ストーブの分解掃除

ストーブの分解掃除

ストーブの分解掃除業者のおすすめを表示しています。料金や口コミで比較して、あなたにぴったりな評判の良いプロを探しましょう。

ストーブの分解掃除について

ストーブの分解掃除の料金や口コミで比較して、評判の良いプロの業者を今すぐ予約できます。「最近勝手にストーブの火が消える」「点火時間が遅くなった」そんな時はプロにストーブの分解掃除を依頼しましょう!

ストーブの分解掃除の料金相場

1台 10,000円~20,000円
  • 理由1

    簡単予約&何でも頼める

    お困りごとを何でも頼めます。「予約したい店舗」を選ぶだけで簡単に予約できます。日程もご希望に合わせられます!

  • 理由2

    とにかく安い!ネット最安価格~

    地元の小さな店舗が多いので、料金も安く抑えられます。料金表を確認できるので見積不要!予約前に確認できて安心です。

  • 理由3

    口コミで人を選べる

    利用した人の口コミや、スタッフ写真を予約前に確認できて安心!トラブルを未然に防ぐ出店者パトロールも実施。

累計評価
4.93

ストーブの分解掃除を利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

累計評価

4.93

ストーブの分解掃除を利用された方がこれまでに投稿した口コミの平均点を表示しています。

ストーブの分解掃除のよくある質問

ストーブの分解掃除とは

ストーブの分解掃除をプロに依頼することができます。ストーブの火力が大きくならなかったり、点火までにやたら時間がかかったり、以前は感じられなかった不具合が発生していませんか?それは、メンテナンスのサインかもしれません。放っておくと寒い日の朝に点火せず、最悪火災の原因になることもあります。定期的にストーブの分解掃除をしてもらうのがおすすめです。

ストーブの分解掃除をプロに依頼するメリット

ストーブの燃焼効率を保ち、安心・安全に長く使い続けることができます。ストーブを長年使っていると内部の汚れやススがたまり、本来の効果を発揮できず燃焼効率が低下し放置しておくと不調の原因となってしまいます。最悪火災の原因になることも。本当に必要な寒い日にいきなり故障して使えないというトラブルも避けられます。2年に1回の分解掃除を行えば、ストーブが持つ本来の燃焼効率で暖かい冬を過ごすことができますよ

ストーブの分解掃除を予約する際のポイント

FF式や煙突式など、ストーブのタイプによって金額が異なります。オプションで石油ストーブの芯交換が依頼できるので必要な方は併せて予約しましょう。作業前後には動作確認、作業後は作業場所の簡易清掃を行いますので、電気・ガス・水道が使用可能な状態にしておいてください。故障しているストーブの場合、作業ができないことがございますのでご了承ください。
都道府県からストーブの分解掃除業者を探す
ストーブの分解掃除業者の選び方と比較するポイント

ストーブの掃除は火災防止の観点からもとても大切です。特別な道具ではなく自宅にあるものでできるので、定期的にホコリやゴミを落として安全に使いましょう。電気ストーブ、石油ストーブなど種類によって扱い方に違いがあります。

長年の汚れが蓄積し自分でどんなに頑張っても落ちない汚れがある場合は、諦めずにプロの業者に依頼するのも一つの手です。各社様々なプランを揃えています。料金相場は1台 10,000円〜20,000円程度です。事前に料金の確認や依頼したい内容が含まれているか確認しましょう。

ストーブに汚れが貯まると火災の危険性がある

いつも使っているストーブを全く掃除せずに使い続けていませんか?石油の火元や電気の熱源にホコリやゴミなどがどんどんと蓄積していくと、そのホコリやゴミに火や熱源が引火してしまうことで出火して、火事になる恐れがあります。

また、ホコリやゴミが原因で不具合が起きやすく、ストーブが壊れやすくなることもあります。安心、安全に暮らすためにも、ストーブの掃除を習慣づけましょう。

石油ストーブを掃除する方法

【道具】

・シートまたは新聞紙

・掃除機

・雑巾

・古歯ブラシ

1.シートや新聞紙を敷く
電気ストーブの下にシートや新聞紙を敷き、ストーブの掃除時に出るゴミなどが回りに飛散しないようにする。
2.掃除機でホコリやゴミを吸い取る
石油ストーブの表面のホコリやゴミを掃除機で吸い取ります。正面の安全カバーを取り外して、中も掃除します。なかなか取り除けないホコリやゴミは先のノズルをブラシタイプなどに変更すると取りやすくなる。
3.正面カバーと中の汚れを拭く
固く絞った雑巾で正面カバーと中の汚れを拭き取る。細かい部分の汚れは古歯ブラシで軽く擦りながら汚れを落とした後に雑巾で拭き取り完了。外したカバーを元の場所に戻したら、ストーブが正常に作動するか確認する。

FF式ストーブを取り付ける時の注意点

FF式ストーブを設置する時の5つの注意点を確認しておかなくては、設置した後に不具合が出てしまうこともあります。

・可燃物から遠くに設置する(高さ60cm以上、横は10cm以上、後ろは45cm以上)

・ゴムの製品は野外などで使用しない

・ストーブ本体を交換する時はゴム製品も交換する

・油タンクに汚れやサビがないことを確認する

・取り付けが終了したら再度点検する

すまいのホットラインは、地域に密着した専門業者のサービスを、簡単に一括比較・予約できるサイトです。このページではストーブの分解掃除に対応している業者を一覧で表示しています。ストーブの分解掃除業者を、口コミ評価の高い順や施工費用・料金の安い順などで検索が可能です。予約時の参考として、ストーブの分解掃除をプロに依頼する際の料金相場、注意点などのお役立ち情報も紹介しています。すまいのホットラインでは、ストーブの分解掃除をはじめ、様々な出張訪問サービスをご利用いただけます。