ドラム式洗濯機の理想的な掃除頻度は月1回!ドラム式洗濯機は塩素系洗剤で掃除しよう
更新日:

ドラム式洗濯機の理想的な掃除頻度は月1回!ドラム式洗濯機は塩素系洗剤で掃除しよう

ドラム式洗濯機の理想的な掃除頻度は月1回です

ドラム式洗濯機の理想的な掃除頻度は月1回です
ドラム式洗濯機の理想的な掃除頻度は月1回です

ドラム式洗濯機を掃除できる箇所と、掃除頻度について紹介します。

  • ドラム式洗濯機の洗濯槽…月1回
  • ドラム式洗濯機の乾燥フィルター…月1回
  • ドラム式洗濯機のドアのゴムパッキン…月1回~3ヵ月に1回
  • ドラム式洗濯機の洗剤ケースや排水フィルター…月1回
  • ドラム式洗濯機の排水フィルター…月1回
  • ドラム式洗濯機の排水口…臭いが気になる時

掃除箇所によって理想的な掃除の頻度は異なりますが、いずれにしても基本的には「汚れが蓄積する前に手を打つ」のがベストです。

ドラム式洗濯機の掃除は、業者に依頼するのが1番!というのも非常に納得できますが、なるべく費用をかけたくない場合は自分でやるのが鉄則です。

ドラム式洗濯機(洗濯槽)を掃除する方法

ドラム式洗濯機(洗濯槽)を掃除する方法
ドラム式洗濯機(洗濯槽)を掃除する方法

洗濯槽の掃除に使える洗剤がたくさん売られていますが、ドラム式洗濯機の場合は「塩素系」を使いましょう。塩素系を避けたい方に人気の酸素系の洗剤は、ドラム式洗濯機には向いていません。

なぜかというと「途中でドアを開けられない…」仮に開けられる場合も「その分の水量しか入れられない」からです。そんなわけで、塩素系洗濯槽クリーナーを使って掃除しましょう。

準備物

  • 塩素系洗濯槽クリーナー

手順

1

ドラム式洗濯機の槽洗浄コースで洗濯機をまわす

ドラム式洗濯機槽洗浄コースがある機種は選択し、ない場合は標準コースを選択して洗濯機をまわす。

2

塩素系洗濯槽クリーナーを洗濯槽に入れる

給水が終わったら一時停止して、塩素系洗濯槽クリーナー洗濯槽入れる。

3

洗濯機を再スタートする

塩素系洗濯槽クリーナーを入れたら、再スタートし最後まで洗濯機をまわし止まれば完了。

縦型の洗濯機同様に1回では汚れが落ちない場合があります。長期間汚れをためてしまっていると尚更です。

頑固なカビを落としたい時は、3つのポイントを試してみましょう。

  • 40℃のお湯を使ってドラム式洗濯機を掃除する
  • 何度か繰り返しドラム式洗濯機を掃除する
  • つけおきコースを使う(ない場合は、洗い時間が一番長いコースを選択)

ここは面倒ですが根気よくやってください。月1回掃除していれば繰り返しなくてもすみます。

ドラム式洗濯機の乾燥フィルターを掃除する方法

ドラム式洗濯機の乾燥フィルターを掃除する方法
ドラム式洗濯機の乾燥フィルターを掃除する方法

ドラム式洗濯機の魅力は乾燥機能ですが、その分の手入れが必要です。機種によりますが、乾燥フィルターは2枚あることが一般的です。1枚目はすぐに取り外し可能ですが、厄介なのが奥の2枚目です。ここを掃除しておかなければ生乾きの原因になります。

準備物

  • 掃除機
  • 古歯ブラシまたはブラシ
  • 菜箸または長めの棒

手順

1

乾燥フィルターを外して汚れを落とす

ドラム式洗濯機の乾燥フィルターを2枚とも外す。掃除機でフィルターについたホコリを吸い取る。汚れが残った場合は水で丸洗いして、古くなった歯ブラシでこすり落とし乾燥させる。

2

ドラム式洗濯機のダクトを掃除する

乾燥フィルターの手間にあるダクトに詰まったホコリを菜箸や長めの棒を使って取り除く。この時、ダクトの中に棒を落とさないように注意する。

3

乾燥フィルターを乾かしてから元に戻す

しっかり乾かした乾燥フィルターを元に戻して完了。

おすすめ

少し面倒ですが、これを月に1回やることで生乾きやエラー表示のストレスから解消されます。

ドラム式洗濯機のゴムパッキンを掃除する方法

ドラム式洗濯機のゴムパッキンを掃除する方法
ドラム式洗濯機のゴムパッキンを掃除する方法

ドラム式洗濯機の掃除で見落としやすいのが、ドアのゴムパッキン部分です。ゴムパッキンとドラムの隙間に恐ろしいほどのホコリが蓄積している可能性があります。

月1回が理想的ですが、最低でも3ヵ月に1回は掃除しましょう。

準備物

  • 食器用洗剤
  • 雑巾
  • 爪楊枝または竹串

手順

1

洗剤液を作る

お湯または水に食器用洗剤を溶かし洗剤液を作る。洗剤液に雑巾を浸してよく絞り、パッキンと溝を拭く。

2

パッキンとドラムの隙間の汚れを拭き取る

パッキンを少し引っ張り、隙間を作って拭く。ホコリがたまっている場合は、爪楊枝や竹串でかきだす。

おすすめ

ドラム式洗濯機のパーツを掃除する方法

ドラム式洗濯機のパーツを掃除する方法
ドラム式洗濯機のパーツを掃除する方法

洗剤や柔軟剤を入れるケースや、排水フィルターは毎日の洗濯で汚れていきます。特に柔軟剤を入れるケースは、ドロッとした柔軟剤がたまったままになっていることが多いです。取り外して簡単に水洗いだけですみます。

排水フィルターは長期間放置していると「カビがビッシリ…」そんな時は酸素系漂白剤で掃除しましょう。

準備物

  • 酸素系漂白剤
  • 古歯ブラシ
  • 洗面器
  • 長い持ち手の付いたスポンジ

手順

1

洗剤ケースと排水フィルターを掃除する

洗剤ケースと排水フィルターを古くなった歯ブラシで、詰まった埃やゴミを取り除く。

2

お湯に酸素系漂白剤を溶かしてつけ置きする

洗剤ケースと排水フィルターをお湯に酸素系漂白剤を溶かし30分程度つけ置きする。

3

洗剤が残らないように水洗いする

洗剤ケースと排水フィルターに洗剤が残らないように水洗いし乾かす。

4

排水フィルターの奥の汚れを掃除する

長い持ち手の付いたスポンジで、排水フィルターの奥の汚れを取って完了。

おすすめ

市販のゴミ取りフィルターを設置すると掃除が楽になります。週に1度の目安で取替えは必要ですが、フィルターにゴミが詰まるのを防いでくれます。

自分できないドラム式洗濯機の分解掃除は業者に依頼しよう

今回はドラム式洗濯機の掃除方法や頻度を紹介しました。洗濯機を掃除しても臭いが気になる場合は、排水口が原因かもしれません。洗濯機周辺にスペースがなかったり、洗濯機の真下に排水口がある場合は、素人では作業できないので業者に相談することをオススメします。

お金をかけて購入したドラム式洗濯機ですから、徹底的にキレイにしたいのであれば業者に依頼するのが1番です。自分でやれることは自分でして、必要に応じて上手に業者を利用してみて下さい。

まとめ

  1. ドラム式洗濯機の掃除は月に1回が理想的です
  2. ドラム式洗濯機の掃除は塩素系洗剤を使うのがオススメです
  3. ドラム式洗濯機のフィルター、ゴムパッキン、柔軟剤を入れるケース、排水フィルターなどはそれに適した掃除方法でキレイにしよう
  4. ドラム式洗濯機の掃除は使い方を少し工夫して汚れをためないように意識してみよう

関連記事

洗濯機クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

洗濯機(洗濯槽)クリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った洗濯機(洗濯槽)クリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修:小森 一輝(こもり かずき)
監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?