防草シートとは?防草シートの失敗しない選び方から施工方法までまとめて紹介

更新日:
防草シートとは?防草シートの失敗しない選び方から施工方法までまとめて紹介

防草シートとは?雑草が生えなくなる?

防草シートとは?雑草が生えなくなる?
防草シートとは?雑草が生えなくなる?

防草シートの役割

防草シートとは雑草が生えるのを防ぎ、草刈りしなくてもいいようにという目的で作られたシートです。遮光性と透水性を持ったシートで、敷くことで日光が雑草に届かなくなり成長を妨げられます。

さまざまな種類があり値段の安さだけでとびつくと「結局雑草が生えてきてしまった…」という話も少なくありません。費用をかけて施工するので、なるべく無駄にならないように慎重に商品を選びましょう。

防草シートの耐用年数

防草シートを一度購入すれば、ずっと使えるのではないので耐用年数に応じて交換が必要です。一般的な防草シートであれば耐用年数は4年~5年ほどです。

ニードルパンチ加工がされているものなら8年以上も持ちます。ものによっては13年~15年以上も持つというものもあります。防草シートを使っている環境や、敷き方で寿命は短くなる事もあります。

防草シートを選ぶ時の4つのポイント

防草シートを選ぶ時の4つのポイント
防草シートを選ぶ時の4つのポイント

防草シートは価格だけではなく、強度や色も考えて選ぶ必要があります。たくさんの種類がある防草シートを選ぶ4つのポイントを紹介します。

用途から選ぶ

  • 防草シートをむき出しのまま使用する
  • 防草シートを砂利の下に使用する
  • 防草シートを植栽して使用する

人目に触れない場所に防草シートを敷く場合や「人から見えても全然気にしない」という人はむき出しのまま使用することを前提に商品を選びましょう。紫外線対策や耐久性に優れているものが理想的です。

庭に防草シートが「むき出しはちょっと嫌だ…」という人は、上に砂利を乗せる方法もあります。この場合は紫外線や耐久性に強いシートを選ぶ必要はありません。

美しい外観にもこだわりたい人や、お店のオーナーの場合は植栽と防草シートで雑草対策もできます。ここまで求めるならプロの技が必要になってきます。業者に依頼することを検討しましょう。

使う場所の環境から選ぶ

  • 防草シートに日が当たらない場所
  • 防草シートに風が強く当たる場所
  • 防草シートの上を人が歩く場所
  • 防草シートの上を車が通る場所
  • 防草シートを空地で使用する

雑草対策したい場所の環境によっても選ぶ防草シートの種類は変わります。どこまでの強度や耐用年数のあるシートを選ぶのか決める目安になります。

生えている雑草の種類から選ぶ

  • スギナやイネ科などの強害雑草が生えてる
  • 背丈の低い、葉の形が丸い雑草が生えてる
  • ツル性の雑草が生えてる
  • 笹や竹が生えてる

生える雑草の種類によって防草シートの強度を決められます。どんな雑草が生えているかを確認してみましょう。

透水性から選ぶ

一般的な防草シートは水を透します。それによってどうしても防草シートの下で草が生えてしまうことがあります。市販の防草シートを自分で施工する場合は不透水を選ぶのは難しいと思いますが、専門業者に依頼するなら一度相談してみてもいいかもしれません。

防草シートの色や種類の特徴

防草シートの色や種類の特徴
防草シートの色や種類の特徴

スタンダードな黒色(ブラック)

どこのメーカーでも扱っている一番ポピュラーともいえる種類の防草シートです。黒のメリットはこれ!という大きなもはありませんが耐久性、軽量、価格もさまざまな種類が販売されていて幅広く選べるのが利点です。

むき出したまま使うなら緑色(グリーン)

景観を暗くしないので、むき出したまま使用したい人にオススメです。シート上に砂利を敷くのが面倒なら緑を選んでおくと無難です。万が一下から雑草が生えてしまっても、見た目にわかりにくいのもメリットです。黒に比べると商品の種類は少ないですが、最近はインターネットでも購入できます。

砂利の下に敷くなら茶色(ブラウン)

黒や緑の次に使用されていることが多いカラーです。地面に近い色で砂利下でも重宝されています。砂利がずれてたとしても、下が茶色であれば見た目も悪くならないのでオススメです。庭にこだわりたいご家庭でも人気です。

あまりみかけない白色(ホワイト)

一般家庭では見ることがない色の防草シートですが、農業などの現場で使用されています。太陽の光を利用することで下からも作物に光を当てられます。最近では農業だけでなく、太陽光発電の反射のために利用されることもあります。使用方法は限られていますが、使い方によっては大活躍な防草シートです。

自分で防草シートを施工する手順

自分で防草シートを施工する手順
自分で防草シートを施工する手順

雑草対策の中でも手軽といわれている防草シートですが、施工方法も難しくありません。防草シートを施工するための便利なグッズも合わせて紹介します。

準備物

  • 三角ホー
  • 防草シート
  • Uピン

手順

1

雑草を全て取る

まずは雑草の処理から始まります。強害雑草は特に雑草処理をきちんとしなくてはなりません。手間を減らしたい場合は雑草の少ない冬場にやるといいでしょう。

2

地面を三角ホーで平らにする

地面が平でなくては光や種子が侵入してしまいます。ここは少し面倒でも丁寧に平らにならしておきましょう。腰に負担がかかりにくい三角ホーなどを使うと作業がしやすいです。

3

防草シートを隙間なく敷いて補修テープでとめる

隙間がないように防草シートを敷く。シートの繋ぎ目は最低10cmは重なるようにする。重ねた箇所は補修テープでとめる。隙間から雑草が生えるのを防止し、防草シートもずれにくくなるので一石二鳥です。

4

Uピンを使って防草シートを固定する

防草シートを固定するUピンでしっかり固定して完了。

おすすめ

耐用年数を伸ばすには砂利がオススメ

耐用年数を伸ばすには砂利がオススメ
耐用年数を伸ばすには砂利がオススメ

できるだけ防草シートの耐用年数を伸ばしたいという叶えてくれるのが「防草シート+砂利」を使った施工方法です。この組み合わせで防草シートを使うと劣化を防げて、見た目もおしゃれになるのでオススメです。

砂利は3cm~5cmほどの大きさのものを選び、敷く際の厚さも3cm~5cmほどの厚さにしましょう。

砂利はたくさん準備しておいた方がいいでしょう。1平米あたり砂利は60kg~80kg必要になることもあります。防草シートを敷く場所の大きさを把握し、砂利もそれにあった量を購入しておきましょう。

防草シートを施工するなら業者に依頼しよう

今回は防草シートの色の種類や、失敗しない選び方を紹介しました。防草シートは適切なものを選べば、雑草対策の効果が期待できます。雑草対策したい場所、雑草の種類、使い方によって防草シートの種類を選びましょう。

毎日の仕事や家事、育児の合間をぬって庭を整備するのは余程好きでない限りしんどいです。高齢の方や、持病をお持ちの方にとっても大きな負担がかかります。そんな時は業者に防草シートの施工を依頼しましょう。

使用する防草シートの種類をプロならではの知識と豊富な経験から提案してもらえます。施工も丁寧にしてくれるので、見た目もとてもキレイです。

防草シート施工業者を探す時は、すまいのホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

防草シート施工ならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った防草シート施工の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットライン

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?