自宅でカーテンを洗濯して干す方法!フックを外さないで楽にカーテンを洗濯できる
更新日:

自宅でカーテンを洗濯して干す方法!フックを外さないで楽にカーテンを洗濯できる

カーテンが汚れる原因はホコリや手垢

カーテンが汚れる原因はホコリや手垢
カーテンが汚れる原因はホコリや手垢

カーテンの汚れは目に見えづらいですがホコリや手垢などの汚れが付いています。カーテンを洗濯しないとカーテンが黄ばんだり、ハウスダストなどの病気を引き起こすことがあります。

カーテンに付く汚れの種類

  • 外のホコリ
  • 花粉
  • 手垢
  • 油煙や食品の臭い
  • ペットの毛やよだれ

カーテンが汚れる原因

  • 外からの風が直接あたる
  • カーテンを開け閉めする時に手で触る
  • 窓が結露した時にカーテンに水滴が付く
  • 調理中に油や食品の臭いがカーテンに付く
  • タバコの煙がカーテンに付く
  • ペットが窓辺で日向ぼっこしている時に汚れが付く

カーテンを洗濯する5つの注意点

カーテンを洗濯する5つの注意点
カーテンを洗濯する5つの注意点

洗濯表示を確認する

素材によって水洗いできないカーテンがあるため洗濯表示を確認しましょう。コットンや麻、レーヨンは水洗いすると縮んだり色落ちする可能性が高いためクリーニングに出しましょう。

洗濯する前に洗濯表示のタグを見て、洗濯機マークがついていれば洗濯機で洗濯できます。もし洗濯機マークに✕がついていたら洗濯機での洗濯はできません。その場合は手洗いマークがあるか確認して、手洗いマークがついていれば手洗いできます。

「ドライ」や「P」や「F」という円形のマークは洗濯機のドライコースで洗濯するか、クリーニング店でドライクリーニングできるという意味です。

「弱」と表示されている場合は、弱水流で洗濯するという意味です。そしてマークの中の30や40という数字は水温の上限温度を意味しています。

洗濯する前にホコリを取る

洗濯機に入れる前にカーテンを外で軽く振ったり、ハタキや掃除機をかけてホコリを取ってください。筆者のオススメの取り方は、クイックルワイパーハンディでホコリを取る方法です。クイックルワイパーハンディは掃除機より軽くて扱いやすく、たくさんホコリが取れるのでおすすめです。

カビが生えている場合は処理する

カーテンにはカビが生えている場合、衣料用洗剤で洗濯するだけではカビは落ちません。洗濯する前にある程度カビを落としたり、洗剤につけ置きする必要があります。

洗濯する前に洗剤を含ませた古歯ブラシや綿棒などでカビ部分を軽く叩き、熱湯を含ませたタオルでふき取れば軽いカビなら落とせます。それでも落ちない頑固なカビは洗濯する前に洗剤をカビの部分に染み込ませて、しばらく放置して洗濯すると除去できることもあります。

カビ落としに使う洗剤はエタノールや漂白剤、重曹水がオススメです。塩素系漂白剤を使用すると色落ちする可能性が高いので酵素系漂白剤を使いましょう

適正な洗濯洗剤を選ぶ

洗濯表示に洗濯機マークと「弱」と表示されていない場合は、一般的な弱アルカリ性の衣料用洗剤で洗濯でます。洗濯表示に洗濯機マークと「弱」と表示されている場合はおしゃれ着用洗剤や、ドライマーク専用洗剤などの衣類用の中性洗剤を使用しましょう。

柔軟剤はあってもなくても構いません。柔軟剤はシワ防止や静電気防止効果がありますが、形態安定加工しているドレープカーテンの場合は繊維に記憶させた加工の形が解けてしまうので使わない方が美しい形状を保てます。

汚れが落ちやすいよう洗濯ネットを使う

グシャグシャに丸まったカーテンより、畳んで洗濯した方が洗剤液がまんべんなく浸透します。また、カーテンを洗濯ネットに入れれば水流でカーテンが乱れないのでシワになったり、生地が傷むのを防止できます。

カーテンを洗濯する方法

本来はカーテンのフックは外してから洗濯しますが面倒です。カーテンを洗濯ネットに入れるときフック部が内側になるように折り畳み、洗濯ネットに入れて洗濯すればフックを外さなくても洗濯できます。

カーテンフックを外さず洗濯機で洗濯する方法

準備物

  • 洗濯ネット
  • ゴム
  • 洗濯洗剤
  • 洗濯ネット

手順

1

フック部からカーテンのヒダにそって蛇腹に畳む

最初にフック部からカーテンのヒダにそって蛇腹に畳む。フックが外に露出しないように中に折り込み、カーテンを洗濯ネットの大きさに畳む。

2

洗濯ネットの真ん中をゴムで縛る

洗濯ネットの中でカーテンが動かないように真ん中をゴムで縛る。洗濯機に洗剤とカーテンを投入し洗濯する。

3

畳んたカーテンを洗濯機に入れる

畳んでだカーテンを洗剤と一緒に洗濯機へ投入する。

4

洗濯コースを選択する

洗濯コースは「ドライコース」を選択する。洗濯機によっては「手洗いコース」「弱水流コース」「ソフトコース」「ウールコース」などと表示されています。レースカーテンは水をたっぷり使う「毛布コース」で洗濯してもOKです。

5

脱水する

カーテンはデリケートな素材でできているので、通常の脱水時間では傷んだりシワになりやすいです。脱水時間は30秒~1分程度が適切です。脱水時間が設定できる場合は1分に設定して脱水する。設定できない場合は途中で脱水を一時停止しカーテンを取り出す。

おすすめ

この方法だとフックを付けたままでもカーテンが破けたりほつれたりしません。

カーテンを手洗いする方法

準備物

  • カーテンが入る大きさの入れ物
  • 洗濯洗剤
  • 洗濯ネット

手順

1

カーテンを畳んで洗濯ネットに入れる

洗濯ネットが入る大きさのバケツやタライにカーテンが浸るくらいの水と規定量の洗剤を入れます。入れ物がない場合は浴槽を使うのがおすすめです。

2

優しく押し洗いする

もみ洗いするとカーテンが傷んでしまうので優しく押し洗いする。

3

手洗いですすぐ方法

汚れが落ちたら洗剤水を捨て、新しい水に入れ替えます。押しながら泡がなくなるまで2~3回すすぐ。手で優しく絞るか、洗濯機で30秒~1分程度脱水する。

おすすめ

洗濯後のカーテンの干し方

カーテンの洗濯が終わったらすぐ、シワを軽く叩いて伸ばしてカーテンレールにかけて干します。乾燥機を使うとカーテンが傷んでしまいます。窓を開けておくと乾きやすくなります。

カーテンから水が垂れるときは、床にバスタオルや新聞紙を敷いて防いでください。あまりにも水が垂れたり、重みのある場合はカーテンレールが変形してしまう恐れがあるため物干し竿で干しましょう。野外に干す時は色あせ防止のため陰干ししましょう。

カーテンを洗濯する頻度は年1~2回

カーテンを洗濯する頻度は年1~2回
カーテンを洗濯する頻度は年1~2回

レースカーテンの洗濯頻度

汚れが目立ちやすいレースカーテンを洗濯する頻度は年に2~3回です。

ドレープカーテンの洗濯頻度

ドレープカーテンを洗濯する頻度は年に1~2回です。季節の変わり目ごとに洗濯している人もいるかもしれませんが、洗い過ぎはカーテンが傷んでしまういます。

カーテンの普段のお手入れ

カーテンの普段のお手入れはファブリーズなどで繊維の中の雑菌を除菌、消臭しましょう。窓を開けて換気したり、窓の結露をこまめに拭けばカーテンの臭い対策やカビ防止になります。

自分で洗濯しても落ちない汚れは業者に相談しよう

今回はフックを外さないで楽にカーテンを洗濯する方法や、干し方を紹介しました。カーテンを洗濯しても汚れが落ちない時や、忙しくて洗濯する時間がないという人は業者に依頼するのがオススメです。

まとめ

  1. カーテンを洗濯する前に洗濯表示を確認にして水洗いできるかどうか確認する
  2. カーテンは洗濯ネットに入れてから洗濯する
  3. カーテンの洗濯頻度はレースカーテンが年2~3回、ドレープカーテンが年1~2回です

関連記事

ハウスクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ハウスクリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったハウスクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?