【衝撃】洗濯機から水漏れしてきた!応急処置と水の止め方を公開!

洗濯機から水漏れ!慌てる気持ちをおさえ、水漏れの場所を特定します。タオルで応急処置をして、水漏れの原因となる場所を修理。今回は、蛇口・給水ホース・洗濯機本体・排水周りの4つの水漏れの直し方と日頃から行っておきたい洗濯機の水漏れ予防法をご紹介します。

更新日:2018/09/27
 
【衝撃】洗濯機から水漏れしてきた!応急処置と水の止め方を公開!

いきなり洗濯機から水漏れしてきたら、ビックリしますよね?

日常生活で当たり前のように使っている洗濯機だから、それだけに故障やトラブルが起こった時は、慌ててしまうかもしれません。

洗濯機は水を使うんだから、「多少仕方がないんじゃない?」なんて、のんきなことは言ってられませんよね。

水漏れが止まらなければ、床は水浸しになり、床が傷んでしまったり、マンションやアパートの場合は、下の階の人に迷惑をかけてしまうことも考えられます。一刻も早く、何とかしなければいけませんね。

  • ほっとくん
    ほっとくん

    はじめまして。
    プロの技で、あなたを笑顔に!を本気で目指しているほっとクンと申します!
    今回は洗濯機の水漏れを、自分で直したいけど方法がわかない…と困っている人の助けになりたいと思っています!

まずは、水漏れ箇所を特定し、応急処置をしましょう。応急処置しておけば、落ちついて水漏れを止める作業に移れます。

今回は、洗濯機が水漏れする原因と、水漏れしやすい箇所、応急処置の方法をご紹介します。

>>洗濯機クリーニング業者の一覧

洗濯機の水漏れしやすい場所

洗濯機の水漏れしやすい場所
  • こまるちゃん
    こまる

    どうしよう…洗濯機から水が漏れているよ…(泣)


  • ほっとくん

    こまるクン、焦ってはダメだよ!
    洗濯機の水漏れしやすい箇所が4つあるから、僕が今から紹介するから、よく見て水漏れしている箇所を特定してね!!

1.蛇口周りは必ず確認する

蛇口周りは、疑わしい箇所がいっぱいあります。経年劣化により、壁の傷み、蛇口のナットのゆるみ、パッキンの劣化、ニップルのネジのゆるみなど、水漏れの原因になりやすい要因が盛りだくさんです。くまなくチェックしましょう。

2.給水ホースを確認する

給水ホース本体や、内部パッキンの劣化により水漏れしやすい箇所です。

3.洗濯機本体も確認する

洗剤投入口やゴミ取りフィルター、排水フィルターなどの掃除を怠っていると、各パーツが詰まってしまい、水が逆流してしまうことがあります。また、まれではありますが、洗濯槽自体の劣化や洗濯機内部の故障などの原因もあります。

4.排水周りも確認する

よくあるのは、排水ホース自体の劣化や、排水ホースと延長ホースや排水口のつなぎ目がしっかりはまっていないことによる水漏れです。また、排水口が詰まっていると、排水が逆流してしまうこともあります。

水漏れ箇所がわかれば、応急処置をする

水漏れ箇所がわかれば、応急処置をする

洗濯機のどこから水漏れしているかがわかれば、応急処置をして洗濯機からの水を止めましょう。

  • こまるちゃん
    こまる

    水漏れの勢いがすごくて、どこから水漏れしてるか、僕にはわからなかったよ…(泣)


  • ほっとくん

    そうだったんだね!水漏れがひどい場合には、応急処置で一旦水を止め、その後落ちついてから少しずつ水を流して水漏れ箇所を特定した方がいいよ!
    大量に水漏れすると焦ってしまい、水漏れしている箇所を見つけにくいよね。

用意するもの
  • タオル

手順1. 洗濯機を止める

洗濯機を運転中の場合は、洗濯機の運転を止め、排水しないようにする。

手順2. 蛇口を閉める

洗濯機につながっている水道の蛇口を閉めましょう。水の流れが止まれば、水漏れも止まります。蛇口を閉めて水を止めたにもかかわらず、蛇口の根本などから水漏れしている場合は、蛇口周辺に問題がある可能性が高いです。水道の元栓を閉めないと水漏れは止まりません。

手順3. 水を拭き取る

水が止まったら、修理に取りかかる前に、水浸しになったところを拭き取る。

本格的に洗濯機の水漏れを止める方法

本格的に洗濯機の水漏れを止める方法
  • こまるちゃん
    こまる

    なんとか水が止まったよ…。次はどうしたらいいの?


  • ほっとくん

    水が止まったらここから、いよいよ本番です!
    洗濯機の水漏れを止める作業をしよう!
    水漏れの箇所ごとに、止め方を紹介するね♬
    水漏れの場所がどこであっても、必ず水道の元栓を閉めて作業しましょう!

1.蛇口周りの水漏れの場合

用意するもの
  • モンキーレンチ
  • ウォーターポンププライヤー
  • 雑巾
  • 新しいパッキン

手順1. 蛇口から水漏れしている場合

蛇口のナットが緩んでいる場合、モンキーレンチを使ってナットを締め直すだけで、水漏れが止まります。ナットの締めすぎも良くないため、力加減に注意しましょう。

蛇口内部のパッキンが劣化している場合は、パッキンを交換が必要です。

手順2. パッキン交換が必要な場合

ウォーターポンププライヤーで、蛇口のハンドルを止めている水栓ハンドルビスを緩めて、水栓ハンドルを取り外す。

手順3. 蛇口のナットを緩める

モンキーレンチを使って、蛇口のナットを緩める。ナットを緩めると水が出てくるので、ナットを緩める前に、蛇口の下に雑巾を敷いておく。

手順4. 新しいパッキンに交換する

ナットを取り外すと古いパッキンがあるので、新しいパッキンに交換する。パッキンは種類が多いので、取り外した古いパッキンをホームセンターに持って行き、同じパッキンを選びましょう。

手順5. もとに戻す

新しいパッキンに交換したら、取り外した順と逆の手順で元に戻します。パッキンは締めすぎても良くないのですが、緩んでしまうと水漏れの原因になってしまいます。締め加減に気をつけましょう。

2.給水ホースからの水漏れの場合

給水ホースからの水漏れの場合
用意するもの
  • モンキーレン
  • ドラバー
  • バケツ
  • 雑巾
  • 新しい給水ホース

手順1. 洗濯機側の給水ホースを取り外す

給水ホースを取り外す時に、水が出てくるので、バケツや雑巾を用意しましょう。

手順2. 蛇口側の配給ホースを取り外す

モンキーレンチを使うか、ドライバーで4本のネジを緩めれば外れます。

手順3. 給水ホースのパッキンを確認

外した給水ホースのパッキンを確認し、付着したサビやゴミが原因であれば洗えば、水漏れが止まります。洗っても直らない場合は、給水ホースのパッキンの劣化が原因の可能性が高いので、新しいものと交換する。給水ホースを新しいものに交換しましょう。新しい給水ホースを購入する際は、長さに注意しましょう。余裕がある長さのものを選びましょう。

手順4. 給水ホースを交換する

新しい給水ホースを取り付けて完了。

ニップルとは、水道の蛇口と洗濯機の給水ホースをつないでいる部品です。ニップルから水漏れしている場合、新しいニップルに交換しましょう。

ニップルの交換方法は、蛇口の形状により異なりますが、モンキーレンチを使うか、ドライバーで4本のネジを緩めれば簡単に交換できます。どうせ交換するなら、ホースが外れてしまっても水が漏れないように、止水栓がついている自動止水栓に交換しておくと安心です。

3.洗濯機本体からの水漏れの場合

洗濯機本体からの水漏れの場合

洗濯機本体といっても、洗濯槽や洗濯機内部の故障が原因の水漏れは、素人の手に負えません。自分でできるのはパーツの掃除です。各パーツが汚れで詰まってしまうと、水漏れの原因になります。

用意するもの
  • 洗面器
  • ぬるま湯
  • 古歯ブラシ

手順1. 洗剤投入口

洗面器にぬるま湯を入れて、はずした洗剤ケースを5分浸け置きしし、汚れが落ちたら古歯ブラシでこすり洗いをする。

手順2. ゴミ取りフィルター

衣類などの糸くずなどのゴミが、溜まりやすい箇所です。こびりついた汚れは、水につけて古歯ブラシでこすり洗いをしてから、揉み洗いをするとゴミが取れやすくなります。

手順3. 排水フィルター

手で取れるゴミは取りだし、あとは水の中で水洗いします。このとき、古歯ブラシなどでこすり洗いをすると取れやすいです。

4.排水周りからの水漏れの場合

排水周りからの水漏れの場合
用意するもの
  • ビニールテープ
  • 新しい排水ホーズ

手順1. ビニールテープで補強

排水ホースやつなぎ目からの水漏れの場合、排水ホースや排水ホースの接続部分をビニールテープで補強する。

手順2. 新しい排水ホーズ

新しい排水ホースの長さや、差込口の経口をハサミで切って調整するしはめ込むと完了。

5.排水口の詰まりが原因で排水が逆流している場合

排水口の詰まりが原因で排水が逆流している場合
用意するもの
  • パイプクリーナー
  • 洗面器

手順1. 排水ホースを取り外す

排水ホースを取り外して、排水口のゴミを取り、パイプクリーナーを流し込む。取扱説明書どおり、つけ置きをする。

手順2. 洗い流す

洗面器に水をいれて、排水口に何度も水を流し、排水の流れが改善されれば完了。

洗濯機の水漏れを予防しましょう!

洗濯機の水漏れを予防しましょう!
  • こまるちゃん
    こまる

    完全に洗濯機の水を止めれたよ~♬ほっとクン、ありがとう!


  • ほっとくん

    水が止まって一安心だね♬
    でも、洗濯機の水漏れは、使用年数が長ければ長い程起こりやすくなるよ!
    水漏れしないように、予防対策を紹介するね♫

1.防水パンを設置する

万が一水漏れした際に、防水パンがあれば受け皿になります。

2.自動止水栓を使う

自動止水栓は、給水ホースが外れた時でも、蛇口からの給水を自動的に止めてくれるので安心です。

3.洗濯機を定期的に掃除する

防水パンや排水口、排水フィルター、ゴミ取りフィルター、洗剤ケースなどを定期的に掃除しましょう。

4.一度に大量の洗濯物を詰め込まない

目安としては容量のマイナス1kg程度です。余裕ある量が、洗濯機を長持ちさせてくれます。

5.使用時以外は洗濯水栓を締めておく

無駄な水圧はかけないようにしましょう。

6.定期的に洗濯機に異常がないかチェックする

発見が早い程、傷が浅くて済みます。

自分で止められない水漏れは…

自分で止められない水漏れは…

自分でやってみたものの、水漏れが止まらないこともあります。そんな時は、メーカーや販売店、家電修理業者に依頼するしかありません。

保証期間経過後は、メーカー修理でも出張料、修理代がかかります。また、管轄エリアが広いため、対応に時間がかかることも覚悟しておいた方がいいかもしれません。

家電修理業者に依頼する場合は、業者の得意分野を確認した方がいいですね。
洗濯機の標準的な耐用年数は10~15年程度、耐用回数2,500~3,000回と言われています。使用年数によっては、買い替えも視野に入れた方がいいでしょう。

排水口の詰まりが原因で水漏れする場合で、どうしても詰まりが取れない時は、排水口の掃除業者に排水口掃除をお願いしましょう。

まとめ

自分では手に負えない場合の洗濯機の水漏れは、洗濯機の修理業者にしても、排水口の掃除業者にしても、複数の業者を比較して選ぶことが肝心です。

しかし、各業者のサイトをいちいち見て回り、比較検討するのは面倒くさいものですよね。ほっとラインでは、料金、サービス内容、口コミで複数の業者を比較してから予約できるので、とても便利です。

洗濯機クリーニング業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事

pvms