高層マンションに住んでいます。電化製品が入らないので、クレーン車などで入れられますか?

駅前のタワーマンションや、お洒落な高層マンションに憧れる人は少なくありません。念願の高層マンションへ引越しが決まり、新生活に期待を膨らませる場面も想像できます。しかしお気に入りの電化製品を揃えて運び込む段階で、サイズ的に階段や扉を通らないことが判明したら不安になりますよね。そうなったら途方に暮れてしまうでしょう。通常の方法では入らない電化製品を、クレーン車で高層階へ入れても大丈夫でしょうか?今回はその可能性と、注意点について紹介します。。

高層マンションに住んでいます。電化製品が入らないので、クレーン車などで入れられますか?

引越しの時は階段や扉のサイズに注意!

引っ越す前の下見で、新しい部屋の寸法を測ってから電化製品を購入することは多くあります。部屋の大きさ的にはぴったりでも、忘れがちなのが運び込む時のルートです。途中の階段や扉のサイズを考慮しないと、せっかく買った電化製品が通らないこともあります。ぜひ事前に計っておきましょう。

特に階段では、電化製品をナナメにして運ぶ場面が想定されます。縦幅と横幅には余裕があっても、ナナメにすると角が引っかかって進めなくなるかもしれません。高層マンションでこのような状況になったら、クレーン車を使って入れるのは可能でしょうか?

クレーン車で電化製品を運ぶのは可能?

クレーン車の種類には小型の「手吊り式」と、大型の「アーム式」があります。高層マンションへ電化製品を運ぶのは通常、アーム式の大型クレーン車です。階段や扉から入らない冷蔵庫などをクレーン車で吊るし、マンションの高層階へ運ぶことは可能です。

クレーン車で電化製品を高層マンションの部屋へ入れるためには、ベランダや窓といった搬入スペースが十分に取られていることが必要です。その他に注意する点はあるでしょうか?

クレーン車を依頼する時の注意点

高層マンションへ電化製品を運び込む時、無条件にクレーン車を使えるわけではありません。まずはマンション近辺の道路に、クレーン車の通れる幅が確保されていることです。特に電化製品の吊り下げ作業をするスペースが狭い道だったりすると、使用許可が下りない可能性もあります。

作業スペースは十分に取られていても、近所との兼ね合いでクレーン車による吊り下げが行えないケースも考えられます。トラブルを避けるため、事前にマンションの管理会社へ確認すると良いでしょう。

最後に【業者選びのポイントは?】

クレーン車を使った引越しを考える際は、通常の荷物とクレーン車でしか運べない荷物を同時に扱える業者へ依頼するのがおすすめです。高層マンションへ電化製品を入れる作業に慣れているか、万が一壊れた時の保険が付いているかもポイントです。

またクレーン車を使える場所かの判断を含めて、新居の下見をしてくれる所ならより安心。サービスや口コミの比較サイトなども、判断材料にすることをおすすめします。

ほっとラインでは、料金やサービス内容、口コミで業者を比較してから予約することができますので、ご自分にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms