最終更新日:

洗濯機の水抜きは引っ越し前日にすませよう!洗濯機の水抜き方法を解説

引っ越しの前日に、洗濯機の水抜きが必要と、聞いたことがありますよね?面倒くさくて、難しそうに聞こえますが、用意するものは基本的に2つだけです。今回は、縦型洗濯機とドラム式洗濯機の水抜き方法について紹介します。

洗濯機の水抜きは引っ越し前日にすませよう!洗濯機の水抜き方法を解説

引っ越しが決まり、荷物の整理や引っ越しの準備を始めたものの、洗濯機って何したらいいのでしょうか?

水道の蛇口にくっついていて排水ホースもあり、洗濯機の中に水が残っているよね?

引っ越し時の洗濯機準備のことで、気になることがたくさん出てきます。

洗濯機を移動させるときは洗濯機の中や、ホースに水が残っているので「水抜き」しないと運べません。

そこで今回は、洗濯機の水抜きに必要な準備物や、洗濯機を水抜きする方法について紹介します。

>>プロの洗濯機クリーニング業者の一覧

【洗濯機の水抜き】水抜きするのは引っ越し前日がベスト

【洗濯機の水抜き】水抜きするのは引っ越し前日がベスト

引っ越しとなれば、もちろん洗濯機も運びますよね。

しかし、洗濯機をそのまま運ぶと水が漏れてしまいます。

洗濯機の中や、排水ホースの内には水が残っています。
この水を抜くことを「水抜き」と言います。

洗濯機の水抜きをしておかないと、洗濯機を運んでいる途中に水が漏れます。

洗濯機の水抜きするのは、ズバリ「引越しの前日」です。
前日であれば、いつでも大丈夫です。

引越し当日は色々とバタバタすることも多いので、前日に洗濯もすませて水抜きも終わらせましょう。

水抜き作業は、1時間程度で終わります。

もし、どうしても前日までに水抜きできなかったという場合は、引越し当日でも大丈夫です。

その場合は、なるべく朝の早い時間にすませましょう。

【洗濯機の水抜き】水抜きする前に確認する3つの事

【洗濯機の水抜き】水抜きする前に確認する3つの事

引越し前はやることが多くて忙しいと思いますが、洗濯機の水抜きについて、以下の3つポイントは忘れずに確認しておきましょう。

【洗濯機の水抜き】新居に設置場所があるか確認する!

引越し先によっては、洗濯機を設置するスペースが無い場合もあります。

洗濯機を置くスペースがあるか、必ず事前に確認するようにしましょう。

スペースがあった場合は手持ちの洗濯機が入るかどうか、広さも確認しておくといいですね。

【洗濯機の水抜き】新居の給水栓の形を確認する!

洗濯機付近の水道の蛇口には「万能ホーム水栓」「洗濯機用ワンタッチ水栓」「洗濯機用ストッパー付き水栓」の3種類があります。

それぞれの蛇口によって使う給水栓が変わってくるので、手持ちの洗濯機の給水栓が使えるかどうか確認しておきましょう。

【洗濯機の水抜き】部品の紛失や破損に注意する!

水抜きで部品を取り出す時は、1つ1つの部品を紛失しないように注意する必要があります。

新居に設置するときに部品が足りないと、故障や水漏れなどのトラブルの原因になります。

部品の種類によっては傷付きやすいものもあるので、破損しないように丁寧に取り扱いましょう。

【洗濯機の水抜き】水抜きするために4つの準備物

【洗濯機の水抜き】水抜きするために4つの準備物

洗濯機の水抜きに必要な道具は4つだけです。

引越し前に慌てないために、必要なものは早めに準備することをオススメします。

用意するもの

必須
不要になったタオル
洗面器などの水受け
ドライバー
取扱説明書

【洗濯機の水抜き】不要になったタオルを準備しよう!

洗濯機本体や、床に水がこぼれた時に必要です。

タオルや雑巾、いらない布など、少し多めに準備しておきましょう。

洗濯機本体や、付属品の汚れを拭き取る時などにも使えます。

【洗濯機の水抜き】洗面器などの水受けを準備しよう!

給水ホースや排水ホースから流れ出る水を受ける用として、大きめの洗面器かバケツを用意しましょう。

洗面器がない場合は、プラスチック製の衣装ケースなどを代用するのも1つの方法です。

【洗濯機の水抜き】ドライバーを準備しよう!

給水ホースを外す時にドライバーを使いますが、蛇口や給水ホースの種類などによっては必要ないこともあります。

蛇口や給水ホースの形を確認して、ドライバーが必要な場合は、引っ越しの荷物に紛れてしまわないように準備しておきましょう。

【洗濯機の水抜き】取扱説明書を準備しよう!

洗濯機の取扱説明書には、水抜きの方法が書いてあることが多いです。

洗濯機の種類によっては、基本的な水抜きの方法と違う場合もありますので、事前に取扱説明書に目を通すようにしましょう。

なくしてしまった場合は、メーカーのHPなどで確認してみて下さい。

【洗濯機の水抜き】縦型洗濯機を水抜きする方法

【洗濯機の水抜き】縦型洗濯機を水抜きする方法

洗濯機は、縦型洗濯機(ドラム式以外)と、ドラム式洗濯機に分かれます。

まずは、縦型洗濯機の水抜き方法から紹介します。

1

洗濯槽内が空っぽになっているか確認し蛇口を閉める

念のため洗濯槽内に洗濯物などが、残っていないか確認し、給水ホースがつながっている水道の蛇口を閉める。

2

洗濯機をいつも通り10~20秒まわして電源を切る

いつもの洗濯と同じように、洗濯機のフタを閉めて電源を入れてスタートボタンを押す。10~20秒したら電源を切る。これで給水ホース内に残っていた水が抜けました。

3

洗濯機の給水ホースを蛇口から外す

給水ホースを水道の蛇口から外す。ホースを外すと、水が溢れるので洗面器で受ける。

4

洗濯機の「脱水」を選択しスタートボタンを押す

洗濯機の中や、排水ホース内に残っている水を抜きます。洗濯機のフタを閉めて、電源を入れて脱水を選択し、スタートボタンを押す。脱水の時間は1番短い時間で大丈夫です。

5

洗濯槽の水分はタオルを使って拭き取る

脱水が終了したらフタを開け、洗濯槽内の水分をタオルで拭き取る。洗剤投入ケース等も、一度外しタオルで水分を拭き取り元に戻す。

6

排水口から洗濯機の排水ホースを抜く

排水口から排水ホースを抜く。排水ホースを外すと水が溢れてくるので、タオルと洗面器で受ける。念のため給水ホースは洗濯機から外し、ビニール袋に入れて洗濯槽にて保管する。排水ホースは、ビニール袋をかぶせてホース掛けにかける。

7

洗濯機を運搬する準備する

洗濯機の運搬に備えて、給水栓と給水ホースを繋ぐ金具や、アースケーブルを外し、ビニール袋に入れて保管しておけば、部品を紛失することはありません。洗濯機の裏側も含め、洗濯機全体を拭いて完了。

【洗濯機の水抜き】ドラム式洗濯機を水抜きする方法

【洗濯機の水抜き】ドラム式洗濯機を水抜きする方法

ドラム式洗濯機の場合は、糸くずフィルターやゴミ取りフィルター、排水フィルターの水抜きも必要です。

1

洗濯槽内が空っぽになっているか確認し蛇口を閉める

念のため洗濯槽内に洗濯物などが、残っていないか確認し、給水ホースがつながっている水道の蛇口を閉める。

2

洗濯機をいつも通り10~20秒まわして電源を切る

いつもの洗濯と同じように、洗濯機のフタを閉めて電源を入れてスタートボタンを押す。10~20秒したら電源を切る。これで給水ホース内に残っていた水が抜けました。

3

洗濯機の「脱水」を選択しスタートボタンを押す

糸くずフィルターやゴミ取りフィルター、排水フィルターの水抜きをする。まず洗濯機のフタを閉めて、電源を入れて脱水を選択し、スタートボタンを押す。脱水の時間は1番短い時間で大丈夫です。

4

洗濯機の外せる各パーツを取り外す

糸くずフィルターやゴミ取りフィルター、排水フィルターつまみを少しずつ緩めて、出てくる水を洗面器で受ける。水が出なくなったら、さらにつまみを回し、糸くずフィルターやゴミ取りフィルター、排水フィルターを引き出し、タオルで水分を拭き取り元に戻す。

5

排水口から洗濯機の排水ホースを抜く

排水口から排水ホースを抜く。排水ホースを外すと水が溢れてくるので、タオルと洗面器で受ける。念のため給水ホースは洗濯機から外し、ビニール袋に入れて洗濯槽にて保管する。排水ホースは、ビニール袋をかぶせてホース掛けにかける。

6

洗濯機を運搬する準備する

洗濯機の運搬に備えて、給水栓と給水ホースを繋ぐ金具や、アースケーブルを外し、ビニール袋に入れて保管しておけば、部品を紛失することはありません。洗濯機の裏側も含め、洗濯機全体を拭いて完了。

【洗濯機の水抜き】水抜き後に移動させる2つの注意点

【洗濯機の水抜き】水抜き後に移動させる2つの注意点

プロの引っ越し業者に作業してもらう場合は、洗濯機の移動も安心して任せられます。

しかし、自分で引っ越し作業する場合は「新居に移動させたら洗濯機が使えなくなった!」というトラブルを予防するためにも、洗濯機の移動時は以下のことに気を付けて下さい。

【洗濯機の水抜き】縦型式洗濯機を移動する時の注意点

移動時に他の荷物にぶつかったり、倒れたりしないように気を付けましょう。

縦型式は揺れには強いといわれているので、多少の振動は問題ありません。

心配な方は、大きめのタオルで洗濯機を包むなどの対策しましょう。

【洗濯機の水抜き】ドラム式洗濯機を移動する時の注意点

移動時にしっかりと固定する必要があります。

洗濯機本体の側面や後部に、輸送用の固定ネジがあります。
輸送用の固定ネジを使って確実に固定しましょう。

取扱説明書に固定方法が書いてあるので、移動前に必ず確認しておきましょう。

ドラム式は縦型式に比べて、揺れや振動、傾きに弱いといわれていますので慎重に移動させましょう。

自分で洗濯機の水抜きができなら業者に依頼しよう!

今回は、洗濯機の水抜きに必要な準備物や、洗濯機を水抜きする方法について紹介しました。

自分で洗濯機の水抜きをするのが難しい、自信がない、そんな時は、プロの業者に依頼するといいでしょう。

専門業者にお願いすると自分でする時と違い、洗濯機の故障やトラブルなどのリスクがなく安心ですね。

まとめ

  1. 引っ越しする時は、前日に洗濯機は水抜きが必要です
  2. 洗濯機の水抜きに必要なもの、手順や注意点を確認しよう
  3. 水抜き後の洗濯機を移動する際は、大きめのタオルで洗濯機を包むなど慎重にしよう
  4. 引っ越しは全て業者に依頼するというのが一般的です

洗濯機クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

洗濯機(洗濯槽)クリーニングならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った洗濯機(洗濯槽)クリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す