格安!おすすめ業者
窓・サッシの掃除

窓・サッシのクリーニングについて

窓・サッシの掃除ならすまいのホットラインで。バケツや雑巾、高い窓用に脚立を用意して…と、何かと準備が大変で力仕事でもある窓の掃除。プロの技で汚れのたまった窓・サッシをしっかりと掃除してもらいましょう!すまいのホットラインなら窓・サッシの掃除を料金や口コミで比較して、評判の良いプロの業者を今すぐ予約できます。

窓・サッシのクリーニングの相場
窓・サッシのクリーニングの相場
小窓1枚 500円~3,000円
  • 理由1

    簡単予約&何でも頼める

    お困りごとを何でも頼めます。「予約したい店舗」を選ぶだけで簡単に予約できます。日程もご希望に合わせられます!

  • 理由2

    とにかく安い!ネット最安価格~

    地元の小さな店舗が多いので、料金も安く抑えられます。料金表を確認できるので見積不要!予約前に確認できて安心です。

  • 理由3

    口コミで人を選べる

    利用した人の口コミや、スタッフ写真を予約前に確認できて安心!トラブルを未然に防ぐ出店者パトロールも実施。

平均評価
2.46

窓・サッシの掃除を利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

窓・サッシの掃除を利用した人の口コミ

  • いこいの里さん

    いこいの里さん

    窓・サッシの掃除

    4.0

    窓枠のカビ掃除とエアコンのパテ交換をお願いしました。大変丁寧なお仕事でした。仕事内容では、文句なしの★5つです。プロの技でした。残念ですが、窓枠掃除のゴミ(泥かす)が玄関前の廊下に飛び散っていたので(自分で清掃する羽目になった)、★4つにしています。次回は、もっと色々お願いしたいと思います。

  • ロースさん

    ロースさん

    窓・サッシの掃除

    5.0

    ありがとうございました。

窓・サッシの掃除の口コミをもっと見る

窓・サッシの掃除に関する記事

窓・サッシの掃除のよくある質問

窓・サッシの掃除とは

窓・サッシの掃除とは、専用機材で窓サッシの汚れやカビを分解洗浄するサービスです。普段の掃除で後回しになりがちな窓やサッシ。長いあいだ雨風にさらされて蓄積した水垢やホコリをきれいに落とすのは面倒ですが。掃除しないまま放置しすぎるとサッシにカビが生える原因にもなります。プロに依頼すると、窓だけでなくサッシにたまった汚れも一緒にきれいにしてくれます。

窓・サッシの掃除をプロに依頼するメリット

プロは汚れた箇所や汚れの種類によって洗剤や器具、落とし方を変えていますので、普段の掃除よりも汚れがよく落ちます。また、取り外せる部品は取り外して、隅々までピカピカにしてくれます。普段、自分たちでは掃除できないような場所や意識していない場所など、プロならではの技できれいにしてくれます。

窓・サッシの掃除を予約する際のポイント

料金は窓のサイズごとに異なるため、窓の枚数を事前に確認してから予約してください。当日は作業がスムーズに進むように、窓の近くのものはあらかじめ移動させておきましょう。天窓など高所に窓がある場合は、店舗によっては対応できないこともあるため、事前に何メートルのところにどのくらいのサイズの窓があるかを伝えておきましょう。

窓・サッシの掃除について

エリアで窓・サッシの掃除業者を絞り込む

窓・サッシの掃除業者の選び方と比較する時のポイント

ガラス製のコップを落として「割ってしまった…」そんな時、慌てて片付けようとするとケガする恐れがあります。割れたガラスの片付け方には破片の大きさや種類、破片が飛び散った場所によってポイントがあります。破片が飛び散るように割れたわけではなくても、状況によっては修理を急ぎます。親切な業者に対応してもらえると本当に助かるものです。焦っている時に何件も問い合わせたりするのは大変ですが、今は業者の検索サイトなどもありますので上手に利用してみましょう。

自分で頑張っても落ちない窓・サッシの汚れはプロに任せましょう。料金は小窓1枚500円~3,000円程度です。事前に料金の確認や、依頼したい内容が含まれているか確認しましょう。

窓掃除しないとパッキンにカビが生えやすい

窓のパッキンはカビが繁殖する条件を満たしやすい場所の1つです。カビが好む環境は主に4つです。

・カビが過ごしやすい温度(10~45℃前後)である

・湿度が高い(65%以上)

・酵素がある

・カビの栄養源である水分・ホコリや汚れなどがある

結露の発生によりカビが好きな条件が揃ってしまうので、窓のパッキンにカビが生えてしまいます。

中性洗剤で窓の表側を掃除する

【道具】

・スポンジ

・中性洗剤

・スクイジー

1.スポンジを使って窓に付いた汚れを取る
窓に付いたホコリをスポンジで取る。ホコリと水分が混ざると余計に汚れてしまうので、先にと取っておく。
2.中性洗剤を使って窓ガラスをこすり洗いする
スポンジに水を含ませて窓ガラスを濡らす。取っ手の気になる手垢はスポンジに中性洗剤をつけてこすり洗いする。
3.スクイジーを使って窓ガラスの水分を取る
洗剤を洗い流し、スクイジーを斜めに移動させて余分な水分を取り完了。スクイジーを平行に動かすと水滴の筋が残るので注意する。

窓ガラスに生えたカビを取る方法

【道具】

・アルカリ性合成洗剤または食器用洗剤

・バケツ

・雑巾

1.アルカリ性合成洗剤を水で薄める
バケツに水とアルカリ性合成洗剤を少し入れて混ぜる。
2.窓に生えたカビを雑巾で拭き取る
バケツに雑巾を浸して絞り、窓に生えたカビを拭き取る。
3.乾拭きして水分を拭き取る
乾いた雑巾でしっかり窓ガラスを乾拭きして完了。

窓ガラスを交換するメリット

防犯性や安全性がある

犯性の高い網入りガラスやフィルム入りガラス等に交換すると、ガラス割りによる空き巣の侵入を防げます。また、万が一火事や地震に見舞われた時に、ガラスが割れ飛散することを防げます。

快適性や省エネ性能がある

最近は省エネ性能の高いガラスや、紫外線をカットするガラスが建築用のみならず車のガラスにも採用されるようになってきました。エコガラスと呼ばれる省エネ性能の高いガラスに交換すると建物内の冷暖房効率が大幅に上がり、光熱費をおさえられます。

プライバシー保護に効果がある

今のガラスの透明なガラスをスモークガラスや、ミラーガラスに交換することによりプライバシーの保護に高い効果を発揮します。建物の中や車の中が丸見えにならずにすむので、プライバシーの保護効果が期待できます。

割れたガラスの片付けは落ち着こう

割れたガラスの片付けで、1番大切なことはなんだと思いますか?「直接触らない…」「新聞紙にくるんで危険と書いて捨てる…」など、色々思い浮かぶかもしれません。

落ち着いている時は次々と思いつくのですが、実際にガラスを割ってしまった時は慌てます。焦りはケガのリスクにつながるため、大切なことは落ち着くことです。

自分では片付けられないほどの大量ガラス片や、割れたガラス片を手で触るのが怖い場合は、プロに片付けを依頼しましょう。一般的には、おそうじ専門業者や便利屋に依頼する人が多いようです。

すまいのホットラインは、地域に密着した専門業者のサービスを、簡単に一括比較・予約できるサイトです。このページでは窓・サッシの掃除に対応している業者を一覧で表示しています。窓・サッシの掃除業者を、口コミ評価の高い順や施工費用・料金の安い順などで検索が可能です。予約時の参考として、窓・サッシの掃除をプロに依頼する際の料金相場、注意点などのお役立ち情報も紹介しています。すまいのホットラインでは、窓・サッシの掃除をはじめ、様々な出張訪問サービスをご利用いただけます。

チャット