自分で洗濯機を分解して掃除できる!失敗が不安ならプロに任せよう
更新日:

自分で洗濯機を分解して掃除できる!失敗が不安ならプロに任せよう

自分で洗濯機は分解できるが4点の注意がある

自分で洗濯機は分解できるが4点の注意がある
自分で洗濯機は分解できるが4点の注意がある

洗濯機は自分でも分解可能なため業者を手配しない分、コスト削減になるというメリットがありますが、自分で作業する場合は注意があります。洗濯機を分解する前に必ず確認しましょう。

時間と労力がかかる

自分で洗濯機を分解洗浄する場合は分解、洗浄、組み立てのすべてする必要があります。 かなりの時間と労力がかかるのは、念頭に置いておきましょう。

プロの仕上がりに劣る

プロの洗浄でクリーニングするのと自分で掃除するのでは、やはり仕上がりが違います。洗濯機クリーニング専門業者に依頼した場合は、隅々までキレイに掃除してもらえるのが魅力です。

故障のリスクがある

洗濯機の構造は複雑で分解できたとしても元に戻せない可能性も考えられます。一見元通りにできたとしても、いざ運転してみると異音がして正常に動かないこともあります。

故障しても補償されない

自分で洗濯機を分解して故障したら補償はありません。一方、プロに頼んで作業中に洗濯機が壊れてしまった場合は、損害補償制度があるので安心です。

洗濯機を分解する手順

洗濯機を分解する手順
洗濯機を分解する手順

準備物

  • マイナスドライバーまたはヘラ
  • ギアプーラー
  • 電動工具
  • 除菌スプレー

手順

1

洗濯機を分解する前に下準備する

電源プラグを抜き、水道のコックを閉じて配管を外す。

2

洗濯カバーのフタを外す

洗濯機の左右に1円玉くらいの大きさの丸があります。そこはネジ穴となっているので、上のシールカバーをはがしてネジを外す。洗濯機の後ろを見ると上の方にネジ穴が左右対称にあります。このネジもクルクルっと回して外す。

3

フックを外す

ネジを外したら一度洗濯機の正面側に戻り、カバーの手前の方に洗濯機に引っかけてあるフックがあます。この部分をヘラやマイナスドライバーで持ち上げるように外す。

4

洗濯槽上部の洗剤投入部分を外す

洗剤投入部分もカバー同様にネジを外す。洗濯槽外周部分に5箇所ネジがあるので外す。ネジを外したらフックで止められている部分も外す。

5

パルセーターを外す

洗濯槽内側の回転する軸(パルセーター)の中心ネジを外す。ネジ穴にビスなどを引っかけて持ち上げると取りやすいです。万が一持ち上がらない場合は、パルセーターの両サイドの穴にネジを入れ、指で軽く均等に持ち上げると取りやすくなります。

6

洗濯槽中央にあるナットを外す

洗濯槽中央にあるナットを外す。指でも取ることは可能ですが、電動工具を使用すれば簡単に外せます。ナットを外すと、その下にもナットがあるので外す。

7

洗濯槽を持ち上げて取り出す

力がある人は洗濯槽をそのまま持ち上げて問題ありません。力に自信がない人はギアプーラーなどを利用すれば簡単に洗濯槽を持ち上げられます。

8

洗濯槽のナットを外す

丸裸になった洗濯槽の上部にナットがあります。このナットも外してさらに分解する。

9

洗濯機の分解後は水洗いする

洗濯機の分解後は外した部品をブラシなどを使って水洗いする。汚れが落ちにくい場合はお風呂洗剤などで洗う。水洗いはお風呂場や庭など濡れても平気な広い場所で作業しましょう。また、服装は汚れてもいい洋服の着用をオススメします。

10

タオルや布で水気を拭き取り自然乾燥させる

分解した部品をタオルや布で水気を拭き取り自然乾燥させ完全に乾ききったら洗濯機を組み立てて完了。この時に除菌スプレーを洗濯槽に拭きかけておくと、清潔な状態が長持ちします。

おすすめ

洗濯機を分解した後にキレイに保つ4つのコツ

洗濯機を分解した後にキレイに保つ4つのコツ
洗濯機を分解した後にキレイに保つ4つのコツ

洗濯機を分解してキレイにしたら、キレイな状態をキープしたいですよね。ちょっとしたコツを押さえれば洗濯機のカビや臭いを防げます。洗濯機を清潔に保つ5つのコツを紹介します。

汚れた衣類を洗濯機に入れて放置しない

汚れた衣類を洗濯機に入れて保管すると、汗や汚れが洗濯槽にカビを発生させる原因となります。

洗剤の入れすぎに注意する

洗剤や柔軟剤のパッケージに記載されている適量に従って使用しましょう。溶け残った洗剤や柔軟剤はカビの原因になります。

洗濯機のフタを常に開けておく

使用後は洗濯機のフタを常に開けておくと、洗濯槽が自然乾燥してカビ予防となります。乾燥機能つきの洗濯機なら、衣類の乾燥機能を活用するのもオススメです。

月に1回は洗濯槽クリーニングする

月に1回は洗濯槽クリーナーなどを使ってお手入れしましょう。カビの繁殖をおさえられます。

オススメの商品は使用している洗濯機メーカー純正の洗濯槽クリーナーです。Amazon商品のレビューには「市販のものでキレイにならなかったカビが、メーカー純正洗濯槽クリーナーで撃退できた」といった投稿が多くあります。

洗濯機の分解クリーニングは業者に依頼しよう

今回は洗濯機を分解掃除する手順や、洗濯機をキレイに保つ4つのコツについて紹介しました。洗濯機の正しい分解手順を理解し必要な工具をそろえれば、自分でも分解掃除が可能です。

「完全に汚れを落としたい…」「自分で分解したら失敗しそう…」「手間かかりそう…」という人には業者に依頼することをオススメします。

洗濯機を清潔に保つためには、日頃の正しい使い方やお手入れが欠かせません。洗濯槽を乾燥し湿気を防ぐことで不快な洗濯槽のカビや臭いを防げます。

関連記事

洗濯機(洗濯槽)クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

洗濯機(洗濯槽)クリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った洗濯機(洗濯槽)クリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?