防草シート施工

防草シート施工

防草シート施工業者のおすすめを表示しています。料金や口コミで比較して、あなたにぴったりな評判の良いプロを探しましょう。

防草シート施工について

防草シート施工を料金や口コミで比較して、評判の良いプロの業者を今すぐ予約できます。「夏の草むしりは熱くて苦手…」「草むしりで腰が痛くなる…」そんなときはプロに防草シート施工をお任せしましょう!

防草シート施工の料金相場

5平米 3,000円~10,000円
  • 理由1

    簡単予約&何でも頼める

    お困りごとを何でも頼めます。「予約したい店舗」を選ぶだけで簡単に予約できます。日程もご希望に合わせられます!

  • 理由2

    とにかく安い!ネット最安価格~

    地元の小さな店舗が多いので、料金も安く抑えられます。料金表を確認できるので見積不要!予約前に確認できて安心です。

  • 理由3

    口コミで人を選べる

    利用した人の口コミや、スタッフ写真を予約前に確認できて安心!トラブルを未然に防ぐ出店者パトロールも実施。

累計評価
4.88

防草シート施工を利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

累計評価

4.88

防草シート施工を利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

防草シート施工を利用した人の口コミ

  • 匿名さん

    匿名さん

    防草シート施工

    5.0
    こんな危険な猛暑の中作業ありがとうございました。 もう草の手入れが自分では出来ない状態で悩んでいましたのでスッキリしました。 今回2回目ですが、前回初めての利用でとても良かったので是非お願いしようと思いました。 とても誠実丁寧な対応で、毎回こちらの要望を聞き入れていただき助かっています。 今後も何かあればお願いしますのでどうぞ宜しくお願い致します。
  • nwcさん

    nwcさん

    防草シート施工

    5.0
    前回の草むしり作業に続き、今回は防草シートの施工を依頼しました。大変丁寧に作業していただいて、ありがとうございました。また機会があればお願いしたいと思います。
  • すわこさん

    すわこさん

    防草シート施工

    5.0
    畑の外周部分に防草シートを施工していただきました。正確で迅速な作業、そして説明、助言も丁寧で口コミ通りの方でした。機会があればまたお願いしたいと思います。
  • じぇるさん

    じぇるさん

    防草シート施工

    5.0
    前回は除草を依頼して、今回は防草シートの施工をお願いしました。 説明も作業もすごく丁寧で、細かいところまで綺麗に施工していただきました。

防草シート施工のよくある質問

防草シート施工とは

防草シート施工をプロに依頼することができます。防草シートを施工するとで光を遮断できるため、雑草の光合成を抑え最終的に雑草を絶やしていきます。防草シートはホームセンターなどでも販売されており、DIYでも張ることができますが、せっかく苦労して張っても2年後には雑草がなんて経験ありませんか?ペットや小さなお子様がいらっしゃるご家庭では除草剤の使用も少し不安なもの。防草シートは実は張る前の基礎の部分が一番重要なのです。プロに防草シート施工を依頼すれば長年の雑草の悩みから解放されますよ!

防草シート施工をプロに依頼するメリット

防草シートをプロに依頼すれば、毎年しつこい雑草の悩みから解放されます。炎天下の中、長時間かがんだ状態での草むしりは本当に大変ですよね。終わったあとは毎回腰痛の悩みが…。かといって除草剤はペットや小さな子どもがいるので不安という方に防草シートはぴったりです。自分で敷き詰めるとなるとお金も労力もかなりかかり、準備している間にまた新たな雑草が生えてしまったなんてこともありますが、プロに頼めばスピーディーかつきれいに施工してもらえるので安心です。

防草シート施工を予約する際のポイント

防草シートを施工する面積に応じて金額が変わります。平米数をあらかじめ測ってから予約しましょう。施工する防草シートはお客様ご自身でご準備いただきます。施工面積ぴったりではなく、それぞれ10㎝ほど重ねて施工するのでその分も計算した上でご用意ください。オプションで除草剤散布も選択できます。希望の方は併せてご予約ください。

防草シート施工に関する記事

都道府県から防草シート施工業者を探す
防草シート施工業者の選び方と比較するポイント

庭は素敵ですが、芝生の雑草との戦いでもあります。1本ずつ手で抜くのはあまりに重労働で大変です。庭や駐車場に生えてくる雑草の草むしりから開放してくれるのが防草シートです。防草シートとは雑草が生えるのを防ぎ、草刈りしなくてもいいようにという目的で作られたシートです。遮光性と透水性を持ったシートで、敷くことで日光が雑草に届かなくなり成長を妨げられます。

面倒な雑草処理を簡単にできる除草剤もあります。除草剤は種類によって使い方が違うため、雑草の状態や使う場所に合った除草剤を選ばないと効果がありません。

芝生に生える7種類の雑草の特徴

芝生に生えてくる雑草は見分けがつきにくいです。雑草の特徴を知っていれば、今後の芝生の手入れに役立てられます。芝生に生える代表的な雑草の種類と特徴を紹介します。

スズメノカタビラ(イネ科)の特徴

スズメノカタビラは1年中見られる代表的な雑草です。芝刈りをしても衰退せず、その下で穂をつけて繁殖する特徴があり抜きやすい特徴もあります。同じイネ科の雑草にヒメシバという広線形で柔らかい葉が特徴の雑草、オヒシバという株元付近が白い雑草もあります。

カタバミ(カタバミ科)の特徴

カタバミは春から夏に花をつけて、地下茎で繁殖するハート型の雑草です。とても抜きにくい性質があります。

コニシキソウ(トウダイグサ科)の特徴

コニシキソウは春から夏にかけて生えてくる雑草で、茎が紫色で地面に這うような形で生えています。

チドメグサ(セリ科)の特徴

チドメグサは春から秋に生えてくる雑草です。全体が緑色で湿ったところを好み、芝生の隙間をはうように生えています。引き抜こうとすると、すぐにちぎれるので簡単には除草できません。

ツメクサ(ナデシコ科)の特徴

ツメクサはその名前の通り爪に似た形で、春から夏によく見られます。こちらも簡単に引き抜くいのが特徴です。

スギナ(トクサ科)の特徴

スギナは一番厄介とも言われる雑草で、名前の通り杉の葉に似た雑草で葉っぱを引っ張るとすぐにちぎれてしまいます。芝生と似ていることもあり、知らぬ間に芝生の隙間に生えて気づいたときには一面に広がっていることもあります。

その他(蒲公英、薺、仏の座、シロツメ草)の特徴

その他の雑草の種類は「タンポポ」「ナズナ」「ホトケノザ」などがあります。「シロツメクサ」は一般に(クローバー)として名前が知られています。そういった草も芝生にとっては天敵となる雑草になります。

塩で雑草対策できるがやめておいた方がいい理由

塩で雑草を除草することはあまりオススメしませんが「なぜ雑草枯れるのか?」疑問に思いませんか?塩をまくことによって土の塩分濃度が上がります。土の中の塩分濃度が上がると、雑草の根元から水分を奪います。植物や雑草は水分がなくては成長できないので、雑草はどんどん元気をなくし枯れてしまいます。簡単に例えると、ナメクジに塩をかけると溶けてしまうという原理と同じです。塩で雑草を除草しない方がいい理由は3つあります。

新しく植物が生えなくなる

塩をまくと土の中で、塩が分解されずに蓄積します。新しい植物を植えても塩が邪魔して植物が成長しません。雑草だけ除草できたらいいのですが、育てている植物まで枯れてしまいます。

塩が溶けて周辺へ流失する

塩は分解されないというのを紹介しましたが、そのまま分解されずに雨などで流れ出てしまうことがあります。流れ出てしまうと近くの畑や地下水、河川などに深刻な影響を及ぼしてしまうことがあります。

住宅基礎や配管に影響がある

庭にまいた塩が雨などで流されて、家の鉄筋コンクリートを弱らせます。塩は酸化させる効果があるので、コンクリートを浸食し住居自体に影響を及ぼす可能性もあります。塩害対策していない家の基礎がボロボロになることもあります。また、上下の水道配管、電話線などにも影響することがあります。

防草シートの色や種類の特徴

スタンダードな黒色(ブラック)

どこのメーカーでも扱っている一番ポピュラーともいえる種類の防草シートです。黒のメリットはこれ!という大きなもはありませんが耐久性、軽量、価格もさまざまな種類が販売されていて幅広く選べるのが利点です。

むき出したまま使うなら緑色(グリーン)

景観を暗くしないので、むき出したまま使用したい人にオススメです。シート上に砂利を敷くのが面倒なら緑を選んでおくと無難です。万が一下から雑草が生えてしまっても、見た目にわかりにくいのもメリットです。黒に比べると商品の種類は少ないですが、最近はインターネットでも購入できます。

砂利の下に敷くなら茶色(ブラウン)

黒や緑の次に使用されていることが多いカラーです。地面に近い色で砂利下でも重宝されています。砂利がずれてたとしても、下が茶色であれば見た目も悪くならないのでオススメです。庭にこだわりたいご家庭でも人気です。

あまりみかけない白色(ホワイト)

一般家庭では見ることがない色の防草シートですが、農業などの現場で使用されています。太陽の光を利用することで下からも作物に光を当てられます。最近では農業だけでなく、太陽光発電の反射のために利用されることもあります。使用方法は限られていますが、使い方によっては大活躍な防草シートです。

自分で防草シートを施工する手順

【道具】

・三角ホー

・防草シート

・Uピン

1.雑草を全て取る
まずは雑草の処理から始まります。強害雑草は特に雑草処理をきちんとしなくてはなりません。手間を減らしたい場合は雑草の少ない冬場にやるといいでしょう。
2.地面を三角ホーで平らにする
地面が平でなくては光や種子が侵入してしまいます。ここは少し面倒でも丁寧に平らにならしておきましょう。腰に負担がかかりにくい三角ホーなどを使うと作業がしやすいです。
3.防草シートを隙間なく敷いて補修テープでとめる
隙間がないように防草シートを敷く。シートの繋ぎ目は最低10cmは重なるようにする。重ねた箇所は補修テープでとめる。隙間から雑草が生えるのを防止し、防草シートもずれにくくなるので一石二鳥です。
4.Uピンを使って防草シートを固定する
防草シートを固定するUピンでしっかり固定して完了。

すまいのホットラインは、地域に密着した専門業者のサービスを、簡単に一括比較・予約できるサイトです。このページでは防草シート施工に対応している業者を一覧で表示しています。防草シート施工業者を、口コミ評価の高い順や施工費用・料金の安い順などで検索が可能です。予約時の参考として、防草シート施工をプロに依頼する際の料金相場、注意点などのお役立ち情報も紹介しています。すまいのホットラインでは、防草シート施工をはじめ、様々な出張訪問サービスをご利用いただけます。