エアコンのカビ問題!エアコンにカビが生える原因からカビ取りする方法まで紹介
更新日:

エアコンのカビ問題!エアコンにカビが生える原因からカビ取りする方法まで紹介

エアコンにカビが生える原因は?

エアコンにカビが生える原因は?
エアコンにカビが生える原因は?

カビが生える原因を把握しておくと適切にカビ予防ができます。室内を清潔に保ちたい人しっかりと確認しておきましょう。

温度20~30℃

カビは20~30℃の気温で多く発生します。そのため暑い季節や寒い季節に関係なく、人が過ごしやすい温度で生えやすい特徴があります。暖かい気候はカビがさらに繁殖する可能性が高いです。エアコンで過ごしやすい室温に調節することが、エアコンにカビが生える原因にもなっています。

湿度60%以上

カビは湿度が高い環境を好みます。湿度が60%以上の環境になるとカビが活発になり始めます。キッチンや浴室など、湿度が高まりやすい場所でカビが多く発生します。また、梅雨の季節や暑い夏など、湿気がこもりやすい時期にもカビが生える可能性があります。湿度が高くなりやすい場所には、カビ予防のためにも定期的な換気や除湿が必要です。

ホコリなどの汚れ

カビはホコリや髪の毛などの汚れを栄養分として繁殖します。そのためホコリがたまっている場所にカビが発生し、ホコリをエサとして急速にカビが広がります。少しでもカビの繁殖を防ぎたい場合は、日常的にホコリなどの汚れを取り除く必要があります。

エアコンに生えるカビの種類や生えやすい箇所

エアコンに生えるカビの種類や生えやすい箇所
エアコンに生えるカビの種類や生えやすい箇所

エアコンに生えるカビの種類

エアコンに生えるカビのほとんどが黒カビです。エアコンの内部を確認して黒色の斑点のような汚れがあれば、黒カビが発生している可能性があります。黒カビが繁殖すると白色のエアコンも内部が真っ黒になってしまいます。

カビが生えやすい箇所

エアコンの中でカビが発生しやすい箇所は送風のファンと風を送り出すフィン、そしてドレンパンです。ドレンパンとは室温調節により結露が発生した時に、水滴の受け皿になる部分です。結露による水滴が外部に流れ出ずドレンパンにたまり、湿気や汚れがたまるとカビが発生します。

自動清掃するエアコンにもカビは生える

最近では自動清掃してくれるエアコンが増えており、エアコン掃除の手間が省ける便利な商品です。しかし、密閉性が高い自動清掃のエアコンはカビが繁殖しやすいです。完全自動清掃のエアコンでもダストボックスを小まめに掃除するなど、清潔に使うためのお手入れを心掛けましょう。

自分でできるエアコンのカビ取り方法

自分でできるエアコンのカビ取り方法
自分でできるエアコンのカビ取り方法

準備物

  • 掃除機
  • 中性洗剤
  • タオル
  • アルコール消毒液

手順

1

フィルターを取り外す

フィルターを取り外して掃除機で汚れを吸い取り、シャワーで洗う。フィルターにカビが生えている場合は、アルコール消毒液で除菌する。水分を残さないようにしっかりと乾かしてからフィルターを取り付ける。

2

エアコンの吹き出し口を拭く

エアコンの吹き出し口は中性洗剤を含んだタオルで拭き、最後に水を含んだタオルで洗剤成分を拭き取れば完了。しっかりと除菌したい場合は、アルコール消毒液を吹きかけたタオルで拭き掃除する。

詳しくはエアコンフィルターの掃除方法や掃除頻度についてまとめた記事をご覧ください。

冷房の効きが悪いならエアコンフィルターを掃除しよう!月1回はフィルター掃除
冷房の効きが悪いと感じる時はエアコンフィルターの汚れや、詰まりが原因かもしれません。フィルターを自分で掃除する時は気をつけるポイントがあります。今回はエアコンフィルターの掃除方法や掃除頻度を紹介します。

自分でエアコンのカビ取りする時は、内部まで手を付けないことが大切です。細かい部分まで掃除しようとすると繊細な部品を壊してしまう可能性があります。自分でカビ取りする時はフィルターや吹き出し口の掃除だけにして、残りの部分はプロの業者に依頼するのが安心です。

エアコンのカビを予防する3つのポイント

エアコンのカビを予防する3つのポイント
エアコンのカビを予防する3つのポイント

エアコンのカビを予防するポイントを紹介します。簡単にできる事ばかりなので、日頃から心掛けましょう。

定期的にフィルター掃除する

エアコンフィルターは気が付けば大量のホコリが付きます。面倒で放置しやすいフィルターですが、定期的に掃除して清潔に保ちましょう。エアコンを毎日使う季節なら2週間に1度はエアコンフィルターを掃除しましょう。

使用後は送風運転する

エアコンを使用した後に送風運転するだけでもカビ予防できます。運転を終了させた後に、自動で送風される商品もあります。商品によっては内部クリーン機能として備わっている機能です。そのような自動送風機能が付いていなければ、運転後に3~4時間の送風運転でエアコン内部を乾燥させます。簡単にできるカビ予防法なので、運転後の送風運転を心掛けましょう。

カビ予防アイテムを使う

エアコンのカビ予防に役立つ便利なアイテムが多く販売されています。エアコンの送風口に取り付ける商品や、エアコン専用の洗浄スプレーなど簡単にカビ予防や清掃ができる商品です。エアコン用の細長いハンディモップが販売されており、フィルター掃除に便利です。エアコンを清潔に保てるアイテムを揃えると気軽にカビ予防ができます。

エアコンのカビ取りを業者に依頼する料金相場は?

エアコンのカビ取りを業者に依頼する料金相場は?
エアコンのカビ取りを業者に依頼する料金相場は?

エアコンのカビ取りを業者に依頼すると、自分では手が届かない内部までキレイにしてもらえます。自分で細かい部分を掃除するとエアコンが故障する可能性があるため、知識のある業者に依頼するのがオススメです。エアコン内部をしっかりと洗浄すると電気代の節約や、長く使い続けられるメリットがあります。

業者に依頼する料金相場

エアコンのカビ取りを業者に依頼する費用は、エアコンの種類によって異なります。1台10,000円前後が料金相場ですが、自動清掃機能が付いたエアコンは20,000円前後になります。追加料金はかかりますがカビ予防などのオプションを追加できます。エアコン業界の繁忙期である5月~8月は通常よりも高額の費用が発生する可能性もあるため、費用を節約したい人は秋や冬のオフシーズンに依頼しましょう。

業者に依頼する頻度

エアコンのカビ取りを業者に依頼する頻度は2年に1回がおすすめです。季節を問わず1年中エアコンを稼働させている場合や、ペットと暮らすご家庭は1年に1回の頻度で依頼しましょう。2年に1回、家庭内のエアコンを全てまとめて依頼する方法もありますが、毎年家庭内のエアコンを半分ずつ依頼する方法もあります。

エアコンのカビ取りは業者に依頼しよう

今回はエアコンにカビが生える原因や、カビ取り方法を紹介しました。快適な暮らしに欠かせないエアコンは室温や湿度、ホコリなどの汚れによってカビが発生する可能性があります。日頃の予防対策とあわせてできることをしましょう。

また、2年に1度は業者にエアコンのクリーニングを依頼すると安心です。定期的なクリーニングでエアコンをキレイに保てば清潔な部屋で過ごせます。

エアコンクリーニング業者を探す時は、すまいのほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

エアコンクリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったエアコンクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?