スポットクーラーは業務用や家庭用がある!スポットクーラーの特徴や選び方のまとめ
更新日:

スポットクーラーは業務用や家庭用がある!スポットクーラーの特徴や選び方のまとめ

スポットクーラーとは?小型の空調器具です

スポットクーラーとは?小型の空調器具です
スポットクーラーとは?小型の空調器具です

スポットクーラーは別名「冷風機」「スポットエアコン」とも呼ばれる小型の空調器具です。スポットクーラーは置き型タイプが一般的で、移動しやすいようにキャスターや取っ手がついている機種が多く見られます。

狙った場所にピンポイントで涼しい風を送ったり、冷たい風を出せたりすることから扇風機とエアコンのいいところを取った製品といわれることもあります。

お店や工場などで使われるようなイメージがあるスポットクーラーですが、ご家庭でも使えます。一般家庭用のスポットクーラーも販売されているので、気になる方は一度調べてみるといいですね。スポットクーラーが気になるけど「自分に合うか分からない…」という人は、試しにレンタルしてみるというのも1つの方法です。

スポットクーラーは色々なメーカーから販売されていてサイズや料金、パワーなどは製品によって様々です。購入する場合は特徴を比較してから選びましょう。

スポットクーラーとエアコンは排気方法が違う

スポットクーラーとエアコンは排気方法が違う
スポットクーラーとエアコンは排気方法が違う

外の空気を吸い込み内部で冷たい風や温かい風に分けるという点は、スポットクーラーとエアコンは同じです。しかし、スポットクーラーとエアコンでは排気方法が違います。

エアコンは部屋を涼しくする場合、冷たい空気を室内に入れ温かい空気を部屋の外にある室外機から出します。部屋を温かくしたい場合は逆に温かい空気を室内に入れ、冷たい空気を室外機から出します。

スポットクーラーは室内機と室外機が一体化しているため、吐き出し口から冷たい風、本体の排気口から温かい風を出します。そのため排気口から出る温かい空気を室外に出す必要があります。そうしないと冷たい空気と温かい空気が同じ部屋にたまることになるので、部屋の温度を下げられません。

エアコンと同じように使いたい時は、排気ホースを使って熱い空気を室外に出し続けられるようにしましょう。少し手間はかかりますが、この手間をちゃんとすれば部屋を涼しくでき暑い夏を快適に過ごせます。

スポットクーラーを使う3つのメリット

スポットクーラーを使う3つのメリット
スポットクーラーを使う3つのメリット

エアコンが取り付けられない部屋でも使える

スポットクーラーの最大のメリットは、賃貸など様々な理由でエアコンの取り付けが難しい部屋でも使用できることです。設置工事が不要のため工事のスケジュールを調整する必要がありません。また、設置工事の費用がかからないのも嬉しいメリットです。

電源コードを差し込むだけで使用できるので、女性1人でも使い始められます。

省エネになる

エアコンを使うと部屋全体を冷やすことになるので電気代がかかります。スポットクーラーは冷やしたい場所や人、物をピンポイントで冷やせるので無駄な電気代をおさえられるためて省エネです。

局所冷房タイプのスポットクーラーは「自分は暑がりだけど他の家族は寒がりで困っている」という人にもオススメです。

屋内や屋外で使用可能

スポットクーラーは移動可能なので、屋内や室外のどちらでも使用できます。また、使わない時期はしまっておくこともできます。ほとんどのスポットクーラーにはキャスターが付いているので女性でも移動は簡単です。重量は重いため階段や段差を持ち上げる時は注意しましょう。

スポットクーラーを使う4つのデメリット

スポットクーラーを使う4つのデメリット
スポットクーラーを使う4つのデメリット

部屋全体の冷房や暖房には向かない

スポットクーラーはピンポイントで冷やしたり、温めるため部屋全体の冷房や暖房に使うには物足りません。部屋全体を冷やしたり温めたりしたい場合は、壁に取り付けるエアコンの方が適しています。

大きくて重い

小型の空調器具といわれているスポットクーラーですが重さは30kg程度あり、それなりのサイズです。壁に取り付けて使うエアコンと違いスポットクーラーは床に置いて使うため、狭い場所に置くと窮屈に感じてしまうかもしれません。

価格が高い

スポットクーラーはエアコンよりも冷房能力は劣りますが、価格は家庭用エアコンとあまり変わりません。設置工事の費用はかかりませんが、それなりにお値段はします。「予算よりも高くて買えない…」という場合は、レンタルや中古品を買うのも1つの方法です。

音が気になる

室外機も一体となっているスポットクーラーは、コンプレッサーの作動音などが響くように感じることもあります。賑やかな場所ならいいですが「夜は静かに寝たい」「集中して勉強したい」という人はエアコンの方がいいかもしれません。

スポットクーラーを選ぶ時の5つのポイント

スポットクーラーを選ぶ時の5つのポイント
スポットクーラーを選ぶ時の5つのポイント

電源を確認する

スポットクーラーの電源には100Vと200Vの2タイプがあります。一般家庭のコンセントは100V対応のものが多いので、家庭内で使う分には100Vのタイプで十分です。

しかし、200Vの方が消費電力をおさえられます。200V対応のコンセントがある場合は、200Vのタイプを検討してもいいでしょう。

排水処理の必要ないノンドレンタイプがオススメ

排水処理が面倒だと感じる人は、排水処理が不要のノンドレンタイプがオススメです。排水の手間が省けるので長時間使用しても安心です。

ノンドレンタイプ以外のスポットクーラーを選ぶ場合は、タンクの容量が大きいものを選ぶと排水処理の頻度を減らせます。

サイズや重さを確認する

置くスペースと製品のサイズを確認しておくと「大きすぎて圧迫感がすごい」「置きたい場所に置けなかった」などの失敗を防げます。キャスターが付いていないタイプを購入する場合は重さも確認しておきましょう。

他の機能を確認する

暖房や除湿機能、首振り機能など便利な機能が付いた製品もあります。どんな機能が付いているのかを事前に調べて、ご家庭のライフスタイルに合うものを選びましょう。

排気ホースがあるか確認する

スポットクーラーは排気ホースを使って温かい空気を室外に出すことで、室温が上がるのを防げます。締め切った部屋で使うのであれば排気ホースが使えるのか、排気ホースが同梱されているのか別売りなのかを必ず事前に調べておきましょう。

スポットクーラーのわからないことは業者に相談しよう

今回はスポットクーラーの特徴や、エアコンとスポットクーラーの違いについて紹介しました。スポットクーラーを長く使い続けるためには定期的にメンテナンスや掃除する必要があります。

徹底的に掃除する時は大がかりな分解が必要なので、個人でするのはオススメできません。細かい汚れが気になったり、しっかり掃除したいなら専門業者に依頼するといいでしょう。準備から後片付けまで全てお願いできるので、忙しい方にもオススメです。

まとめ

  1. スポットクーラーは「冷風機」「スポットエアコン」とも呼ばれる小型の空調器具のことです
  2. スポットクーラーはエアコンが使えない部屋でも使用できる、局所冷房で省エネ、屋内、屋外どちらでも使用可能というメリットがある
  3. スポットクーラーには、部屋全体の冷房や暖房には向かない、それなりに大きくて重い、価格が高い、音が気になるというデメリットもある
  4. スポットクーラーの特徴や選ぶ時のポイントを理解し、エアコンでわからないことは業者に相談しよう

エアコンクリーニング業者を探す時は、すまいのほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

エアコンクリーニングならすまいのホットライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのホットラインでは、高い技術を持ったエアコンクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修:小森 一輝(こもり かずき)
監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのホットラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

目次

記事を探す

すまいのホットラインについて
はじめての方へ
すまいのホットラインとは?