しをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください