効果のあったシール剥がし方法やイマイチだった方法も紹介!シール剥がしのおすすめグッズ
更新日:

効果のあったシール剥がし方法やイマイチだった方法も紹介!シール剥がしのおすすめグッズ

効果のあった2つのシール剥がし方法

効果のあった2つのシール剥がし方法
効果のあった2つのシール剥がし方法

シールは表面のラベル部分と、ノリの役割を果たす粘着成分が含まれたシートとの二層構造になっています。シールの粘着成分に使われている原料はデンプン、天然ゴム、ウレタン、アクリル、シリコンなどさまざまな種類があります。さらに水溶性のものとそうでないものに分かれています。

この粘着成分が紙や木、プラスチック、金属などの表面の細かい凸凹部分にくっつき、時間がたてばたつほど乾燥してがっちり固まり剥がしづらくなります。

ドライヤーで温める

シールの粘着成分は熱に弱く、温めると粘着成分が弱まります。15cmほど離してドライヤーで温め、端からゆっくり剥がしていきます。熱に弱いプラスチック素材などは、ドライヤーをあてる時に熱で素材が変形変色しないように十分注意してください。

中性洗剤

中性洗剤に含まれている界面活性剤は、乾燥したシールの粘着部分へ水分を含ませる手助けをしてくれます。水溶性の粘着剤を使ったシールは、ただの水でも一晩程度つけ置きすれば剥がれます。中性洗剤を使えば10分程度で剥がれます。その日中に解決できるのは嬉しいです。

中性洗剤をシールに塗りつけた後、ラップでおおうとさらに簡単に剥がせます。住まいの洗剤(マイペットやマジックリン)で試しましたがキレイに剥がれました。

一気に剥がそうとすると表面の紙ラベル部分だけべりっと剥がれて、粘着部分の層が剥がしきれず、貼りついたままになってしまいます。ゆっくり丁寧に剥がしましょう。

イマイチだった4つのシール剥がし方法

イマイチだった4つのシール剥がし方法
イマイチだった4つのシール剥がし方法

シール剥がしの方法は色々紹介されており、自宅にあるもので手軽にシール剥がしができるということでとても魅力的です。なかには実際に試してみて、イマイチだった方法もあったので紹介します。

酢は酸性であり、シールの粘着部分をゆるませる効果があると紹介されていました。しかし、試したところ表面の紙ラベルはふやけて剥がれたものの、下の粘着部分は残ってしまいました。この時試したシールの粘着成分が合わなかっただけかもしれませんが、酢の臭いもきつくイマイチでした。

ハンドクリーム

普段使っていた100均のハンドジェルで試してみましたが、全く剥がれませんでした。ニベアのハンドクリームでも同じでした。シールの粘着成分によって、ハンドクリームで剥がれる効果との相性があるようです。

歯磨き粉

歯磨き粉をシールに塗りつける方法を試してみましたが、表面の紙がボロボロ削れただけで、キレイに剥がれませんでした。ハンドクリームと同じく、歯磨き粉も現在使っているものがシールの粘着成分に効果があるとはかぎらないようです。

シールを剥がすために普段使いのものを買い替えるくらいなら、専用シール剥がし剤を買ったほうがいいのかなと感じました。

除光液

除光液をプラスチック素材に貼っていたシール剥がしに試したところ、シールを剥がした後に、白く変色してしまいました。金属素材のものなら使えると思います。こちらはシールの粘着成分というより、貼ってある素材との相性を見ないといけませんね。

シール剥がしが失敗してベタベタが残ったら?

シール剥がしが失敗してベタベタが残ったら?
シール剥がしが失敗してベタベタが残ったら?

シールを剥がしても上手く剥がれず、粘着成分だけ残ってしまったら「もう諦めるしかないのかな?」と考えますが諦めるのはまだ早いですよ。5つの方法から、試しやすそうな方法を試してみて下さい。

セロテープ

シールを剥がしがうまくいかなかった時は、セロテープの粘着側を外側にして輪っかを作ります。そして、シールの剥がし残しの部分にセロテープを、ペタペタと押し当てて取り除けます。

ガムテープ

シールを剥がしがうまくいかなかった時は、セロテープと同じようにガムテープの粘着部分を押し当てて取り除けます。セロテープよりガムテープの方が粘着成分が強く、テープ幅も広いので一気に落とせます。

消しゴム

シールを剥がしがうまくいかなかった時は、消しゴムをあてて落とす方法があります。しかし、広い範囲はちょっと面倒なので、小さなラベル跡に向いている方法です。

クレ556

シールを剥がしがうまくいかなかった時は、サビ止め剤に使用するオイルですが、シールの剥がし残しにも使えます。

サビ止め剤に使用するオイルをスプレーした後、シールのベタベタ部分がジェリー状態になるので、少しずつ1箇所に集めて取り除きます。

ZIPPOオイル

シールを剥がしがうまくいかなかった時はは、100均で売っているライターオイルもシールのベタベタを落とすのに効果があります。

シール剥がしスプレーがオススメ

シール剥がしスプレーがオススメ
シール剥がしスプレーがオススメ

紹介したとおりシール剥がしは、自宅にあるものでも代用できます。しかし、効果がなかったり、失敗して逆に汚くなってしまったという経験談も多いです。

シール剥がし専用スプレーを使えばすぐに落ちて、500円程度で購入できます。ススメのシール剥がしグッズを5つ紹介します。

スリーエムのスプレータイプの商品です。貼ってから年数のたったシールでもキレイに剥がれます。

スプレータイプのシール剥がし剤です。広範囲にスプレーできるので便利!紙製品にも使えます。

爪や手でシールを剥がすより、ヘラを使うとキレイに剥がれます。

スプレータイプのシール剥がし剤とヘラがセットになっている商品です。

超強力という商品名どおり、強粘着のシールでもキレイに剥がしてくれます。

シール剥が剥がせない時は業者に依頼しよう

今回はシールの種類別にシール剥がし方法や、おすすめグッズを紹介しました。自分で色々試したけど、結局「シールがうまく剥がれない…」「自分でシールを剥がすのは面倒」という人は、ハウスクリーニング業者にシール剥がしを頼んでみてはいかがでしょうか?

ハウスクリーニング業者に、シール剥がしを依頼する人は結構多いそうです。小さな子供がたくさん貼ったものだと範囲も広く自分でするのも大変です。
業者に依頼してのシール剥がししてもらうと料金は1箇所300円~500円程度です。業者によってはシール剥がし単体での依頼は受け付けておらず、オプションで依頼できるところもあります。ハウスクリーニング1部屋の料金相場は、20,000円程度です。

業者用の洗剤とプロの技術で家具だけでなく、ガラスに貼られたシールや、壁に貼ってあるシールもキレイに剥がしてくれます。諦めていたシールもキレイに剥がしてくれるので、部屋全体が蘇ります。

まとめ

  1. シール剥がしは家庭にある様々なものでできる
  2. シール剥がしで効果があったもの、なかったものを参考にやってみよう
  3. シール剥がしを失敗してベタベタが残ったらセロテープやガムテープ、消しゴムなどを使って対処しよう
  4. シール剥がしスプレーは500円程度で購入できて便利です

関連記事

ハウスクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ハウスクリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったハウスクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修:小森 一輝(こもり かずき)
監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?