エアコンが冷えない3つの原因!自分で解決できる対処方法と業者に依頼するべき原因のまとめ
更新日:

エアコンが冷えない3つの原因!自分で解決できる対処方法と業者に依頼するべき原因のまとめ

エアコンが冷えない時のよくある3つの原因

エアコンが冷えない時のよくある3つの原因
エアコンが冷えない時のよくある3つの原因

エアコンが冷えない原因はすぐに確認できる原因もあれば、業者の判断でなければ確認できない原因もあります。よくある原因を把握しておけば迅速に対応できるので参考にしてください。

室内機や室外機の汚れ

室内機や室外機の汚れが原因で、エアコンからぬるい風しか出ない場合があります。

エアコンは、室外機から室内機に空気を通して部屋を冷やす仕組みになっています。空気が通る部分に汚れがたまっていると風がスムーズに循環できず運転に支障がでます。

キレイな風を送るためだけではなく、エアコンが正常に稼働するためにも定期的に室内機や室外機を掃除しましょう。室外機にはカバーを取り付けておけば汚れから守れて安心です。

冷媒ガスの漏れ

エアコンの内部には冷媒ガスというガスが循環しています。その冷媒ガスが熱を運び、空気を冷やしたり温かくしたりすることで室温を調整します。

冷媒ガスが漏れると熱を運ぶ作業ができず冷たい風がでません。エアコン取り付けの失敗や、老朽化がきっかけで冷媒ガスが漏れることが多いです。引っ越しやエアコンの使用年数などから、心当たりがある方は冷媒ガスの漏れを疑いましょう。

エアコンの故障

エアコンが冷えない原因にガスを循環させる部品や、エアコンが正常に作動しているか確認するセンサーの故障も考えられます。エアコンの老朽化や引っ越しなどの付け替えによる衝撃で故障することもあり、部品の交換やエアコンの買い替えが必要です。

エアコンの汚れや冷媒ガスの漏れ以外の原因が考えられる場合は、業者に依頼して故障確認してもらいましょう。

エアコンが冷えない時は3つの確認しよう

エアコンが冷えない時は3つの確認しよう
エアコンが冷えない時は3つの確認しよう

エアコンが冷えないと感じたら原因や対処方法を判断するために確認すべきポイントがあります。業者を呼ぶ前に確認しておきましょう。

エアコンフィルターの汚れ確認

室内機のカバーを外すと空気を通すフィルターがあります。長年使用していると通過する空気に含まれるホコリがフィルターに引っかかりたまります。

フィルターの汚れはエアコンが冷えないと感じたら、自分ですぐに確認できます。原因を知るためにも、まずはエアコンのカバーを外してフィルターを確認しましょう。

室外機の動作確認

エアコンからぬるい風が出てくるなどの異常があると室内機の不調や状況を確認しやすいですが、室外機も忘れずに確認しましょう。エアコン操作した時に室外機のファンが動いているか、天候により室外機が凍ったり熱すぎたりしていないかなど確認しましょう。

部屋の広さにあったエアコン設置しているか確認

エアコンが正常に作動できる部屋の広さがあります。狭い部屋用の性能を持つエアコンを広い部屋に設置しているとエアコンの性能が発揮できません。

エアコンから出た空気が部屋中に行き届かず、冷えないと感じてしまいます。部屋に取り付けているエアコンと部屋の広さが合っているか取り扱い説明書などで確認しましょう。

エアコンが冷えない時に自分でできる2つの対処方法

エアコンが冷えない時に自分でできる2つの対処方法
エアコンが冷えない時に自分でできる2つの対処方法

エアコンが冷えない時に自分でできる2つの対処方法を紹介します。主に汚れが原因でエアコンが冷えない場合にできる対処法です。

エアコンフィルターを掃除する

フィルターにホコリがたまっていることが原因でエアコンが冷えない場合は、フィルター掃除することで解消されます。

毎日エアコンを使用するシーズンなら2週間に1回の頻度での掃除が必要です。フィルターの掃除なら自分でも簡単にできます。エアコンを使用しない時期は清掃業者にエアコン内部を洗浄してもらうと、翌シーズンも安心してエアコンを使えますよ。

室外機周辺を掃除する

室外機の周りに障害物があれば、室外機の動きが悪くなりエアコンが冷えない可能性があります。障害物とは植木鉢や不用品などだけではありません。

室外機の周りに生い茂った雑草も室外機の働きを妨げる原因になります。室外機の周辺には、物や雑草がない状態にしましょう。

ガス漏れとエアコンの故障は業者を呼ぼう

ガス漏れとエアコンの故障は業者を呼ぼう
ガス漏れとエアコンの故障は業者を呼ぼう

エアコンの汚れや室外機周辺の問題もなければ、エアコン修理業者を呼びましょう。繁忙期には修理業者を呼んでもすぐに来てもらえないこともあります。業者への修理依頼はなるべく早めに連絡しましょう。

冷媒ガスの漏れ

冷媒ガスが漏れている場合は、エアコン修理業者に依頼するしかありません。冷房を15分ほど作動させ、室外機に繋がっているパイプに霜が付いている場合は冷媒ガスの漏れが考えられます。

冷媒ガスが漏れると空気中の熱が正常に運搬されなくなります。急激に冷却され通気口から水が垂れてくることがあります。冷媒ガスの漏れが考えられる場合は、すぐに修理業者を呼びましょう。

エアコンの故障

冷媒ガスの漏れだけではなく、エアコンの部品やセンサーが反応しなくなる場合にも業者に見てもらう必要があります。部品を交換するだけでいいのか、エアコンを丸ごと買い替える必要があるのかという判断は自分では難しいです。

自分で無理にエアコン内部を触ると、正常だった部分まで壊してしまう恐れもあります。早く快適な部屋で過ごすためにも、故障の疑いがあれば早めに業者を手配しましょう。

エアコンを買い替える2つの目安

エアコンを買い替える2つの目安
エアコンを買い替える2つの目安

エアコンが冷えない原因によっては、修理ではなくエアコンの買い替えが必要なケースもあります。そこでエアコンを買い替える目安を紹介します。

エアコンの寿命を考える

エアコンの寿命は一般的に10年と言われています。毎シーズン正常に作動していれば、エアコンの寿命を意識することは少ないかもしれません。

エアコンが壊れてから買い替え手配するとなると、なかなかエアコンが届かない可能性も考えられます。エアコンが必要となるシーズンは入荷や取り付けの予約が取りにくく、エアコンがない部屋で過ごす期間が長くなることが多くあります。エアコンの寿命を意識して、完全に使えなくなる前に買い替えを検討しましょう。

エアコンと部屋の広さに合っていない

エアコンの性能と部屋の広さが合っていない場合は、どれほどエアコンが正常に作動していても部屋は冷えません。改めて部屋の広さを確認し、適した性能を持つエアコンに買い替える必要があります。

エアコンの性能と部屋の広さが合っていない時は、エアコンが冷えないだけではありません。エアコンの性能に対して部屋が狭すぎても広すぎても、電気代が高くなるデメリットもあります。エアコンを購入する時は、部屋の広さとエアコンの性能が一致する商品を選びましょう。

エアコンが冷えない時は業者に相談しよう

今回はエアコンが冷えない原因と自分で対処できる方法を紹介しました。エアコンのフィルターや室外機の状況など、すぐに原因が判明して対処できることあります。

しかし、業者に依頼しないと解決しないこともあります。エアコンを毎日使うシーズンは業者も繁忙期になり、修理予約がすぐに取れないことも考えられます。日頃からエアコンの掃除や寿命を意識して、壊れてしまう前に買い替えや部品の交換を心掛けましょう。

関連記事

エアコンクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

エアコンクリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったエアコンクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?