お風呂の排水口(排水溝)の悪臭を徹底的に掃除する方法から臭いを予防するグッズのまとめ
更新日:

お風呂の排水口(排水溝)の悪臭を徹底的に掃除する方法から臭いを予防するグッズのまとめ

お風呂から悪臭する原因は排水口だけではない

お風呂から悪臭する原因は排水口だけではない
お風呂から悪臭する原因は排水口だけではない

お風呂から異臭や悪臭がする原因は3つあります。排水口の汚れや詰まりが原因の場合が多いです。排水口に異常があると水垢汚れがたまりやすくなったり、異物が詰まって下水が逆流してくることもあります。

  • お風呂の排水口が原因で悪臭がする
  • 風呂釜が原因で悪臭がする
  • お風呂の換気扇が原因で悪臭がする

お風呂の悪臭の原因は大きくわけてこの3つです。ほとんどの原因は排水口ですが、臭いの種類によて風呂釜や換気扇が原因の場合があります。

お風呂の排水口からドブ臭いにおいや、下水のような悪臭がする場合は排水管にたまった汚れです。お風呂の排水管は髪の毛や皮脂、アカ、石けんカス、水垢などの汚れが流れます。これらの汚れがカビや殺菌を繁殖させぬめりが発生します。

ぬめりは放置しておくと塊となり取れなくなるので早めの掃除が必要です。これらが年月を重ね蓄積された結果、排水の流れが悪くなり悪臭がします。汚れを掃除せずにそのまま放置すれば、行き場のなくなった排水が逆流することもあります。

排水管は他の排水管ともつながっており、キッチンなどに臭いがまわってくることもあります。逆にお風呂のにおいがキッチンにまわってしまうこともあります。お風呂の排水口のにおいが気になる時は、お風呂場だけではなくキッチンの汚れも確認してみるといいでしょう。

お風呂の排水口と排水管を掃除して悪臭を断つ方法

お風呂の排水口と排水管を掃除して悪臭を断つ方法
お風呂の排水口と排水管を掃除して悪臭を断つ方法

お風呂の排水口のにおいを断つには、排水口と排水管を掃除することが大切です。

排水口を掃除して臭いを断つ方法

準備物

  • 重曹(粉末)
  • クエン酸(粉末)
  • スポンジ
  • 割り箸
  • 古歯ブラシ

手順

1

お風呂の排水口パーツをすべて外す

お風呂の排水口についているパーツをすべて外す。排水口のフタや、ヘアーキャッチャーなどパーツを取る。

2

排水口のパーツの汚れをスポンジでこすり洗いする

お風呂の排水口パーツに付いたホコリや、髪の毛をあらかじめ取っておく。落ちにくい汚れはスポンジや古歯ブラシでこすり洗いする。重曹をふりかけてこすり洗いすると汚れが落ちやすいです。

3

排水口の汚れやゴミを取る

排水口に割り箸を入れて、髪の毛などのゴミを取る。

4

重曹(粉末)とクエン酸(粉末)を排水口に振りかける

排水口に重曹1カップを振りかける。その上からクエン酸を小さじ2杯を振りかけて、お湯を1カップ程度かけると発泡してくる。そのまま30分程度放置する。

5

シャワーを使って排水口をお湯で洗い流す

排水口にシャワーでお湯をかけてしっかり洗い流してから、排水口パーツを元にして完了。

排水管の掃除方法

お風呂に入った後にオススメの排水管掃除方法は、市販のパイプ洗浄剤を使えば簡単に掃除できます。パイプ洗浄剤のほとんどが塩素系なので使用する時は取り扱いに注意したり、換気したりしましょう。

排水口掃除しても臭い残りがある時はつけ置き掃除

排水口掃除しても臭い残りがある時はつけ置き掃除
排水口掃除しても臭い残りがある時はつけ置き掃除

排水口は3つの構造になっています。

  • 1つ目は排水口のフタ
  • 2つ目はゴミ受け
  • 3つ目は封水筒

この3つ目の封水筒というのは、下水からの臭いを防いでくれる役割があります。封水筒に水がなくなってしまうと下水からの臭いを防げなくなります。封水筒には常に水をためておく必要があります。

封水筒は取り外しできるので封水筒を取り外して、重曹とクエン酸につけ置き掃除しましょう。

準備物

  • 重曹(粉末)
  • クエン酸(粉末)
  • スポンジ

手順

1

お風呂の排水口の封水筒を回して取り外す

お風呂の排水口の中にある封水筒は、左(反時計回り)に回せば外せます。

2

排水口を重曹(粉末)とクエン酸(粉末)を振りかける

重曹(粉末)50gとクエン酸(粉末)を小さじ1杯を封水筒に振りかけて、60℃程度のお湯をかけて30分程度放置する。

3

シャワーを使って排水口を洗い流す

スポンジで封水筒をこすり洗いして、シャワーで洗い流し元に戻して完了。

封水筒を掃除することで取れなかった臭いも取れる場合があります。

お風呂の排水溝の臭いを予防するグッズ

お風呂の排水溝の臭いを予防するグッズ
お風呂の排水溝の臭いを予防するグッズ

お風呂の排水口のにおいを防ぐには原因になる物質をなるべく排水管に流さない、貯めないようにすることが大切です。お風呂やキッチンの排水口には必ずゴミ取りネットをつけて、髪の毛や石けんカスなどのゴミを排水管に流さないようにして、こまめに交換しましょう。

キッチンの排水口はフライパンや食器を洗う前に新聞紙やキッチンペーパーなどで油を拭きとるようにしましょう。排水口に油を流すとゴミがたまりやすくなるだけではなく、においが発生しやすくなったりします。お風呂のにおい予防のためにも、キッチンの排水口もキレイに保ちましょう。

におい予防のために石けんカスや髪の毛、油などのゴミや汚れを排水口や排水管に流さないことが大切です。

追い焚きすると生臭い時は風呂釜を掃除しよう

追い焚きすると生臭い時は風呂釜を掃除しよう
追い焚きすると生臭い時は風呂釜を掃除しよう

風呂釜とは浴槽にたまった水を沸かして、お湯にする機能器具です。操作ボタンに「追い焚き」と書いていると風呂釜があると思って下さい。風呂釜にもタイプがあり一つの穴タイプや、二つ穴タイプがあります。それぞれの風呂釜タイプに合った掃除方法を試しましょう。

一つ穴タイプの風呂釜を掃除する方法

準備物

  • 酸素系漂白剤

手順

1

浴槽に水をためる

浴槽に穴の上10cm程度まで水をためる。昨日の残り水でも大丈夫ですが、入浴剤が入っていない残り水を使う。

2

酸素系漂白剤を浴槽に入れてお風呂を沸かす

ためた水に酸素系漂白剤を入れて、かき混ぜて水を沸かしてお湯にする。40℃程度まで温めたら1~2時間程度放置する。

3

お湯を抜いてからすすぎ洗する

浴槽の冷めたお湯を沸かしてからお湯を抜く。最後に風呂釜の穴を水ですすげば掃除は完了。

おすすめ

二つ穴タイプの風呂釜を掃除する方法

準備物

  • 酸素系漂白剤
  • タオル

手順

1

風呂釜の下の穴をタオルでふさぐ

二つ穴タイプの場合は、風呂釜の下の穴をタオルでふさぎ上の穴から酸素系漂白剤を入れる。

2

風呂釜の上の穴からお湯を入れて放置する

上の穴から60℃前後のお湯を注ぐ。この時にお湯に注意しながら入れましょう。その後1時間程度放置する。

3

風呂釜の下の穴を外してお湯を沸かす

風呂釜の下の穴を塞いでいたタオルを外して中の水を抜く。浴槽に水を上の穴の10cm上までためてからお湯を沸かす。沸かしたお湯を30分程度放置してから水を抜く。最後に穴を水ですすげば完了。

おすすめ

>>【参考】プロの風呂釜洗浄の業者の一覧

カビ臭い時は浴室換気扇を掃除しよう

カビ臭い時は浴室換気扇を掃除しよう
カビ臭い時は浴室換気扇を掃除しよう

お風呂の換気扇掃除は部品を取り外したり、やや大がかりな作業なので不安を感じる人もいるかもしれません。取り外しや組み立てに失敗して、換気扇を壊してしまうと特殊なパーツが多いため修理代が高くつく可能性が高いです。自信がない人は無理して掃除せず業者に依頼するのも一つの手です。

準備物

  • 中性洗剤
  • ドライバー
  • 掃除機
  • 爪楊枝(または竹串)

手順

1

浴室換気扇の電源またはブレーカーを切る

感電や故障を防止するため必ず電源を切ってから掃除する。電源がわからない場合はブレーカーを落とす。

2

浴室換気扇のパーツを外す

浴室換気扇の主なパーツはカバー、シロッコファン、ドラムの3点です。カバーのねじをドライバーでゆるめて取り外す。シロッコファンという部品は中央のナットをゆるめれば大抵の場合外れる。カバー、シロッコファンは中性洗剤を吹きかけ洗い流す。

3

掃除機を使って汚れを吸い取る

お風呂換気扇の本体といえるドラムはブラシでホコリを落としたり、掃除機で汚れを吸い取る。細かい所に詰まったホコリは爪楊枝や竹串を使って落とす。

4

お風呂の換気扇パーツを乾燥させて元に戻す

お風呂の換気扇パーツを乾燥させて、元の位置に戻して完了。

お風呂が汗臭い時は壁や床のぬめり汚れを取り除こう

お風呂が汗臭い時は壁や床のぬめり汚れを取り除こう
お風呂が汗臭い時は壁や床のぬめり汚れを取り除こう

準備物

  • 重曹(粉末)
  • クエン酸(粉末)
  • 空のスプレーボトル
  • スポンジ
  • サランラップ

手順

1

お風呂の床に重曹(粉末)をたっぷりまく

浴室の床に重曹をまんぜんなく撒きましょう。

2

クエン酸を使ってクエン酸水スプレーを作る

空のスプレーボトルに水を200mlと、クエン酸を小さじ1杯を入れて混ぜると完成です。完成したクエン酸水スプレーを床にまいた重曹に吹きかける。

3

サランラップを使って上から貼ってパックする

重曹とクエン酸が化学反応を起こしている部分が空気に触れないように、ラップで覆い20~30分程度放置する。頑固な汚れの場合は1時間程度放置する。

4

スポンジを使って浴室の床をこすり洗いする

ラップをはがしてスポンジで床をこすり洗いして、洗い流して完了。

お風呂の排水口の臭いが取れない時は業者に依頼しよう

今回はお風呂の排水口の臭いを断つ方法を紹介しました。お風呂の排水口が臭い時は、まず重曹とクエン酸で掃除してみましょう。お風呂のアイテムも活用してみるのもいいですね。

それでもニオイがするという場合は、私たちではどうしようもできません。下水道自体がニオイの原因になっていることもあります。素人が下水道を見てもよくわからないので、業者に依頼して見てもらい掃除してもらいましょう。

一度キレイにしてもらえば、後は自分で毎日掃除するようにすればいいので臭いもスッキリして汚れもキレイにできます。

まとめ

  1. お風呂の悪臭の原因は大きくわけて3つ。排水口の臭いには重曹とクエン酸が効果的です
  2. お風呂の排水溝の臭いがなかなか取れない時はつけ置き掃除しよう
  3. 排水口の臭いを予防するグッズを活用して快適な入浴時間を過ごそう
  4. お風呂の風呂釜から臭う場合は酸素系漂白剤を使って掃除しよう
  5. お風呂の換気扇が臭い時は中性洗剤を使って掃除してみよう

お風呂(浴室)クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

お風呂(浴室)クリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったお風呂(浴室)クリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修:小森 一輝(こもり かずき)
監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?