トイレタンクの中はカビだらけ!?トイレタンクを開けずに(開けて)掃除する方法や予防法のまとめ
更新日:

トイレタンクの中はカビだらけ!?トイレタンクを開けずに(開けて)掃除する方法や予防法のまとめ

トイレタンクを開けずに掃除する方法

トイレタンクを開けずに掃除する方法
トイレタンクを開けずに掃除する方法

準備物

  • 酸素系漂白剤または重曹(タンク専用の洗剤でも可)
  • クエン酸
  • キッチンペーパー
  • サンドペーパー

手順

1

タンク上部の手洗い部分に空いている穴に洗剤を入れる

トイレタンクを開けずに掃除するにはタンク上部の手洗い部分に空いている穴から、漂白剤か洗剤を流し入れる。酸素系漂白剤や重曹を使用する時はお湯に溶かしておくと、より効果的に掃除できます。粉末のまま使用しても問題ありません。

2

浸け置きする

そのまま2時間~6時間浸け置きしたら、トイレの水を流して完了。トイレタンク専用の洗剤を使用する場合は、注意書きに記載された時間を守りましょう。浸け置きしている間はトイレを使用できません。浸け置きを始める前に家族へ伝えたり、出かける前に浸け置きする。

3

トイレタンク上部の水垢を掃除する

トイレタンクの手洗い部分も掃除が必要です。トイレタンクにこびりついた水垢はクエン酸で落とします。小さじ1杯のクエン酸を水200mlに溶かしキッチンペーパーに浸しトイレタンクの上部に覆い2時間程度放置する。最後にスポンジで水垢をこすり落として完了。どうしても取れない水垢は、サンドペーパーで削り落とします。しかし、サンドペーパーで削るとタンクを傷つける可能性があります。水垢が取れなくなる前に、日頃からタンクの上部を忘れずに掃除することが大切です。

おすすめ

トイレタンクを開けて掃除する方法

トイレタンクを開けて掃除する方法
トイレタンクを開けて掃除する方法

準備物

  • マイナスドライバー
  • ゴム手袋
  • 掃除用ブラシ
  • 古歯ブラシ
  • 中性洗剤
  • 重曹

手順

1

止水栓を閉める

トイレタンクを開ける前にマイナスドライバーを使って止水栓を閉める。トイレによって止水栓の締め方が異なるため、詳しくはトイレの取扱説明書を確認する。

2

ブラシでこすり洗いする

トイレタンクを開けて洗剤を吹きかけ、汚れている部分をブラシでこすり洗いする。どうしても落ちない汚れには、重曹をかけてこすり洗いする。カビキラーなどの塩素系の漂白剤や洗剤は、トイレの掃除に使ってはいけません。カビが目立つ箇所に使いたくなりますが、トイレの素材を傷つけてしまう恐れがあります。トイレのひび割れから水漏れの原因になるため塩素系洗剤を使用しないようにしましょう。最後にタンクを閉めて完了。

おすすめ

トイレタンクを掃除する理由と掃除頻度は?

トイレタンクを掃除する理由と掃除頻度は?
トイレタンクを掃除する理由と掃除頻度は?

トイレタンクを掃除する必要性や頻度を理解して、忘れずにタンクを掃除しましょう。

タンク汚れは便器汚れの原因になる

トイレタンクの汚れを掃除せずに放置していると、タンクにたまった汚れが便器に流れてしまいます。毎日トイレ掃除していてもタンクが汚れていては意味がありません。

流れでた汚れが黒カビや悪臭の原因にもなり、トイレ全体の清潔感が損なわれます。トイレをキレイな状態に保つにはトイレタンクの掃除が欠かせません。

トイレタンクを掃除する頻度

トイレタンクを開けて掃除するには時間がかかり大変な作業です。タンク掃除は月に1度がキレイに保てる頻度です。うっかり掃除を忘れていた場合も2ヶ月~3ヶ月に1度は掃除しておきましょう。

トイレタンクの汚れを予防する3つの方法

トイレタンクの汚れを予防する3つの方法
トイレタンクの汚れを予防する3つの方法

洗剤を設置しておく

トイレの汚れを予防できる洗剤が販売されています。タンクに投入するタイプもあれば、タンクの上部に設置するタイプなど商品により様々です。手間や時間をかけず簡単に予防方法できます。

重曹を使う

重曹を定期的にタンクに入れるだけでも汚れ予防になります。重曹は悪臭の予防にもなるので、臭いが気になる場合におすすめの方法です。

重曹を投入してからしばらくはトイレの使用ができません。タンクを開けずに掃除する方法との違いは、タンクの汚れが目立つ前の状態なので放置する時間が短時間ですむことです。

黒ずみが気になるなら漂白剤を使う

黒ずみが気になる人は定期的にトイレタンクに漂白剤を入れましょう。タンクの上部に設置するタイプの漂白剤もあります。手間がかからず黒ずみもキレイになります。

自分で落とせないトイレタンクの汚れは業者に依頼しよう

今回はトイレタンクの掃除方法や、汚れを予防する方法を紹介しました。トイレタンクの掃除を怠るとカビや臭いの原因になります。なるべく1ヶ月に1度の掃除を心掛けましょう。

タンクの汚れが落ちにくい時は、重曹や酸素系漂白剤を使って落としましょう。塩素系漂白剤はトイレを傷つけてしまう可能性があるので使用しないようにしましょう。

自分で掃除しても落とせないタンクの汚れや、トイレの汚れは専門業者に依頼しましょう。キレイなトイレにしてもらってから、自分でキレイを保つように掃除しましょう。

トイレクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

トイレクリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったトイレクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?