庭木の剪定

庭木の剪定のサービスが301件見つかりました。2023年1月現在、庭木の剪定業者を、料金や口コミのランキングで比較して即日予約できます。

庭木の剪定について

庭木の剪定のサービスを、365日年中無休で受け付けしています。2023年1月現在、301件の庭木の剪定サービスがあります。

「自分で剪定すると不揃いに…」「高所作業が不安…」そんなときはプロに庭木の剪定(手作業)をお任せしましょう!

庭木の剪定の相場

低木(高さ 3m未満) 2,800円~5,000円
中木(高さ 3~5m) 6,000円~10,000円
高木(高さ 5m以上) 15,000円~25,000円

庭木の剪定サービス 1~50件(301件中)

累計評価

4.90

庭木の剪定を利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

庭木の剪定を利用した人の口コミ

庭木の剪定について

庭木の剪定とは

庭木の手入れや植木の剪定、背丈の調整をプロが行ってくれるサービスです。庭木が育ちすぎて日光を遮ったり、美観を損ねていませんか?山や、野原であれば、自然のあるがままの姿で育つことはよいことかもしれませんが、人が住む空間にある木々はそうも言ってられません。庭木に手を入れることで、樹形を保ち、生育を促します。庭に植えた松や梅、ツツジや桜といった植木は、伸びてしまうと見栄えも悪く、道路に飛び出て通行の妨げになってしまうこともあります。庭木や植え込みは人目につきやすいのに、自分でやると不揃いになったり不恰好になりがちです。剪定、枝打ち、雑草刈りからゴミの回収まで、プロにお任せ下さい。

庭木の剪定を予約する際のポイント

庭木の剪定は、高さと本数によって料金が決まります。松の剪定の場合には、追加料金が発生する場合があるので、事前に伝えておきましょう。また、消毒やゴミ回収、芝刈りを依頼する場合も追加料金が発生することがあるので、事前に伝えて料金を確認しておきましょう。 理想の庭のイメージを伝えておくことも重要です。お手入れを楽な庭にしたいのか、見栄えが良い庭にしたいのかなど、できるだけ具体的に伝えましょう。

庭木の剪定をプロに依頼するメリット

庭木の剪定は、高さと本数によって料金が決まります。松の剪定の場合には、追加料金が発生する場合があるので、事前に伝えておきましょう。また、消毒やゴミ回収、芝刈りを依頼する場合も追加料金が発生することがあるので、事前に伝えて料金を確認しておきましょう。 理想の庭のイメージを伝えておくことも重要です。お手入れを楽な庭にしたいのか、見栄えが良い庭にしたいのかなど、できるだけ具体的に伝えましょう。

庭木の剪定に関する記事

エリアで絞り込む

関連サービス

庭木の剪定業者の選び方と比較するポイント

剪定とは庭木の見栄えをよくしたり、害虫の繁殖を予防したり、発育をよくするために不要な枝を切って整えます。枝をただ切るだけでは見栄えが悪くなるだけではなく花が咲かなかったり、枯れてしまうこともあります。

庭木の剪定を業者に見積りを依頼する前に、庭木の剪定の料金相場を知っておくと安心です。「日当制」と「単価制」という2種類の体系が基本です。その他、ゴミの処分費、駐車代、出張費が加算されます。

剪定が必要な理由は見栄えをよくするためです

剪定すると見栄えがよくなる

庭木が伸び放題では格好悪いですよね。木々の高さや形が整っていた方がカッコいいに決まっています。美しい樹形を保つためには剪定が必要です。

剪定すると防犯対策になる

伸び放題の庭木で中が見えないと泥棒にとっては好条件になります。また、庭の手入れが行き届いていないと隙が多いと思われてしまいます。見た目だけではなく心理的な面でも防犯対策になります。

剪定すると庭木の成長を促す

広大な自然の土地と違い限られた庭のスペースで育つ木の場合、しっかり手入れをしなければ限られた養分を取り合ったり、背の高い木によって日光がさえぎられてしまいます。また、枝同士が絡み合ってしまうと上手く育たなくなります。大切な庭木の成長を促すために余分な枝を切る必要があります。

剪定すると病気や害虫の発生を防ぐ

枝が増えすぎると日陰になり風通しも悪くなってしまいます。その結果ジメジメとした日陰が好きな樹木の病原菌や害虫が発生しやすくなります。風通しをよくして背の低い花木にも日光が届くようにすれば、病気や害虫の発生を防げます。

庭木の剪定時期は?

常緑針葉樹を剪定する時期

常緑針葉樹の剪定は新芽が出る前の3月~4月が剪定にオススメ時期です。コニファー類は芽吹きあたりがオススメの剪定時期です。マツ類(松)は特殊で春に「ミドリ摘み」して、秋の終わる時期に「もみ上げ」という作業するのが基本となっているようです。

落葉針葉樹を剪定する時期

落葉針葉樹の剪定は12月~3月が樹木の休眠中で葉っぱが落ちている状態で、枝の伸び方が分かりやすく剪定がしやすいのでオススメ時期です。

常緑広葉樹を剪定する時期

常緑広葉樹の剪定は、2月~4月にかけてがオススメです。ただ4月は害虫も動き出す時期で、虫が苦手な方は3月頃に剪定するといいでしょう。

落葉広葉樹を剪定する時期

落葉広葉樹の剪定は木が休眠中の12月~2月にするのがオススメ時期です。4月~5月上旬と7月~8月は樹液が活発な時期で、剪定すると樹液が流れて樹木にダメージとなるので剪定するのは避けましょう。

果樹を剪定する時期

果樹の剪定は果実を目的とするものは花芽、実を残すように剪定します。基本の剪定は果樹の仮眠中の12月~2月にすることが多いですが種類によって生長のペースが違うので種類ごとに調べてから剪定しましょう。

剪定を依頼する料金相場は?

剪定の料金体系「日当制」の特徴

日当制の料金の考え方は、職人さん1人につき1日にいくらという考え方です。地域にもよりますが、一般的な相場は15,000円~30,000円ほどです。「時給制」の場合は、1時間あたり2,000円~3,000円が相場です。

剪定の料金体系「単価制」の特徴

庭木の剪定料金の相場

・低木(高さ0~3m未満)…3,000円前後

・中木(高さ3~5m未満)…6,000円~7,000円前後

・高木(高さ5~7m未満)…15,000円~17,000円前後

・※7m以上の場合は個別に見積もりをしなくてはならない業者が大半

生垣の剪定料金の相場

・1m未満…500円前後

・1~2m未満…1,000円前後

・2~3m未満…2,000円前後

・*3m以上の場合は個別に見積もりをしなくてはならない業者が大半

植え込みの剪定料金の相場

・1平方メートルあたり…500円~10,000円前後

・※高さ1m以上の場合は個別に見積もりをしなくてはならない業者が大半