ブラインドのホコリと黒ずみを掃除する方法!掃除後にブラインドをキレイに保つポイント

更新日:
ブラインドのホコリと黒ずみを掃除する方法!掃除後にブラインドをキレイに保つポイント

ブラインドの掃除前に素材を確認する

ブラインドの掃除前に素材を確認する
ブラインドの掃除前に素材を確認する

掃除前にブラインドの素材を確認しておきましょう。基本的な掃除方法は一緒ですが、素材によって注意点が異なります。

ウッド・バンブー

ウッド・バンブー製のブラインドは、水を使うと変色する恐れがあります。水分が残ったままだとカビが生えることもあるため、水を使う時は注意しましょう。事前に説明書をよく読み、お手入れ方法や注意点などを確認しておくといいでしょう。

布製のブラインドもウッド・バンブー製と同じで、水を使った掃除で変色したり、カビが発生したりする恐れがあります。説明書で掃除方法を確認しておくと安心です。

アルミ

アルミ製の場合は重曹やセスキ炭酸ソーダなど「アルカリ性」の洗剤を使うのがNGです。アルミ製はアルカリ性に弱いため、変色や腐食が発生する可能性があります。アルカリ性洗剤で掃除したら「マダラ模様になってしまった…」ということもあります。アルミ製ブラインドにアルカリ性洗剤を使うのは、ブラインドを傷める原因になるので避けましょう。

ブラインドは基本的に丸洗いできませんが、お風呂場用のものなど一部の製品は丸洗い可能です。丸洗いできると掃除もより簡単になるため、事前に説明書を読んで掃除方法や注意点などを確認しておきましょう。

簡単にブラインドのホコリを掃除する方法

簡単にブラインドのホコリを掃除する方法
簡単にブラインドのホコリを掃除する方法

ブラインドがそんなに汚れていない時は、以下の方法で掃除しましょう。横型・縦型どちらのブラインドもこの掃除方法でOKです。

準備物

  • ハンディモップ
  • クロス

手順

1

ハンディモップでホコリを取る

ブラインドの羽根は開いていても閉じた状態でもいいので、ハンディモップでホコリを取り除く。濡れた雑巾などを使うとホコリ汚れが広がってしまうためハンディモップや掃除機にブラシ付きのアタッチメントを付けてホコリを取る。

2

反対側のホコリを取る

片面の掃除が終わったら、羽根を反転させて反対側も同じように掃除する。

3

水拭きできる場合は水拭きする

水拭き可能な製品は水拭きする。クロスなどを使って羽根と羽根の間を優しく拭く。筆者は軍手を使って掃除していますが、クロスより細かく拭けるので軍手を使用するのもおすすめです。強い力で拭くと羽根が折れてしまうので注意する。

4

乾拭きする

水気が残らないように丁寧に乾拭きし掃除完了。

おすすめ

ちなみに、キッチンの近くに設置されることもあるアルミブラインドは、油汚れがつきやすいです。ですから、できるだけこまめに掃除するといいでしょう。

ブラインドの黒ずみ汚れを掃除する3つの方法

ブラインドの黒ずみ汚れを掃除する3つの方法
ブラインドの黒ずみ汚れを掃除する3つの方法

ブラインドに黒ずみ汚れが付いて目立つ場合は、少し丁寧に掃除しましょう。

100均のマイクロファイバー雑巾を使う

準備物

  • マイクロファイバー雑巾

手順

1

マイクロファイバー雑巾を水に濡らして、しっかり絞る

2

汚れが気になる部分を拭く

おすすめ

マイクロファイバー雑巾は何枚か持っていると他の掃除にも役立つので常備しておくといいでしょう。100均はもちろん、ホームセンターやスーパーなどで購入できます。

>>【参考】マイクロファイバー雑巾(カラー) - Daisoネットストア

掃除用洗剤を使う

頑固な黒ずみ汚れには掃除用洗剤を使うのも効果的です。洗剤を使う前にブラインドが洗剤を使用できるか確認しておきましょう。ブラインドの製品によっては洗剤が使えない場合があります。

準備物

  • 洗剤
  • 雑巾または掃除用クロス

手順

1

ブラインドの羽根を閉じた状態にする

2

洗剤を染み込ませた雑巾や掃除用クロスで汚れを拭き取る

3

水拭きと乾拭きして掃除完了

丸洗いできるなら取り外して洗う

丸洗い可能なブラインドであれば、取り外して丸洗いするのが1番簡単です。シャワーでサーっと流すだけで簡単にキレイになります。洗うだけで黒ずみが落ちない時は、その部分だけ掃除用洗剤を使って落としましょう。

ブラインドを掃除する時の3つの注意点

ブラインドを掃除する時の3つの注意点
ブラインドを掃除する時の3つの注意点

ブラインドを掃除する時は、以下の3点に注意してください。

使用する洗剤に注意する

掃除用洗剤を使用する場合は、ブラインドを傷めにくい「中性洗剤」がおすすめです。塩素系、酸素系漂白剤、研磨作用があるクレンザーや重曹などは素材の脱色や傷みの原因になります。製品によっても使っていい洗剤、ダメな洗剤が異なるので事前に説明書をよく確認しておきましょう。

ブラインドが折れないように掃除する

ブラインドの羽根が折れたり、曲がったりすると元に戻りません。羽根が折れないように優しく、丁寧に掃除しましょう。慌てて掃除すると思わず折ってしまうこともあるため、時間に余裕がある時に掃除できるといいですね。

ゴム手袋を着用する

ブラインドの羽根は意外に鋭いので、素手だと手指を切ってしまう恐れがあります。ちょっとした拍子で切れてしまうため危険です。ケガを予防するためにゴム手袋を着用するのは忘れないようにしましょう。

ブラインドの掃除後にキレイに保つポイント

ブラインドの掃除後にキレイに保つポイント
ブラインドの掃除後にキレイに保つポイント

ブラインドをキレイに保つには、静電気をカットしてホコリを付きにくくすることがポイントです。

柔軟剤を使う

静電気をカットする代表的な方法は、柔軟剤を使う方法です。

準備物

  • 柔軟剤
  • 雑巾または軍手

手順

1

水で薄めた柔軟剤を使う

掃除後に水で薄めた柔軟剤を雑巾や軍手などに染み込ませて、ブラインドを丁寧に拭く。これだけで静電気をカットできます。柔軟剤の他にお酢を利用する方法もありますが、ニオイのことを考えると柔軟剤がおすすめです。強い香りが苦手な方は、無香料の柔軟剤を使用するといいでしょう。

加湿する

空気が乾燥すると静電気が発生しやすくなります。ブラインドも静電気を帯び、ホコリやチリなどの汚れが付きやすくなります。乾燥対策には部屋を加湿するのがオススメです。湿度の目安は50%です。湿度が高くなると静電気をおさえられたり、ブラインドに汚れが付着するのを防止できます。

乾燥を感じたら加湿器を使ったり、洗濯物を室内干ししたりして湿度を上げる意識をしてみましょう。しかし、湿度が高すぎると結露が出てカビが発生しやすくなります。程よく湿度を上げることが大事です。

ブラインドの汚れが頑固で取れない時は業者に依頼しよう

今回はブラインドの掃除方法や注意点を紹介しました。自分でブラインドを掃除しても汚れが取れない時は、専門業者にハウスクリーニングをお願いするといいでしょう。

専門業者はその道のプロなので、頑固で取りづらい汚れもキレイにしてくれます。また、掃除の準備や後片付けを全てお願いできたり、ブラインド以外の場所の掃除をお願いできたりするので、掃除する時間がない方にもおすすめです。

ハウスクリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったハウスクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットライン

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?