布団の洗濯は理想的な頻度は年に2回!布団の洗濯方法とカビやダニ対策方法のまとめ

更新日:
布団の洗濯は理想的な頻度は年に2回!布団の洗濯方法とカビやダニ対策方法のまとめ

日本人はシーツの洗濯頻度が低い

日本人はシーツの洗濯頻度が低い
日本人はシーツの洗濯頻度が低い

睡眠時間が8時間とすれば、人は1日24時間のうち1/3を布団の中で過ごしていることになります。この間に髪の毛やフケ、垢が布団に落ちてしまいます。それと一晩の間に少なくてもコップ1杯200ml~多い人で1000ml程度の汗をかいているといわれています。想像すると布団の中は、湿気に満ち溢れていますね。

布団は暖かく湿度も高いため髪の毛やフケ、垢が豊富にあるとなるとダニや雑菌にとってパラダイスになります。汚れた布団をそのまま使い続けると、ダニや雑菌が繁殖する可能性が高まります。そうならないために、布団は定期的に洗濯した方がいいようです。

しかし、1日でやらなくてはならないといけない家事は多いですよね?洗濯物も毎日たくさんあります。それに加えて布団カバーやシーツなどの大物まで「なかなか手がまわらないです…」思いっきり晴れた日じゃないと干すのにも困ります。

忙しさや天気以外にも、日本の洗濯事情にも原因があります。欧米では大抵のお宅に大型乾燥機があるので、だいたいのお宅で2~3日に1回は洗濯しているそうです。

日本の場合は家庭用の衣類洗濯機を使用している家が多いので、布団カバーやシーツを干すのは外に干す家が多いです。この結果、日本人の布団カバーやシーツの洗濯頻度は、外国に比べて少ないです。

布団は半年に1回は洗濯しよう

布団は半年に1回は洗濯しよう
布団は半年に1回は洗濯しよう

布団はシーツや布団カバーをつけて使うのが一般的です。ということは、髪の毛やフケ、垢などが布団に直接つくこともありません。気にしなければいけないのは汗による湿気です。

定期的に天日干しするか、布団乾燥機を使って湿気を取ることが重要になります。全く洗わない布団をそのまま押し入れにしまうのも不衛生な話です。布団を入れ替えるタイミングで年に1~2回程度洗濯しましょう。

厚生労働省の旅館に関する通達の中でも、“布団及び枕にあっては、6月に1回以上その汚れ等を除去するため丸洗い(洗濯物に洗剤液及び水を直接吹きつけるなどして行う洗濯方法であり、もみ洗い処理工程がないものをいう。以下「布団丸洗い」という。)をすることが望ましい”とされています。

布団を入れ替えるタイミングで洗濯すれば夏掛けとそれ以外のシーズンの布団、それぞれ1回ずつ洗濯できます。直接肌に触れるシーツや布団カバー、枕カバーには髪の毛やフケ、垢などがついてしまうので、そのまま放置していればダニや雑菌が繁殖してしまいます。

そのためシーツや布団カバー、枕カバーはこまめに洗濯しましょう。シーツや布団カバーは週1回、特に髪の毛やフケがつきやすい枕カバーは毎日洗濯したいですね。

自分で布団を洗濯する方法

自分で布団を洗濯する方法
自分で布団を洗濯する方法

準備物

  • 布団用洗濯ネット
  • 中性洗剤

手順

1

洗濯できるか布団の洗濯表示を確認する

洗濯できるか布団の洗濯表示を確認します。全ての布団が洗濯できる訳ではありません。洗濯できる布団なのか?必ず確認する。

2

洗濯機と布団のサイズを確認する

洗濯機と布団のサイズを確認する。5㎏サイズの洗濯機が洗えるのはシングルサイズの布団までです。7~8㎏サイズの洗濯機はセミダブルサイズの布団が洗濯できます。洗濯機のキャパオーバーの布団を洗濯すると布団が傷んだり、洗濯機が故障する恐れがあるので注意する。

3

布団を折りたたんで布団用洗濯ネットに入れる

布団を折りたたみ布団用洗濯ネットに入れる。布団用洗濯ネットに入れて洗濯すると、布団が洗濯機の中で広がるのを防げるのと同時に布団の傷みも防げる。

4

洗濯機に洗剤を入れる

洗濯洗剤は中性洗剤を使う。

5

洗濯コースを選ぶ

洗濯表示が「洗濯機マークのみ」の場合は、標準コースまたは大物洗いコースを選ぶ。洗濯表示が「洗濯機マーク」+「弱水流マーク」の場合は、手洗い(ドライ)コースを選ぶ。洗濯表示が「手洗いマーク」の場合は、手洗い(ドライ)コースを選ぶ。

6

軽く揉みほぐして干す

洗濯機から布団を出し軽く揉みほぐして布団を干す。乾けば洗濯完了。

おすすめ

洗濯機のサイズが小さくて洗濯機で洗濯できない場合は、少し大変ではありますが浴槽で押し洗いする方法もあります。

また、コインランドリーの大型洗濯機を利用する手もあります。コインランドリー大型洗濯機を使う場合、布団に対し大きすぎる洗濯機で洗濯すると、洗濯機内で布団が暴れてしまい洗濯機が止まってしまう場合があります。洗濯機の9割が布団で埋まるくらいのサイズがジャストサイズです。大きな洗濯機であれば、複数枚の布団をまとめて洗濯できます。

布団を干す時のポイント

布団を干す時のポイント
布団を干す時のポイント

布団を洗濯機で脱水することは難しいので、布団の中までしっかり乾かすのは時間がかかります。そこで布団の干し方や、注意すべきポイントを紹介します。

天日干しで乾かす

風通しがいいところで竿を2本使い布団がM字になるように干すと、布団の中に風が通りやすくなり乾きが早くなります。

布団が中綿の場合は中までしっかり乾かすとなると非常に時間がかかります。晴れの日が続く日を選び数日かけてしっかり乾かしましょう。

コインランドリーの大型乾燥機で乾かす

コインランドリーの大型乾燥機なら1枚60分程度を目安に乾燥機にかけ、60分で乾かなければ乾燥時間を追加しましょう。しっかり中綿まで乾燥させましょう。

乾燥器を使う時は容量に対し布団を入れすぎないことがポイントです。乾燥機には必ず1枚ずつ入れましょう。また、布団と一緒にテニスボールを入れておくとテニスボールが布団を叩く役目でふんわりと仕上がります。

布団のカビを対策する方法

布団のカビを対策する方法
布団のカビを対策する方法

カビが生えるには、湿気、栄養源、温度の3つが必要です。湿度(湿気)は70%以上、温度は20~30℃でカビの活動が活発になるといわれています。

若い人ほど新陳代謝が活発でより多くの汗をかき、その湿った布団を敷きっぱなし(万年床)にしたり、湿気の多い押入れに長期間収納しておくとほぼ確実にその布団にはカビが生えます。もし布団カバーだけにカビが生えていたら、すぐに洗濯しましょう。

準備物

  • 衣料用の漂白剤
  • タオル

手順

1

掃除機を使ってカビを吸い取る

布団に生えたカビを掃除機で軽く吸い取る。

2

衣料用の漂白剤を含ませたタオルで軽くたたく

衣料用の漂白剤を含ませたタオルで軽くたたき、カビの色が薄くなったら固く絞ったタオルでふき取り天日干し完了。天日干しの前に消毒用エタノールを吹き付けるのも効果的です。

布団のダニを退治する2つの方法

布団のダニを退治する2つの方法
布団のダニを退治する2つの方法

布団の中には、ダニが大好きなエサである人のフケや、垢などの皮膚のカスがいっぱいあります。また、布団の中は人の汗などで高温多湿になっています。ダニにとってはこの上ない好環境なのです。

聞きたくない話ですが、1枚の布団の中には30万匹以上のダニがいると言われています。人を刺さなくても、そのフンや死がいがアレルギーの原因になるのがダニです。

コインランドリー

ダニ退治には熱が有効でダニは50℃で20分以上、60℃では一瞬で死滅します。布団が丸ごと入る衣類乾燥機をお持ちのお宅は少ないと思いますので、コインランドリーを利用するのがオススメです。

コインランドリーの大型乾燥機は大抵のものが55℃以上になるそうなので、しっかり熱と乾燥でダニを退治しましょう。ダニを退治しても、フンや死がいが残っていては意味がありません。家に帰ったら、布団を掃除機で吸うのを忘れないようにしましょう。

布団乾燥機やアイロン

「近くにコインランドリーがないよ…」という人のために、家庭でできるダニ退治法です。ご家庭に布団乾燥機がある場合は布団乾燥機で大丈夫です。

布団乾燥機も50℃以上の熱がでます。ポイントは布団の隅々まで熱風を届かせることと、最低でも1時間かけましょう。その後、忘れずに掃除機がけです。

「布団乾燥機もないよ…」という人は、アイロンを使うのがオススメです。スチームアイロンを布団にかけてダニを退治しましょう。その後、湿気を取るために天日干して乾燥したら掃除機で吸いましょう。

コインランドリー、布団乾燥機、アイロン、どの場合でも必ず布団の洗濯表示を確認してください。

自分で布団を洗濯できないなら業者に依頼しよう

今回は布団の洗濯頻度や、布団の洗濯方法や干し方を紹介しました。実際に自分で、布団を洗濯するのは大変です。布団は大きくて、洗うにも乾かすにも場所をとります。また、水を吸うと大変重くなり運ぶのが大変です。さらに、乾くのに非常に時間がかかります。

その点、クリーニング業者に任せれば楽でふっくら気持ちよく仕上げてくれます。有料にはなりますが、オフシーズンの布団を預かり保管してくれる業者もあります。

まとめ

  1. 布団は暖かく湿度も高いため、髪の毛やフケ、汗、垢などで汚れている
  2. 布団は半年に1回洗濯するのが理想的です。シーツや布団カバーは週1回、特に髪の毛やフケがつきやすい枕カバーは毎日洗おう
  3. 布団の洗い方と干し方のポイントを理解して、自宅でできるか判断しよう。コインランドリーやプロの業者を使うのもいい
  4. 布団のカビとダニの対策も忘れずにしよう

マットレスクリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったマットレスクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修:小森 一輝(こもり かずき)
監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのホットライン

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?