自分でエアコン掃除!エアコン洗浄スプレーの種類から正しい使い方まで紹介
更新日:

自分でエアコン掃除!エアコン洗浄スプレーの種類から正しい使い方まで紹介

エアコン洗浄スプレーは4種類ある

エアコン洗浄スプレーは4種類ある
エアコン洗浄スプレーは4種類ある

エアコンから吹き出す空気に嫌な臭いを感じたり、吹き出し口の汚れが目立ってきたと思ったら、それはエアコンの掃除のサインです。

最近は自分でエアコンを掃除する時に便利に使える、エアコン洗浄スプレーが多種販売されるようになりました。エアコン洗浄スプレーの種類は大きく分けて4種類あります。

エアコンフィルターの洗浄スプレーの特徴

フィルター洗浄スプレーは、名前の通りエアコンのフィルターを洗浄する時に使うスプレーのことです。商品の数は少なく、インターネットなどで購入可能です。

エアコンフィルターに直接スプレーすると、泡になりフィルターにくっつきます。他に飛び散る可能性が高いのでスプレーする時は、外やお風呂場で使用しましょう。泡が消えれば水で洗い流せば、エアコンフィルターがキレイになります。

エアコンフィンの洗浄スプレーの特徴

フィンというのはエアコンのフィルターのさらに奥にある、薄い金属の部分のことをいいます。空気の温度調節してくれる役割です。エアコンのフィンは特にカビが生えやすくなっているので、定期的に掃除しキレイに保つことが大切です。

エアコンのフィンを掃除するのに使えるのが、フィン洗浄スプレーです。市販されているエアコン洗浄スプレーのほとんどが、このフィン洗浄スプレーです。

スプレーではないドレンホースクリーナーの特徴

ドレンホースとは配管のことをいいます。エアコンの水分を排出してくれるのですが、なかなか掃除しにくい場所です。ドレンホースクリーナーを使えば、簡単に掃除できます。エアコンの配管については下記の記事で詳しく紹介しています。

エアコンの配管パテは劣化します!雨漏りする前にエアコンの配管パテを付け直す方法
室外機をつなぐために、エアコンの配管を外に出す穴があります。その穴を塞ぐのに使うのが「配管パテ」です。エアコンの配管パテは劣化します。その影響で効きが悪くなる等の不具合が起きることがあります。今回はエアコンの配管パテを直す必要性や、パテを上手に付けるポイントを紹介します。

エアコンファンの洗浄スプレーの特徴

ファンというのはエアコンの空気の排出口から、見える部分のことをいいます。これが回転することによって空気を発生させてくれます。このファンのカビを取り除かないと、エアコンのカビ臭いにおいは取れないといわれています。この部分を掃除できのものをファン洗浄スプレーといいます。

商品の数は少なく、値段も他の洗浄スプレーより高めになっています。

フィルター洗浄スプレーの使い方

フィルター洗浄スプレーの使い方
フィルター洗浄スプレーの使い方

エアコンフィルタ―の掃除方法は、自分でやることを基本に考えられているので比較的簡単です。

準備物

  • 掃除機
  • エアコンフィルター洗浄スプレー

手順

1

エアコン本体のカバーを開けて掃除機でホコリを吸い取る

メーカーの説明書に従い、エアコンのカバーを開けるとフィルターが見えます。フィルターに付いたホコリを掃除機で吸い取る。

2

エアコンフィルターを取り外してホコリを掃除機で吸い取る

フィルターを取り外し、掃除機でフィルターの表から裏の順にホコリを吸い取る。

3

フィルター洗浄スプレーをフィルターに吹き付けて放置する

エアコンからフィルターを取り外し、フィルター洗浄スプレーを裏から表の順にスプレーしてしばらく放置する。汚れが浮いてきたらフィルターの裏から水を流し、乾燥させます。乾いたらエアコンに取り付けて完了。

エアコンのフィルタ―の掃除は比較的簡単にできます。掃除するとエアコンの効率がよくなるので、電気料金の節約にもつながります。

冷房の効きが悪いならエアコンフィルターを掃除しよう!月1回はフィルター掃除
冷房の効きが悪いと感じる時はエアコンフィルターの汚れや、詰まりが原因かもしれません。フィルターを自分で掃除する時は気をつけるポイントがあります。今回はエアコンフィルターの掃除方法や掃除頻度を紹介します。

フィンを掃除する前にやるべき4つの準備

フィンを掃除する前にやるべき4つの準備
フィンを掃除する前にやるべき4つの準備

エアコンのフィンを掃除するには、まず準備が大切です。汚れなどを周りに広げないようにしたり、エアコンは高い位置に設置してあるので、安全に掃除できるように準備が必要です。

準備物

  • ビニールシート
  • 脚立

手順

1

ビニールシートを使ってエアコンの下に敷いて養生する

エアコンの下にビニールシートを敷く。エアコン洗浄スプレーの洗剤などが下に垂れてくる場合があるので、床が汚れを防止するために敷く。

2

掃除する前に換気のため窓を開けたり、換気扇をまわしておく

洗浄するスプレーにもよりますが、臭いが強いものもあります。窓を開けて換気して安全面に掃除する。

3

エアコンの下に脚立を用意する(椅子も代用可能)

高い位置にエアコンはあるので、踏み台が必要です。一番安定するものは、脚立ですがない場合は椅子などで代用する。

4

エアコンの電源を切ってコンセントも抜いてブレーカーを落としておく

掃除中にエアコンが動き出すと危険です。忘れずにエアコンの電源を切りコンセントも抜いて完了。

フィン洗浄スプレーの使い方

フィン洗浄スプレーの使い方
フィン洗浄スプレーの使い方

エアコンのフィンを洗浄に活躍するのが、フィン洗浄スプレーです。エアコンのフィンは狭い隙間にホコリがたりやすく、空気が冷える時に発生する結露の水分でカビが生えたり、嫌な臭いの元になります。

準備物

  • 説明書
  • 掃除機
  • フィン洗浄スプレー
  • 綿棒

手順

1

エアコンのフィルターを外してから掃除機でホコリを吸い取る

フィルターを外した後に見える部分がフィンです。掃除機で汚れを吸い取る。フィンは繊細な部分ですので、慎重に扱いう。

2

掃除機を使ってフィンに付いたのホコリを慎重に吸い取る

フィルターを外したら、まず掃除機でフィンの隙間にたまったホコリを吸い取る。このとき綿棒や歯ブラシで優しくこするとホコリを吸い取りやすくなります。あまり力を入れすぎると簡単にフィンが曲がってしまい、エアコンの能力が落ちてしまいますので慎重に行いましょう。

3

フィン洗浄スプレーを使ってフィンに吹きかけて放置する

フィン洗浄スプレーをフィンにスプレーする。基本的にはスプレーをかけるだけですが、かける時に上下に動かしながらスプレーを全体に吹き付ける。スプレーする時は、5cm程度の距離をおいてスプレーする。あまり離れて吹き付けるとフィンの奥まで洗剤が届かないので注意する。

※フィン洗浄スプレーは必ず1本使い切りましょう。フィン洗浄スプレーを1本吹き付けたら、10分程度放置する。フィンの掃除は比較的簡単にできますよ。

ファンを洗浄する前に養生しよう

ファンを洗浄する前に養生しよう
ファンを洗浄する前に養生しよう

ファン洗浄スプレーを使用する時には、ゴミ袋や、テープ、ゴミ箱が必ずに必要になるので準備しましょう。エアコンのファンを掃除する前もエアコンのコンセント抜いて、窓を開けて掃除しましょう。

準備物

  • 45Lゴミ袋4~5枚
  • 養生テープ
  • ハサミ
  • バケツ

手順

1

エアコンの周りに汚水を流すために養生する

ファン洗浄スプレーはどうしてもスプレーをかけると、泡が外側にこぼれたり洗い流す際に大量の汚水が出ます。ゴミ袋とテープでエアコンの所に、こぼれてもいいような枠を作ななくてはなりません。エアコンの吹き出し口あたりから下に繋げて、エアコンの下に置いたバケツまで繋げましょう。エアコンからの汚水がバケツにたまるようにします。

おすすめ

ファン洗浄スプレーの使い方

ファン洗浄スプレーの使い方
ファン洗浄スプレーの使い方

準備物

  • 掃除機
  • ファン洗浄スプレー
  • 霧吹き

手順

1

エアコンのルーバーを外してブラシや掃除機で汚れを取る

ファンを掃除する時にはルーバーという吹き出し口にある動く板を外す。エアコンの種類によってルーバーの外し方は違うので取扱説明書を確認してから外す。外したルーバーはブラシや掃除機を使い軽く掃除するす。

2

ファン洗浄スプレーを使ってファン全体にスプレーする

ファン洗浄スプレーをファン全体にスプレーする。手で回転させながら全体にスプレーする。ファン洗浄スプレーを吹き付けて20分~30分程度放置する。

3

霧吹きに水を入れてファンに付いた洗剤を洗い流す

霧吹きに水を入れて、ファンをキレイに洗い流す。洗い流す時は、精密機械の部分に水がかからないように慎重にする。

4

エアコンのファンを乾燥させてる(送風機能)

ファンを洗い流した後は5分程度放置し乾燥させる。残りの洗剤などが流れ落ちなくなれば、送風機能を使いエアコン内部を乾燥させて完了。

洗浄スプレーを使わない方がいい3つの理由

洗浄スプレーを使わない方がいい3つの理由
洗浄スプレーを使わない方がいい3つの理由

火災の危険性がある

エアコン本体のかけてはいけない場所にスプレーをかける危険性があります。エアコンの電子機器は、特に電圧も高く火事の原因になってしまうことがあります。

自分で安くすませるために掃除しても、火事になってしまっては意味がありません。エアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)の使用は注意が必要です。

水漏れの危険性がある

エアコンない部位に汚れが詰まってしまう場合があります。洗浄スプレーの泡がエアコンの中に残ってしまたり、その泡に汚れがくっつきやすくなり、その結果ホースが詰まってしまい水が排出できなくなくなり水漏れの原因になります。

故障の原因になる

素人がやると間違ったところにエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)をかけてしまいその結果、詰まらせたりして故障してしまうことがあります。故障するとエアコンクリーニングをエアコンのクリーニング業者に依頼するよりも、料金が高くなってしまうので注意しましょう。

このようにエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)を素人が使うとなると、注意しなくてはならないことがたくさんあります。それでも自分でやるという人は細心の注意を払って、あくまでも自己責任で洗浄しましょう。

室内機だけではなく室外機も洗浄しよう

室内機だけではなく室外機も洗浄しよう
室内機だけではなく室外機も洗浄しよう

エアコンは室内機だけではなく、室外機も家の外に設置されています。室外機は室内の熱を取り込み室外機まで運び外に排出する役目があります。

重要な役目を持った室外機は風雨にさらされる室外設置を前提に作られています。エアコンの室外機の掃除はあまり考えなくていいといわれていますが、月に1回程度はエアコンの室外機を確認しておけば安心です。

室外機の周りを確認する

室外機に周りには枯れ葉や、クモの巣などがないか確認しましょう。内部に入り込むとファンが故障する原因になるのでブラシでかきだすか、掃除機で吸い取りましょう。

室外機の裏側を確認する

室外機の裏側も異物が絡まったり、ゴミが入っていたりしていると故障の原因になりますのでブラシを使って優しく取り除きましょう。

室外機の裏側の金属板はあまり力を入れすぎると、簡単にフィンが曲がってしまいエアコンの効率が落ちるので慎重にしましょう。

エアコンのドレンホースを確認する

室外機の近くにあるドレンホースは、室内機からの結露水を排出する大事なホースです。虫や砂埃が入りやすいので詰まっていれば、割り箸などでかき出しましょう。

エアコンの室外機については下記の記事で詳しく紹介しています。

エアコンが冷えないのは室外機が原因?室外機の掃除と日よけで解決する方法
「最近エアコンの効きが悪い…」と感じていませんか?エアコンの室内機を掃除しても冷房の効きがよくない場合は屋外に設置している室外機を掃除したり、室外機まわりの環境を整えるとことで排熱効率が改善するかもしれません。エアコンの効きがよくなると電気代が安くなるという利点も!室外機の掃除をしたことがない人や、エアコンが冷えにくいと感じている人はぜひご一読ください。

エアコン業者の使う洗剤は洗浄力がスゴイ

エアコン業者の使う洗剤は洗浄力がスゴイ
エアコン業者の使う洗剤は洗浄力がスゴイ

エアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)使い方を紹介しましたが、これ以上の掃除は素人には難しいようです。自分でやれば手間はかかりますが、費用をあまりかけずにすむのがメリットです。

エアコン専門業者に依頼すると、自分では掃除が難しいエアコンの内部のファンやフィンを掃除してもらえます。

専門業者のお話ではエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)は表面の汚れしか落ちなかったり、ホコリなどの汚れがドレインを詰まらせる原因になったりすることがもあるそうです。

費用をかけて専門業者にエアコンクリーニングを依頼すると、どこまでやってもらえるのでしょうか?
エアコン業者によりますが経験と技術をもった業者に依頼すれば、エアコンを分解し専用の洗浄器具を使って奥の奥まで新品同様にピカピカにしてもらえます。防カビや抗菌処理などもオプションで依頼できます。

エアコンのクリーニングをプロに依頼した!業者がエアコンクリーニングする流れと内容
「最近効きが悪い…」「なんだかカビ臭い」と感じはじめてプロの業者にクリーニングを依頼してみました。この記事では、業者にエアコンクリーニングを実際に体験した筆者が写真付きで内容を紹介します。プロに聞いたお掃除機能が付いているエアコンクリーニングについても紹介します。

エアコンの洗浄スプレーで落とせない汚れは業者に依頼しよう

今回はエアコン洗浄スプレーの種類や使い方を紹介しました。市販されているエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)は、フィン用がほとんどですが、最近はファンの掃除にも対応した洗浄スプレーも販売されています。

皆さんはエアコンの掃除は「自分でやる派」「業者さんにお願いする派」どちらですか?

筆者は自分でやる派です。フィルター掃除は月1回し、フィンを毎年使い始めの時期にエアコン洗浄スプレー(エアコンクリーナー)は使わず、掃除機でホコリを吸い取る作業します。そして2年に1回はプロの業者にエアコンクリーニングを依頼することにしています。

まとめ

  1. エアコン洗浄スプレーは大きく分けて4種類ある。それぞれの特徴を知ろう
  2. エアコン洗浄スプレーを使って掃除するには、どのタイプのスプレーでも養生やホコリの掃除などして注意点を守ろう
  3. エアコン洗浄スプレーを使わない方がいいと言われる理由は火災の危険性、水漏れの危険性、エアコンの故障の原因がある。使用するかどうか検討して自己責任で使おう
  4. エアコン洗浄スプレーの使用や掃除に悩んだら、プロの業者に依頼すると安心です

エアコンクリーニング業者を探す時は、すまいのほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

エアコンクリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったエアコンクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修:小森 一輝(こもり かずき)
監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?