更新日:2017/01/01

冷蔵庫の引越し準備ってどうしたらいいの?

電源を切って水抜きをしましょう

冷蔵庫の中身を空にしたら次は水抜きです。製氷機能のある冷蔵庫では、まず製氷機能を停止します。これは引越しの2日前までには行ってください。引越しの前日には製氷皿の氷を全て捨てます。冷蔵庫内の冷却器や内部構造部品が冷えていると霜が付着していることがあり、後から溶けてこぼれてくる可能性があります。電源プラグを抜いてから、内部の霜が溶けるまで15~16時間かかります。次項目で説明する水抜きの作業は、電源を切ってから16時間以上あとに実施すると良いでしょう。

水抜き・霜取りが済んでいるか、庫内に食品が残っていないかを確認したら、あとは引越し業者にお任せしましょう。重さのある冷蔵庫は、後から動かすことが難しいため、引越し業者に搬入してもらう際は、あいまいな指示ではなく、明確な設置場所を指定するようにしましょう。設置する際は、直射日光が当たる場所や、風通しの悪い場所、ガス・オーブンレンジの付近は、冷えが悪くなったり、電気代が予想以上にかかったりする場合があるので、なるべく避けることをおすすめします。

最後に【新居に運び入れてからの注意】

冷蔵庫の内部には、冷却のためのオイルやガスが入っています。このオイルやガスは、冷蔵庫を動かした直後にはまだ安定していませんから、冷蔵庫を据え付けてから1時間ほどしてから電源を入れるようにします。また冷蔵庫は冷えるのに、電源を入れてから2~3時間はかかります。冷蔵庫の電源を入れてすぐに食べ物を入れないよう注意しましょう。

は、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

格安引越しを検討するなら

一度プロの格安引越しをお願いしてみませんか?

すまいのほっとラインでは、口コミ内容やサービス内容、料金から
業者を簡単に探せるうえ、不明な点も直接やり取りすることができます。

  • 24時間オンライン予約できる
  • 予約前の個人情報は必要なし
  • しつこい営業電話の心配なし
  • 不明点は店舗に直接メッセージできる
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください