靴収納はアイデアやグッズを使えば省スペースに収納できる!靴収納の6つのアイデア紹介

更新日:
靴収納はアイデアやグッズを使えば省スペースに収納できる!靴収納の6つのアイデア紹介

靴を収納する前に靴を見直そう

靴を収納する前に靴を見直そう
靴を収納する前に靴を見直そう

履いていない靴

靴箱を確認して、しばらく履いていない靴がないか確認しましょう。履いていない靴が収納スペースを邪魔している可能性もあります。ずっと保管したままの靴や、普段履いている靴と同じような靴は思い切って処分することも必要です。必要な靴だけを残せば、狭い玄関や収納スペースに余裕が生まれます。

サイズアウトした靴

お子様のいるご家庭ではサイズアウトした靴が靴箱に眠っている可能性があります。履けなくなった靴は全て処分しましょう。

下のお子様にお下がりとして履かせる場合は、ビニール袋に入れた上で収納ボックスなどにまとめて保管しておきましょう。玄関の収納スペースが限られている場合は、下のお子様が履けるようになるまで室内に保管するのがおすすめです。

靴の収納用品を確認する

現在使用している収納用品によって、収納アイデアは異なります。扉が付いている靴箱は通気性や、臭い対策した収納が必要です。扉のない靴箱には外からの見え方を工夫しましょう。省スペースな収納や靴の取り出しやすさだけではなく、自宅の玄関に合った収納アイデアを試しましょう。

すぐにできる実践できる靴の収納アイデア

すぐにできる実践できる靴の収納アイデア
すぐにできる実践できる靴の収納アイデア
自宅にある物や、すぐに用意できる物でできる収納方法です。自宅の靴を早く片付けたい人は参考にしてみてください。

突っ張り棒を活用する

サンダルやパンプスなど靴箱に収納した時の、靴の上に空いたスペースを活用した収納アイデアです。靴を置くスペースの中心辺りに、2本の突っ張り棒を天板と並行になるように手前と奥に広めの隙間を空けて取り付けます。2本の突っ張り棒の上に靴を置けるため、靴箱の収納力が2倍にアップします。突っ張り棒は100円ショップでも販売されているため、すぐに用意して実践できます。

ケースに収納する

靴が入る大きさの収納ケースやファイルケースも収納に役立ちます。いつも乱雑に置かれている靴をケースに収納することで、まとまりのある整頓された靴箱になります。他の靴に汚れが移ることもなく、大切な靴や特別な日に履く靴も安心して収納できます。ケースの種類を統一するだけでも、まとまりのあるキレイな靴箱を作れます。

シューズホルダーを活用する

靴を片足ずつ上下に収納できるシューズホルダーも便利な収納アイテムです。省スペースに収納できるので、幅が狭い靴箱にもスッキリと収納できます。普段履かない靴はシューズホルダーを使って、室内の空いたスペースに収納する方法もおすすめです。

空間を上手に使った靴の収納アイデア

空間を上手に使った靴の収納アイデア
空間を上手に使った靴の収納アイデア

自宅の玄関が狭い人や、小さい靴箱を使っている人におすすめの収納方法です。

吊るす収納

ラックやシューズハンガーを使って壁に靴を収納する方法です。いくつかのワイヤーネットを組み合わせればシューズラックを作れます。ちょっとしたDIYで完成するため、簡単で便利な方法です。シューズハンガーは靴箱や、玄関の空いたスペースに靴を吊るして収納できます。省スペースな場所で実践したい収納アイデアです。

見せる収納

まるでショップのように、あえて靴を見せる収納アイデアもあります。靴箱から溢れた靴や、お気に入りの靴を見えるように収納する方法です。壁に立てかけて省スペースに設置できるラダーラックや、吊るす収納で靴をディスプレイします。玄関の収納がなくてもキレイに見せればおしゃれな雰囲気を感じられます。

アクリル仕切り棚で空いた空間を活用

シンク下やキッチンの収納で大活躍のアクリル仕切り棚は、靴の収納にも活用できます。靴箱や玄関床の空いたスペースを有効に使って靴を収納できます。

また、シューケアグッズや予備の靴ひも、中敷きといった小物も玄関が散らかる原因です。アクリル仕切り棚を使って収納すれば、靴箱の中で小物が散乱しません。アクリル仕切り棚は靴だけではなく、小物収納にも便利なアイテムです。

靴箱をキレイに保つ3つのポイント

靴箱をキレイに保つ3つのポイント
靴箱をキレイに保つ3つのポイント

靴箱は気が付けば汚れがたまります。汚れやすい靴箱をキレイに保つポイントを紹介します。

靴の下にシートを敷く

靴箱の天板にシートを敷くと靴に付いた砂や泥が直接付かないのでおすすめです。靴の下にシートを敷くだけですが、湿気や臭いの予防にも繋がります。汚れるたびにシートを洗うのが面倒な人は、安い下駄箱シートを購入して定期的に交換しましょう。

汚れやすい靴はトレイに入れる

お子様の運動靴や長靴など、汚れやすい靴はトレイに入れて収納すると靴箱が汚れません。履くたびに汚れる靴は簡単に汚れを落としてからトレイに入れて、他の靴に汚れが移らないようにしましょう

掃除用品を収納する

玄関掃除を怠ってしまう人は、手に取りやすい場所に掃除用品を収納しておきましょう。玄関の砂や汚れに気が付いた時に気軽にサッと掃除できます。

靴の収納スペースを作る時は、ホウキやちり取りを収納する場所を用意しておきましょう。ホウキを壁にかけたり、ちり取りは靴箱の空いたスペースに収納するなどスペースを活用しましょう。

靴を大切に保管する3つのポイント

靴を大切に保管する3つのポイント
靴を大切に保管する3つのポイント

靴をスッキリと収納できても、靴の状態が悪くなっては意味がありません。靴を大切に保管するポイントも合わせて紹介します。今履いている靴をこれからも愛用したい人は、ぜひ確認しましょう。

カビ予防

久しぶりに靴を取り出すと、カビが生えていることがあります。梅雨の時期や夏など、湿気が溜まりやすい季節はカビに注意しましょう。扉が付いていない靴箱や密閉した収納スペースには、防湿材を置くなどのカビ対策しましょう。

靴を収納しているスペースの定期的な換気も大切です。靴専用の除菌スプレーもカビ予防に効果的なので、換気と合わせて使いましょう。

臭いの予防

靴の臭いの多くはカビや雑菌が原因です。臭いの予防はカビ予防や、使用後に消臭スプレーを振りかけたり日頃の手入れが必要です。使用後すぐの靴は大量の汗が染み込んでいるため、すぐ収納せずに風通しのいい場所で乾かしてから靴箱に収納することで臭いの予防になります。

型崩れの予防

省スペース収納に気を取られすぎると、靴が型崩れすることもあります。大切な靴や、フォーマルな靴はシューキーパーを使って型崩れを予防しましょう。靴を大切に履き続けるためにもスペースに余裕を持った収納が重要です。

靴の収納や掃除に悩んだらプロに依頼できる

今回は靴の収納アイデアや、靴箱や靴をキレイに使うポイントを紹介しました。散らかりやすい靴は、空いたスペースや収納グッズを上手に活用すればスッキリと収納できます。突っ張り棒やケースなどの簡単に用意できるアイテムや、安く手に入る収納グッズが便利でおすすめです。

自分ではどうしても上手に収納できない時は、プロに依頼できます。自宅の靴箱にあった収納方法を教えてくれます。

ハウスクリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったハウスクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットライン

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?