エクステリア(門周り)のおすすめ業者一覧

エクステリア(門周り)業者のおすすめを表示しています。料金や口コミで比較して、あなたにぴったりな評判の良いプロを探しましょう。

  • 理由1

    簡単予約&何でも頼める

    お困りごとを何でも頼めます。「予約したい店舗」を選ぶだけで簡単に予約できます。日程もご希望に合わせられます!

  • 理由2

    とにかく安い!ネット最安価格~

    地元の小さな店舗が多いので、料金も安く抑えられます。料金表を確認できるので見積不要!予約前に確認できて安心です。

  • 理由3

    口コミで人を選べる

    利用した人の口コミや、スタッフ写真を予約前に確認できて安心!トラブルを未然に防ぐ出店者パトロールも実施。

累計評価
4.90

エクステリア(門周り)を利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

累計評価

4.90

エクステリア(門周り)を利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

エクステリア(門周り)のよくある質問

エクステリア(門周り)とは

エクステリア(門周り)をプロに依頼することができます。自宅の表の顔ともいえる門まわりの素材やデザイン、価格など考える項目がたくさんあります。しかし、イメージが固まっているようで固まっていない方が多いと思われます。自宅との調和や防犯対策などで素材や価格なども変わっていきますので予算感と実際に誰にとって使いやすいのか、考えておきましょう。

エクステリア(門周り)をプロに依頼するメリット

ご自身で作業されるには、なかなかの労力と時間がかかるでしょう。しっかりとしたプロの技で造られた門がご自宅を守るほうが安全性や防犯性、さらにデザイン性においても間違いないかと思われます。種類によっては、考えていた予算よりもかからない場合や追求していけば値段よりもデザインを重視しよう、ということもあるので一度プロの業者に相談しましょう。

エクステリア(門周り)を予約する際のポイント

指定の素材や色がある場合は追加料金が発生する可能性があります、事前確認しておきましょう。また予約確定し当日お伺いし、追加料金発生に伴い当日にを作業を中止した場合も、ご予約時の料金は発生してしまう可能性も事前にお話しておきましょう。大きな金額がかかる作業となりますので、慎重なやり取りがお互いにとって最善です。

エクステリア(門周り)に関する記事

都道府県からエクステリア(門周り)業者を探す
エクステリア(門周り)業者の選び方と比較するポイント

理想の住まい作りに欠かせない門扉やフェンス、アプローチなど様々な要素からなるのがエクステリアです。あなたの家の印象を決める外構工事は、それなりに費用が必要なことは想像できても相場がわからず不安になりますよね?どのくらいの費用をかかるのか相場知っておくことで予算が組みやすくなります。

新築で外構工事する費用は?

自宅を新築する時は建物本体の建築費や、土地代金にばかり目がいってしまいやすいです。外構費用と外構内容を考えている人は少ないのではないでしょうか?新築で外構工事する費用は工事全体の1割が目安です。

インターネットで「外構費用 相場」と検索してみると、項目別に費用の目安が掲載されているサイトに辿り着けます。様々な条件があるので一概に正しいとは言えませんが、目安として参考になれば幸いです。

門扉や門柱の外構工事の相場

門扉や門柱の外構工事の費用相場は郵便受けやインターホン、表札とセットで考える方が多いようです。一般的には15~30万円程度です。

アプローチの外構工事の相場

アプローチの外構工事の費用相場は門扉から玄関ポーチまでの通路に飛び石や、化粧砂利敷しいたり、インターロッキングにて施工するケースが一般的です。玄関ポーチまでの距離により金額は異なりますが10~15万円程度です。

塀の外構工事の相場

塀の外構工事の費用相場は使う材料が木製やアルミ製、コンクリート塀、ブロック塀どれにするか、また敷地の外周の長さにより金額は変わります。一般的に塀の外構工事の相場は100万円以上です。外構工事の中でいちばん高額な工事です。

フェンスの外構工事の相場

フェンスの外構工事の費用相場は、家の敷地をフェンスで囲う工事です。これもまた塀の工事と同じく使用する材料や、長さにより金額は変わります。一般的にフェンスの外構工事の相場は50~60万円程度です。

カーポートの外構工事の相場

カーポートの外構工事の費用相場は「柱を片持ちにするか?」「両側に柱を立てるか?」また、カーポート自体の積雪荷重により金額は変わります。どちらにしても、少なくとも50万円以上が料金相場です。

植栽の外構工事の相場

植栽の外構工事の費用相場は植える樹種や本数により金額は変動しますが、一般的には10~15万円程度です。

エクステリア(門周り)を依頼できる業者は?

外構工事を業者に依頼する時は、どんな業者に依頼したらいいのでしょうか?

・外構工事専門の業者

・町の便利屋

・建設会社

・庭屋

このような業者に依頼するケースが一般的です。どの業者に依頼するにしても、気を付けなければならない4つの重要なポイントがあります。

・見積明細をきちんと出してくれるかどうか?

・見積項目を盛り込んだわかりやすい提案書を用意してくれるか?

・現地調査に快く応じてくれる

・工事中の近隣挨拶がちゃんとできる

専門性と意匠性が高い工事ですので、それなりの知識と経験がなければ満足のいく外構工事はできません。費用面においても技術面においても納得のいく業者を選ぶために、この4つがいい加減な業者は避けましょう。少なくとも3社以上の相見積を取り、金額だけではなくこちらを思わず唸らせるナイスな提案してくれる業者を探しましょう。

おしゃれと機能性にこだわるエクステリア目隠し

エクステリアの目隠しを取り付けたい場所で人気なのが庭です。庭で家庭菜園をゆっくり楽しんだり、テーブルなどを置いてリラックスして過ごしたりしたいという人は目隠しがあるといいですね。目隠しの機能はもちろん、庭や外構の一部としての機能も大切です。外側だけではなく、家側の目隠しも自分好みのものを選びましょう。毎日見る庭だからこそ、見た目もいいなと思えるものを取り付けるといいですね。

隙間があるエクステリア目隠しを選べば圧迫感が減ったり、風通しがよくなったりします。光が入りやすい採光パネルを使っても圧迫感なく過ごせます。エクステリアを目隠しするためには大きく分けて3種類あります。

コンクリートブロック塀

コンクリートブロック塀は、名前の通りコンクリートブロックでできた塀です。完全に目隠しできますが、閉塞感や圧迫感が強いというデメリットもあります。その反面作りはとても頑丈なので、長く使用したい方にはオススメです。塗装すると見栄えがよくなります。

フェンス

フェンスにはアルミ既製品、天然木、人工木の3種類あります。素材やデザインも様々なので好みの物を選べます。風通しがいい物やデザインがおしゃれな物をお探しの方にオススメです。採光タイプを選ぶと光が入るので、昼間でも暗くなることなく快適に過ごせます。

植木

植木を使った目隠しの最大のメリットはピンポイントで目隠しできることです。目隠ししたい場所に好きな木を植えるだけで目隠しになるので手軽にできます。つる植物や竹などを使うのもオススメです。コンクリートブロック塀や、目隠しフェンスよりも自然に目隠しできます。自由度が高く少しずつ増やせるので、エクステリアにこだわりのある人にも人気があります。