アルカリ性洗剤とは?油汚れに効果がある!アルカリ性洗剤を使う注意点や使い方を紹介
更新日:

アルカリ性洗剤とは?油汚れに効果がある!アルカリ性洗剤を使う注意点や使い方を紹介

アルカリ性洗剤とは?

アルカリ性洗剤とは?
アルカリ性洗剤とは?

アルカリ性洗剤とは「アルカリ性」の性質を持つ洗剤のことをいいます。洗剤はph(ペーハー)という数値の大きさで「酸性」「中性」「アルカリ性」に分けられますが、その中でもphが8よりも大きい液体がアルカリ性洗剤になります。

phが8~11だと「弱アルカリ性」、phが11以上だと「強アルカリ性」に分けられます。数値が大きいほどアルカリ性の性質が強く汚れ落ちもよくなります。肌への刺激が弱い洗剤を選びたい場合は「弱アルカリ性」のもの、頑固な汚れを落としたい時は「強アルカリ性」のものを選ぶといいでしょう。

アルカリ性洗剤の1番の特徴は、酸性の汚れに強いということです。具体的にはキッチンの油汚れや焦げ付き、リビングやドアについた手垢汚れなどに効果的です。酸性の汚れにアルカリ性の洗剤をかけることで汚れが溶け、頑固な汚れも簡単に落とせるようになります。家の汚れの多くは酸性汚れのため、アルカリ性の洗剤があると何かと便利です。

水垢などアルカリ性の汚れには効かないので注意しましょう。アルカリ性の汚れには酸性であるクエン酸の方が効果的です。

クエン酸で家中掃除できる!クエン酸でシンク、お風呂、排水口掃除する6つの方法
家の掃除に便利と言われているのが「クエン酸」です。テレビや雑誌などで見たことはあるけど、市販の洗剤に比べて効果が弱いのでは?と疑問に思っていませんか?今回はクエン酸の効果や使い方や、実際の掃除方法について紹介します。クエン酸はドラッグストアや100円均一で購入できます。

筆者もアルカリ性の洗剤であるアルカリ電解水クリーナーを持っていますが、換気扇やコンロ周りについた油汚れがスムーズに取れるので重宝しています。ちなみに、塩素系漂白剤は強アルカリ性でアルカリ性洗剤の1つですが、こちらは汚れ落ち効果がより高いため、汚れやすい排水口の掃除や除菌におすすめです。

アルカリ性洗剤を使う時の注意点

アルカリ性洗剤を使う時の注意点
アルカリ性洗剤を使う時の注意点

ゴム手袋を着用する

人間の皮膚はたんぱく質でできているため、油を落とす力が強いアルカリ性洗剤で肌を傷める可能性があります。アルカリ性洗剤を使用する時はゴム手袋やビニール手袋を着用するようにしましょう。特に強アルカリ性である塩素系漂白剤は刺激が強いため、直接触ると皮膚が溶けることもあります。もし触ってしまった場合は、すぐに洗い流すようにしてください。

目に入ったらすぐに病院

目に入るととても危険です。最悪の場合失明する恐れがあるため、目に入ったらすぐに病院(眼科医)に行きましょう。アルカリ性洗剤がまぶたや顔についた時もすぐに洗い流してください。筆者の場合、高い場所などの掃除で洗剤が目に入りそうな時は、事前にメガネやゴーグルなどを着用するようにしています。それだけでも、だいぶ安心して掃除できます。

使う場所や素材に注意する

  • アルミ素材
  • 木製品
  • 水洗いや水拭き不可の場所
  • 柔らかい素材の家具や床
  • 塗装が傷んでいる場所
  • フッ素コート
  • タイル目地
  • 車やバイクなど

黒ずみやシミがついたり、変色したりする恐れがあるので上記の場所や素材はアルカリ性洗剤を使うのを控えましょう。その他の素材でも心配な時は、目立たない場所で一度試してから使いましょう。もしくは、安心して使用できる中性洗剤を使って掃除するのもいいでしょう。

アルカリ性洗剤は血液や油汚れが付いた服の洗濯に便利

アルカリ性洗剤は血液や油汚れが付いた服の洗濯に便利
アルカリ性洗剤は血液や油汚れが付いた服の洗濯に便利

アルカリ性洗剤は掃除に便利ですが、洗濯用洗剤にもアルカリ性のものが多くあります。アルカリ性洗剤の重曹やセスキ炭酸ソーダは洗濯にも使えます。セスキ炭酸ソーダの方が重曹よりも洗浄力があり、水に溶けやすいため洗濯にはセスキ炭酸ソーダの方が便利です。ただし、頑固な汚れには重曹ペーストで部分洗いするのがおすすめです。

アルカリ性洗剤は中性洗剤よりも洗浄力が高く落としづらい血液や油汚れ、皮脂汚れを落とすのにピッタリです。

血液がついた時は応急処置しよう!重曹やマジックリンで血液のシミを洗濯すれば落とせる
「ケガして出血したり…」「鼻血が出たり…」洋服についた時は、なるべく早く応急処置した方がいいのです。時間が経った血液の洗濯も諦めないでください。家の中にあるもので、時間が経った血液のシミもキレイに落とせます。今回は血液を洗濯する方法や注意点をまとめて紹介します。

つけ置きする方法

セスキ炭酸ソーダを使うと洗浄力がアップしたり、嫌なニオイを抑える効果があります。

準備物

  • つけ置きする容器
  • 重曹またはセスキ炭酸ソーダ

手順

1

容器にアルカリ性洗剤を入れる

重曹小さじ1杯またはセスキ炭酸ソーダ大さじ1杯を1Lのぬるま湯に入れてよく溶かす。汚れが気になる衣類を30分程度つけ置きする。

2

いつもと同じように洗濯する

衣類を取り出し、いつもと同じように洗濯する。

おすすめ

ペーストを作って洗濯する

準備物

  • 重曹
  • 中性洗剤

手順

1

ペーストを作り汚れが気になる場所に塗る

重曹と水を混ぜてペーストを作る。そこに少量の中性洗剤を混ぜる。汚れが気になる部分にペーストを塗り30分程度放置する。

2

いつもと同じように洗濯する

時間が経ったら衣類を軽く洗い、その後いつもと同じように洗濯する。

おすすめ

アルカリ性洗剤は洗浄力が高い分、洋服によっては色落ちや傷みが発生する恐れがあります。大切な洋服や色落ちしやすい洋服は、中性洗剤やデリケート用の洗剤を使うのをおすすめします。

また、重曹には研磨作用があるためペーストにして使う時は傷みづらい洋服のみに使うようにしましょう。

アルカリ性洗剤をより効果的に使う方法

アルカリ性洗剤をより効果的に使う方法
アルカリ性洗剤をより効果的に使う方法

油汚れなど酸性の汚れに強いアルカリ性洗剤ですが、少しの工夫でより効果的に使えます。

掃除する時にクエン酸と一緒に使う

アルカリ性洗剤である重曹は、酸性のクエン酸を混ぜて使うと発泡して泡になります。これは化学反応が起こることで二酸化炭素が発生するからです。この発泡によって汚れがよく落ちるようになったり、嫌なニオイを抑えたりします。洗面所やキッチンの排水口掃除におすすめの掃除方法です。

準備物

  • 重曹
  • クエン酸

手順

1

排水口に重曹とクエン酸を振りかける

排水口に重曹とたっぷり振りかける。重曹の上からクエン酸を振りかけて水を少しずつかけて発泡させる。

2

排水口を水で流す

10分~20分程度し、最後に排水口に水を流して掃除完了。

おすすめ

ラップでパックして使う

壁などすぐに洗剤がたれてきてしまう場所の掃除には、セスキ炭酸ソーダをラップでパックして使うといいでしょう。この掃除方法はなかなか落ちないシール剥がしにもおすすめです。

準備物

  • スプレーボトル
  • セスキ炭酸ソーダ
  • ラップ

手順

1

セスキ炭酸ソーダ水を作る

スプレーボトルにセスキ炭酸ソーダ小さじ1~2杯と水500mlを入れてよく混ぜる。

2

セスキ炭酸ソーダ水をスプレーする

汚れが気になる場所にセスキ炭酸ソーダ水をスプレーし、すぐにラップをかけてパックした状態にする。

3

最後に水拭きする

10分~20分程度そのまま放置して、最後に水拭きしたら完了。

おすすめ

筆者は重曹やセスキ炭酸ソーダを常備しているので、以上の方法で掃除します。1番いいのは洗剤特有のニオイや嫌なニオイが発生しないことです。重曹やセスキ炭酸ソーダを使った掃除はペットや、小さいお子さんがいるご家庭にもいいでしょう。念のため掃除する時は換気扇を回したり、窓を開けるなど換気するのを忘れないようにしましょう。

自分で汚れを落とせない時は、専門業者にお願いしよう

今回はアルカリ性洗剤の特徴や注意点、効率的に使う方法を紹介しました。長年蓄積した汚れや、頑固な汚れはアルカリ性洗剤を使って自分で掃除してもキレイにならない時があります。そんな時は専門業者にハウスクリーニングをお願いするといいでしょう。専門業者はその道のプロなので、自分でキレイにするのが難しい頑固な汚れもキレイにしてくれます。

また、掃除の準備や後片付けまで全てお願いできるため、仕事や育児などに忙しい方にもおすすめです。

ハウスクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ハウスクリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったハウスクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?