洗濯機を重曹で掃除するなら大量に必要!子供や高齢者がいるなら洗濯機は重曹で掃除が◎
更新日:

洗濯機を重曹で掃除するなら大量に必要!子供や高齢者がいるなら洗濯機は重曹で掃除が◎

洗濯機が汚れる原因はカビです

洗濯機が汚れる原因はカビです
洗濯機が汚れる原因はカビです

洗濯する度に衣類についた食べかすや皮脂、洗剤カスの一部が洗濯槽にこびりつき黒カビの栄養源になっています。大量の水を使うから汚れは流れ落ちそうなものですが、洗濯槽の裏側は凸凹しているので食べかすや皮脂、洗剤カスが残りやすいです。

これらが洗濯機にこびりつき長期間放置すると、洗濯機内に雑菌やカビが繁殖してしまいます。カビの中で衣類を洗濯していると、考えるとぞっとしますよね。

特にタテ型全自動洗濯機の洗濯槽のほとんどが二重構造になっており、すき間に栄養源がたまりやすい構造となっています。

洗濯機の中の温度はカビにとっては快適な温度なため、カビの繁殖に必要な条件である「栄養、湿度、温度」のが全て揃っています。まさにカビにとって好環境なんです。

洗濯機の掃除に重曹がいい理由やデメリット

洗濯機の掃除に重曹がいい理由やデメリット
洗濯機の掃除に重曹がいい理由やデメリット

重曹は値段も安く入手しやすいため気軽に掃除に使えます。汚れを落とすにはルールがあり酸性の汚れにはアルカリ性で中和して、アルカリ性の汚れには酸性で中和してあげるということです。

重曹は弱アルカリ性なので、食べかすや皮脂などの酸性の汚れを中和します。重曹は弱アルカリ性で洗浄能力自体はそれほど強くありませんが、水ではなくお湯に溶かすことで効果を高めます。

人体や環境に優しい

重曹を使うメリットは、何といっても天然素材なので人体や環境に優しいことです。重曹は食品にも使われているため、口に入るものや肌に直接つくものにも安心して掃除に使えます。皮膚が弱い方や赤ちゃんにも安心です。

そして、重曹には消臭効果があります。洗濯機の臭いが気になる時には、ぜひ重曹を試してみてください。塩素系の漂白剤はプールのような鼻にツンとくる臭いが「嫌だ…」という人にもうってつけの素材です。

重曹を完全に溶かすのに手間がかかる

重曹を完全に溶かすのに少々手間がかかります。液体のクリーナーであれば、水に溶かす必要がないので手軽です。

そして重曹は塩素系や酵素系のクリーナーより洗浄効果が劣ります。酸性の皮脂汚れなどを中和する効果はありますが、カビを分解して除去する効果はありません。長期間放っておいた洗濯機の掃除には、重曹だけでは完全に汚れを落とせません。

生えてしまったカビを剥がし落とすことはできますが、殺菌効果はありません。重曹で洗濯機をキレイにすることで、雑菌を増やさないようにはできます。

洗濯機を重曹で掃除する4つのポイント

洗濯機を重曹で掃除する4つのポイント
洗濯機を重曹で掃除する4つのポイント

重曹の分量を正確に入れる

重曹の量は洗濯機の大きさに合わせて150~200gを入れましょう。重曹の量が少なければ思ったほどの効果が得られず、多すぎれば重曹が溶けきれません。適量の重曹を入れることがポイントです。

ぬるま湯を使う

洗濯機を重曹で掃除する時は、必ずぬるま湯(40~50℃位)を使いましょう。重曹の洗浄能力はそれほど強いものではないため、お湯を使うことによってその効果を高めます。

高温のお湯を使えば洗濯機や排水管を傷めてしまう可能性がありますので、ぬるま湯(40~50℃位)が適しています。洗濯機の耐熱温度は洗濯機に付属の取扱説明書を確認しましょう。

浮いてきた汚れは根気よく取る

浮いている汚れは、できる限り取り除きましょう。洗濯槽にこびり付いた汚れを浮かびあがらせたのに取り除かないで流してしまうと、また洗濯槽に貼りつくため根気よく汚れをゴミ取りネットですくいましょう。黒カビや汚れをそのまま流してしまえば、排水管の詰まりの原因になります。

ドラム式洗濯機を掃除する時は漏水に注意する

ドラム式の洗濯機は構造上、フタが縦型のため洗濯槽いっぱいにぬるま湯をためられません。機種によっては洗濯途中でドアを開けられない場合もありますので、事前に取扱説明書で確認しておきましょう。

重曹で洗濯機を掃除する方法

重曹で洗濯機を掃除する方法
重曹で洗濯機を掃除する方法

準備物

  • 重曹(粉末)
  • ぬるま湯(40~50℃位)
  • 持ち手のあるゴミ取りネット

手順

1

洗濯槽についているゴミ取りネットなどの備品は事前に外す。備品が付いたままだと剥がれ落ちたカビ汚れ等がこびりつき掃除の邪魔になります。洗濯槽に45℃~50℃位のお湯を準備して高水位の位置まで入れる。水だと重曹の効力を十分に活かせないので、お風呂で設定温度を指定して沸かして洗濯機の風呂水ポンプ機能を使うか、なければバケツでくみ上げると楽に準備できます。※ドアを開閉するためドラム式洗濯機はお湯がこぼれないようにする。

2

重曹を洗濯槽の中に入れてる

重曹の目安は1カップ(約200g)です。重曹を投入して洗いのみのコースで洗濯機をまわす。すすぎや脱水すると排水してしまいますので、間違えないようにする。洗濯機を回して撹拌が終われば、6~10時間ほど放置する。

3

浮いている黒カビや汚れを取り除く

洗濯槽に浮いてきた黒カビや汚れをゴミすくいネットを使って取り除く。この時しっかり汚れを取っていないと排水の詰まりの原因になります。手間のかかる作業ですが根気よくしっかり取り除く。

4

洗濯機を1コース回す(標準コース洗い~脱水)

キレイな水で1コース洗濯機を回す。洗濯機が止まれば取外した洗濯槽のごみ取りネットを取り付けて完了。

おすすめ

洗濯機を重曹で掃除する方法の他に、酸素系漂白剤(クリーナー)や、塩素系漂白剤(クリーナー)を使った掃除方法については、下の記事に詳しく紹介しています。

洗濯機を重曹で掃除しても落ちない汚れは業者に依頼しよう

今回は洗濯機の掃除に重曹がいい理由や、重曹で洗濯機を掃除する方法を紹介しました。重曹で洗濯機を掃除すると洗濯機や衣類には優しいですが、洗浄力がずば抜けていいわけではないので、すべてのカビや汚れを取りきれるわけではなく30%~50%くらいの汚れは残ってしまっているようです。

洗濯槽の汚れを完全に落とすには、洗濯機の分解洗浄しか方法がないみたいです。洗濯機の分解洗浄を希望される人は業者に依頼しましょう。

まとめ

  1. 重曹は弱アルカリ性なので食べかすや皮脂などの酸性の汚れを中和してくれる。お湯で溶かすことで効果が上がる
  2. 重曹を洗濯機の掃除に使う前にメリットとデメリットを理解しよう

関連記事

洗濯機クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

洗濯機(洗濯槽)クリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った洗濯機(洗濯槽)クリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修:小森 一輝(こもり かずき)
監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?