【洗面所の排水口】流れが悪い…臭う!その悩み解決する掃除方法教えます

洗面所の排水口の流れが悪くなった!イヤな臭いがする!それは【排水口のつまり】が原因です。髪の毛、皮脂、石鹸カスなどで洗面所の排水口はつまりやすいのです。この記事では、そんな排水口をスッキリ掃除する方法、つまった時の対処方、予防対策をご紹介します。

更新日:2018/06/11
 
【洗面所の排水口】流れが悪い…臭う!その悩み解決する掃除方法教えます

洗面所の排水口の流れが悪く、排水口からなんかイヤな臭いがする…こんなことありませんか?もしかしたら、排水口が詰まっているかもしれません。これ以上詰まる前に、対処しなければなりませんよね。

洗面所の排水口は、定期的に掃除しないと詰まってしまいます。掃除をしてキレイな排水口を目指します、安心して洗面所が使えるように、排水口の掃除方法を紹介します。万が一詰まってしまった時の解消法、排水口を詰まらせない予防策も合わせて紹介します。

洗面所が臭いのはイヤ!「排水口」「洗面台下の収納」を今すぐチェック
あわせて読みたい
洗面所が臭いのはイヤ!「排水口」「洗面台下の収納」を今すぐチェック
リンク(新しいタブで開きます)

洗面所の排水口が詰まる原因

洗面所の排水口が詰まる原因

洗面所は毎日手を洗い、歯を磨き、顔を洗い、身だしなみセットするこれら全ての動作が、洗面所の排水口を詰まらせる原因物質を生み出しています。それは髪の毛、皮脂、アカ、石けんカス、水アカは雑菌の作用によってヌメリになります。ヌメリは排水管にへばりつき、どんどん蓄積し排水の流れを妨げます。放っておけば、やがて全く排水は流れなくなり、逆流してきます。

排水の流れが悪い、変な臭いがするという症状は、排水口が詰まっているシグナルなのです。ただ、排水口を詰まらせる原因が、髪の毛、皮脂、アカ、石けんカス、水アカだとしても、毎日の生活の中で、手も歯も顔も洗わない、洗面所で髪の毛を濡らさないのは無理な話ですね。そこで、排水口の掃除や排水口を詰まらせない予防対策が必要になります。

洗面所の排水口の掃除方法【塩素系漂白剤】

洗面所の排水口の掃除方法【塩素系漂白剤】

洗面所は毎日何度も使う場所です。定期的に掃除しないと、排水口が詰まってしまいます。排水口が詰まる前にさっそく、洗面所の排水口を掃除しましょう。

用意するもの
  • ビニール手袋
  • ティッシュ
  • 塩素系漂白剤
  • スポンジ
  • 古歯ブラシ

手順1. ゴミを取る

排水口のゴミ受けを外し、ゴミ、髪の毛、ヌメリを取ります。髪の毛・ヌメリはティッシュで拭きとれば、キレイに取れます。触るのが苦手な場合は、ビニール手袋をはめて掃除しましょう。

手順2. ゴミ受けを洗う

スポンジや古歯ブラシを使い、ゴミ受けをこすり洗いする。

手順3. 塩素系漂白剤をかける

塩素系漂白剤をゴミ受けや排水口、排水管の中に吹きつけて20~30分程度放置します。

手順4. 洗い流す

水道水でしっかり洗い流し完了。

重曹とクエン酸で排水口の掃除【ナチュラル洗剤】

重曹とクエン酸で排水口の掃除【ナチュラル洗剤】

塩素系漂白剤を使うのが苦手な場合は、塩素系漂白剤の代わりに、重曹とクエン酸を使って掃除ができます。簡単なので紹介します。

用意するもの
  • ビニール手袋
  • ティッシュ
  • 重曹(粉末)
  • クエン酸水
  • スポンジ
  • 古歯ブラシ

手順1. ゴミを取る

排水口のゴミ受けを外し、ゴミ、髪の毛、ヌメリを取ります。髪の毛・ヌメリはティッシュで拭きとれば、キレイに取れます。

手順2. ゴミ受けを洗う

スポンジや古歯ブラシを使い、ゴミ受けをこすり洗いする。

手順3.

重曹をゴミ受けや排水口にたっぷり振りかける。重曹の1/3程度のクエン酸を水に溶かしクエン酸水を作り、重曹に回しかける。シュワシュワと発泡するので、30分程度放置します。

手順4. 洗い流す

水道水でしっかり洗い流し完了。

重曹もクエン酸も食品に使われているので、誤って口にしてしまっても安心です。塩素系漂白剤の臭いが苦手だったり、塩素系漂白剤を使うのに抵抗がある場合は、重曹とクエン酸を使って掃除してみて下さい。

排水口が詰まった時の対処法2つ

排水口が詰まった時の対処法2つ

もう洗面所の排水口が詰まってしまっている…という場合には、まず、詰まりを解消しなければいけません。対処方法を2つ紹介します。まずは手軽に対処できるラバーカップを使った方法を紹介します。

1.ラバーカップを使った対処方法

用意するもの
  • ビニール手袋
  • ラバーカップ
  • 新聞紙またはレジャーシート
  • 雑巾

手順1. レジャーシートを敷く

水が飛び散ってもいいように、洗面台の周りに新聞紙かレジャーシートを敷く。

手順2. 雑巾で塞ぐ

洗面ボウルの上の方に小さな穴がありますね。オーバーフロー口といいますが、この穴を雑巾などで塞いで、排水口をラバーカップで塞ぎ、ラバーカップが隠れる程度水を溜める。

手順3. ラバーカップを密着させる

ラバーカップを排水口に密着させて、ゆっくり押しつける。

手順4. ラバーカップを引き上げる

手順3.4の動作を繰り返し完了。ポイントは、オーバーフロー口をしっかり塞ぐことと、ラバーカップを押しつける時はゆっくり静かにし、引き上げる時に力を入れることです。上手くできれば、ゴボッゴボッと、気持ちよく排水が流れます。

2.ワイヤー式パイプクリーナーを使った対処方法

ラバーカップで排水口の詰まりが解消できない場合は、ワイヤー式パイプクリーナーを使って対処するのをオススメします。さっそく手順を紹介します。

用意するもの
  • ビニール手袋
  • ワイヤー式パイプクリーナー
  • 新聞紙またはレジャーシート
  • 雑巾

手順1. レジャーシートを敷く

ワイヤーについた汚れが飛び散ってもいいように、洗面台の周りに新聞紙かレジャーシートを敷く

手順2. ワイヤーを排水口に入れる

排水口からワイヤーをゆっくり入れて、向きを変えながら排水管に沿って優しくワイヤーを奥へと進める。

手順3. ワイヤーを抜く

ワイヤーの進み具合が悪くなったら、詰まり箇所に到達した可能性が高いため、数回ワイヤーを回転させてから、ゆっくりワイヤーを引き抜き抜く。

手順4. ワイヤーに付いた汚れを取る

ワイヤーを引き抜きながら、雑巾でワイヤーについた汚れを拭き取る。ワイヤーの先端には、ゴミを引っかけるヘッドがあります。ヘッドについた汚れも雑巾で拭き取る。手順2.3 を繰り返して詰まりを取り除く。

手順5. 排水されるか確認

ワイヤーが引っかかる箇所がなくなったら、排水口からゆっくり水を流し、詰まりが解消されたか確認し流れたら完了。

ラバーカップやワイヤー式パイプクリーナーを使っても排水口の詰まりが解消できない場合、排水管を分解する方法や高圧洗浄機を使って詰まりを解消する方法もありますが、慣れていない人にオススメはきません。排水管の分解や高圧洗浄機を使っての詰まり解消するのであれば、プロにお任せした方が良いでしょう。

洗面所のつまりを自分で解決してみよう!これでダメならプロにお任せ
あわせて読みたい
洗面所のつまりを自分で解決してみよう!これでダメならプロにお任せ
リンク(新しいタブで開きます)

洗面所の排水口の詰まりを予防しよう

洗面所の排水口の詰まりを予防しよう

毎日使う洗面所が詰まってしまうと、洗面場が使えなくて不便ですよね。そこで、洗面所の排水口を詰まらせないように、予防しなければいけません。詰まりを予防するには、ヌメリの原因となる物質をなるべく排水口に流さないようにすることなんです。

普段から、洗面台を使い終わった後、必ずゴミ、髪の毛はすぐに取り除き、ホコリや石けんの泡を水でよく流すことです。手洗いでも、歯みがきでも、洗顔でも、髪の毛を濡らした時でも、その都度行いましょう。

また、歯磨き粉のフタやアクセサリー類などの小物を排水口に流さないように気をつけましょう。小物も排水口の詰まりの原因になります。洗面台を使う際には、アクセサリー類は外す。万が一小物を落としてしまったらすぐに拾う、などの注意が必要です。ただ、ヌメリの原因物質を完全に取り除くことは難しいので、1~2週間1回は、洗面所の排水口の掃除をしましょう。

洗面所の掃除に重曹とクエン酸!3つのちょこっと習慣でキレイを維持
あわせて読みたい
洗面所の掃除に重曹とクエン酸!3つのちょこっと習慣でキレイを維持
リンク(新しいタブで開きます)

まとめ

自分でやっても解消できない洗面所の排水口の頑固な詰まりは、すぐに専門業者に依頼しましょう。また、ちゃんとお手入れしている場合でも、定期的に専門業者に排水管の掃除をオススメします。どうしても、わずかずつとはいえヌメリの原因物質は、排水口に流れてしまいます。その結果、長い時間をかけて、ヌメリ物質が排水管に蓄積してしまうからです。

しっかりお手入れすればするほど、排水管が詰まるまでの時間を延ばすことはできます。それでも、たまにはプロのお掃除で、排水口及び排水管の汚れを完全にリセットしてあげた方がいいのです。さて、どの業者に頼もうかとお悩みの方に朗報です。

洗面所クリーニング業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事

pvms