冷蔵庫の温度は場所によって違う!冷蔵庫の適正温度や冷えない時の対処方法
更新日:

冷蔵庫の温度は場所によって違う!冷蔵庫の適正温度や冷えない時の対処方法

冷蔵庫の適正温度は0℃~10℃

冷蔵庫の適正温度は0℃~10℃
冷蔵庫の適正温度は0℃~10℃

冷蔵庫の適切な温度は何℃でしょうか?
国レベルの基準としてJIS規格があり冷蔵庫は0℃~10℃、冷凍庫は-12℃以下に温度設定するように制定されています。

冷蔵室の適正温度

冷蔵室は冷蔵庫内の一番大きなスペースで、2℃~5℃の温度設定となっています。冷蔵庫のメインである冷蔵室はたくさんの食品を保存できますが、場所により温度が微妙に違います。

下の段の方が1℃~2℃低いため、腐りやすい食品は下段の方に入れましょう。冷気の吹き出し口も温度が下がる傾向にあります。

水気が多いものは冷えすぎると凍結することもあるため注意しましょう。冷えすぎを避けるためには上段手前がオススメです。

ドアポケットはドア開閉により温度変化が大きい場所で、7℃くらいまで温度が上がることもあります。調味料やすぐに使う食品など、温度が高くなっても問題ないものを置きましょう。

野菜室の適正温度

野菜室の温度は3℃~7℃に設定されており、冷蔵室よりも若干高めになっています。野菜や果物などを保存する場所のため、新鮮さを保つために湿度にも気を配られています。

葉物野菜は野菜室より冷蔵室での保存の方が適しています。温度が高いとビタミンなどが失われてしまうためです。

チルド室の適正温度

チルド室は0℃の設定で凍結間際の温度で冷却する場所です。冷蔵室よりも低く、冷凍室よりも高い温度設定です。冷蔵室の下の方にある透明な引き出し部分に肉や魚、発酵食品、乳製品、刺身など保存できます。

冷蔵室よりも長期保存に向いており、すぐに冷やせるため刺身など生ものを入れるのにちょうどいいでしょう。水分の多い食品は凍る可能性があるため注意しましょう。

また、納豆やキムチなどの発酵食品の保存、肉や魚の解凍、生野菜の保存などもできます。発酵食品は発酵を遅らせられるので長持ちしやすく、肉や魚の解凍はゆっくりできるため旨味を保ちやすいなど幅広く利用できます。

冷蔵庫の「温度の測り方」と「温度調節する方法」

冷蔵庫の「温度の測り方」と「温度調節する方法」
冷蔵庫の「温度の測り方」と「温度調節する方法」

冷蔵庫の温度を知ることで、適正温度を保つことにつながります。冷蔵庫の温度を確認する方法は「冷蔵庫専用温度計」または「水と普通の温度計」を使う方法があります。

専用の温度計は冷蔵庫に設置するだけで測定が可能です。置くタイプ、マグネットタイプ、吸盤タイプなどさまざまな種類があり価格も1,000円~2,000円程度で購入できます。

水と普通の温度計を使って冷蔵庫の温度を測る方法を紹介します。

準備物

  • コップ
  • 温度計

手順

1

コップに水を入れて冷蔵庫に入れる

コップに水を100ml程度入れて温度計を浸す。コップを冷蔵庫中段の中央に置く。

2

温度計の温度を測る

3時間後に温度計の温度を測る。

おすすめ

冷蔵庫の温度調節する方法

冷蔵庫の温度調節は、冷蔵庫の手前の左右どちらかの面に設置されていることが多く「つまみ式」「センサー式」「タッチパネル式」などがあります。弱、中、強などの設定や、1~5の5段階の数字で設定します。

省エネになる温度設定は、節電モードや省エネモードがある冷蔵庫なら省エネが期待できますが、付いていない機種は説明書で確認してみましょう。数字なら真ん中あたりに設定するといいと言われています。

冷蔵庫の温度が下がらない時の対処方法

冷蔵庫の温度が下がらない時の対処方法
冷蔵庫の温度が下がらない時の対処方法

冷蔵庫の温度が下がらない原因はいくつか考えられます。

  • 食品を詰め込みすぎている
  • 霜が発生している
  • 冷蔵庫側面にシールなどを貼り付けている
  • 冷蔵庫の設置位置

冷蔵庫内は冷気を循環させることで冷やしているため、食品がたくさんありすぎると冷気が流れず冷えにくい状態になります。食品と食品のスペースを空けたり、詰め込まないためにも七分目くらいにとどめるようにしましょう。

霜が発生した場合は冷蔵庫がまったく冷えない状態になるこもあります。冷蔵庫のドアを開けて空気が入ると冷気の吹き出し口に霜がつくことがあり、冷気がスムーズに出なくなる原因となります。自動霜取り機能がない冷蔵庫をお使いの場合は、こまめに確認して霜取りしましょう。

冷蔵庫の側面は放熱スペースのため、シールやチラシなどを貼り付けていると冷蔵庫内に熱がこもります。冷蔵庫の上に物を置くのもよくありません。冷蔵庫の左右を5mm、壁から15mm、天井から40mmあけて設置しましょう。

冷蔵庫内の温度を保つ3つのポイント

冷蔵庫内の温度を保つ3つのポイント
冷蔵庫内の温度を保つ3つのポイント

ドアの開閉を控える

ドアの開閉は最小限にすることが重要です。ドアを開閉すると当然、庫内に温かい空気が流れ込み温度が上がります。頻繁に開けなくてもいいように、同じ種類ごとにまとめて入れるなど対策しましょう。

温かいものを入れない

温かいものを冷蔵庫に入れると庫内温度が一気に上がります。湯気などは霜の原因にもなるため、温かいものは冷ましてから入れるようにしましょう。冷蔵庫内の温度が元に戻るまで時間もかかり電気代のムダにも繋がります。

冷蔵庫カーテンの使用する

冷蔵庫カーテンを使用するとドアを開閉した時に冷気が外にでるのを防げます。冷蔵庫カーテンを購入しても隙間ができれば冷気も外にでるため、サイズを確認してから購入しましょう。

冷蔵庫内の掃除は業者に依頼できる

今回は冷蔵庫の場所ごとの適正温度や、冷蔵庫の温度の測り方や、冷蔵庫の温度が下がらない時の対処方法について紹介しました。冷蔵庫の適正温度を見直すことで食品の鮮度を保つと同時に、ムダな消費電力が減り電気代節約にもつながります。

仕事で忙しい人や冷蔵庫の整理にまで手がまわらない時は、業者に依頼することもできます。天面掃除から卵ケース、スライドケース、蒸発皿清掃などしてくれます。快適な暮らしのためにも冷蔵庫を上手に使用しましょう。

冷蔵庫クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

冷蔵庫クリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持った冷蔵庫クリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?