ゴミ屋敷を本気で片付ける!自力で掃除する方法と業者に依頼する方法

ゴミ屋敷の掃除は、たった1人で立ち向かうにはとてもハードです。家族や友人の協力があれば、自分たちで片付け、掃除することも可能ですが、厳しい場合は業者に依頼するのも一つの方法です。今回は、ゴミ屋敷を自力で掃除する方法と業者の利用方法をご紹介します。

更新日:2018/09/10
 
ゴミ屋敷を本気で片付ける!自力で掃除する方法と業者に依頼する方法

あなたは自分の部屋がゴミ屋敷になって困っていませんか?

ゴミ屋敷になっていることを自覚しつつ、どうやって掃除すればいいのか分からない。時間だけが過ぎ、ますます部屋が汚くなって途方にくれる日々・・・

ゴミ屋敷が引き起こす問題は、衛生面だけではなく、あなたの心や健康面にまで影響を及ぼします。今こそ、あなたもゴミ屋敷を本気で掃除して、本当の人生を歩みませんか?

  • ほっとくん
    ほっとくん

    はじめまして。プロの技で、あなたを笑顔に!を本気で目指しているほっとクンと申します! 今回はゴミ屋敷の掃除で困っている人の、助けになりたいと思っています!

今回は、自力でゴミ屋敷を掃除する方法や業者の利用方法をご紹介します。

>>ゴミ屋敷掃除業者一覧

ゴミ屋敷が引き起こす様々な問題

ゴミ屋敷が引き起こす様々な問題
  • こまるちゃん
    こまる

    ゴミ屋敷の掃除ができず困っているのに放置…どうなるの?


  • ほっとくん

    ご近所に迷惑がかかるだけでなく、様々な問題を引き起こすんだ。

ゴミ屋敷は悪臭などで近所の人に迷惑がかかるだけでなく、様々な問題が起きます。その影響を把握して、ゴミ屋敷の掃除の必要性を理解しましょう。

家が劣化する

家中がゴミだらけの状態になると、家が急速に劣化します。特に床は湿気の逃げ場がなくなるため、フローリングや畳が腐ることも。

マンションやアパートなど賃貸の場合は、退去やごみの撤去、さらに劣化した床や壁の修繕費を請求されるので注意が必要です。持ち家の場合もリフォーム費用がかかります。

ゴミ屋敷を長きにわたり放置すればするほど、引っ越し代やごみの撤去代、部屋の修繕費と多額のお金が必要となります。

衛生状態が悪い

食べた後の生ごみなどを放置し続けると、ネズミやゴキブリ、ハエ、ダニが集まりやすくなります。不衛生な環境のせいで、隣近所にまでゴキブリやネズミが出やすくなります。

また、大量のゴミが原因で洗面台やお風呂が埋もれて使えず、自分の体も清潔でない状態が続きます。その場合、次のような問題が…

心と体の健康状態が悪くなる

大量のゴミのせいで窓を開けることができず、換気をしていなかったり、長年掃除もせず、お風呂にも入らず…という不衛生な環境にいると、病気になりやすくなります。

ダニやほこりを吸い過ぎるとくしゃみや鼻づまり、じんましん、皮膚の赤みや腫れなどのアレルギー症状が出ることもあり、そのくらい何てことはない!と甘く見ていると症状が悪化する一方です。

ゴミ屋敷になってしまう原因は、単にだらしないだけでなくうつ病や統合失調症などの病気でゴミを掃除することができない場合や、認知症で判断能力が低下している場合など精神的なことが影響している場合が多くあります。

専門家に相談し、適切な治療が必要です。

ゴミ屋敷の掃除で心得たいこと

ゴミ屋敷の掃除で心得たいこと
  • こまるちゃん
    こまる

    ゴミ屋敷を掃除なんて、自分で出来る気がしない人が多いみたいだけど・・・


  • ほっとくん

    そうだよね。難しく考えすぎず、心得たいことを紹介するね。

ゴミ屋敷に長年住んでいると、なかなか自分では掃除を始める気力が出ないですよね。掃除の仕方が良く分からない人は、特に掃除を難しく感じてしまいがちです。

そこで、ゴミ屋敷の掃除をする前に心がけたいことをチェックしてみましょう。大丈夫です。心に決めてしまえば難しくないので、あなたもできますよ。

必要最低限のもの以外は全部捨てる

「あるものは全部捨てよう」と心がけることが大切です。

いつか使うかもしれないからとりあえず置いておこうと思うと、物がどんどん溜まり片付けられなくなります。

また、中途半端に物を置いておくと、日にちがたつとまたゴミ屋敷に戻ってしまうので注意が必要です。

ゴミ屋敷に二度と戻らないためにも、現在必要な通帳や保険証などの必要最低限のもの以外は全部捨てる覚悟を持ちましょう!

捨てることをためらわない

ゴミ屋敷に住んでいる人は、物を捨てることにためらいがちです。「もったいない」と思うことが多いのが原因です。

確かに物を大切にすることは大事ですが、物が多すぎると探すのに時間がかかり、部屋中が物であふれてしまいます。また、捨てるか捨てないかで迷っていると、掃除のスピードが遅くなり、いつまでたっても掃除が終わりません。

そのため、ゴミ屋敷を掃除するときは迷わずに捨てることが大切です!

作業に集中する

大量のゴミを前に、「こんなの終わる気がしない・・・」と後ろ向きな気持ちになるのもわかります。でも、ゴミ屋敷の掃除は一つ一つの作業に集中して進めていくことが大切です。

先のことは考えずに目の前の作業に集中しましょう。

そこにあるゴミは、勝手には増えません。一つずつ片付ければ、必ずなくなりますよ。

自分でゴミ屋敷を掃除する際の事前準備

自分でゴミ屋敷を掃除する際の事前準備
  • こまるちゃん
    こまる

    ゴミ屋敷の掃除に必要なものって???


  • ほっとくん

    用意するものや、事前に確認しておきたいことをまとめて教えるね。

今度こそ、このゴミ屋敷を自分で掃除しよう!そう決意したら、まずは掃除に必要な事前準備をしましょう。

準備をせずに掃除を始めると、作業が上手く進まずに挫折してしまうことがあります。そうならないためにも、下記の3つの内容をよく読んで準備して下さいね。

人手の確保

ゴミ屋敷の掃除を1人で終わらせることは難しいです。家族や友人など3人以上の手伝いをお願いしましょう。

1人でやろうとして挫折しない為にも、恥を捨てて家族や友人などにお願いすれば、きっと力になってくれますよ。

どうしてもお願いできる知り合いがいない場合は、業者に依頼するのも1つの方法です。記事の後半で詳しく紹介します。

スケジュールとゴミ回収日の確認

1日で全ての部屋を掃除するのは難しいため、連休にまとめて掃除するか1部屋ずつ掃除することがおすすめです。

作業を手伝ってもらう人たちの都合も考慮して、スケジュールを立てましょう。

その際、ゴミ回収日も考慮しておくと作業がスムーズに進みます。特にゴミ処理を業者に頼まずに行う場合は、ゴミをそのままにしないためにも回収日を確認してからスケジュールを立てると二度手間になりません。

どうしてもゴミ収集日とスケジュールが合わないときや、ゴミが大量に出た時は自治体のゴミ収集センターに持ち込みましょう。平日であればほとんどの自治体で受け付けているため、インターネットや電話で確認して下さい。

ごみ処理の手数料には、数百円~数千円かかります。料金などの詳細も自治体によって異なる為、お住まいの自治体で確認をお願いします。

掃除に必要なものを用意する

ゴミ屋敷の掃除に必要な道具をリストアップしてみました。掃除を始めてから「あれがない、これがない!掃除が進まないから、もうやりたくない!」とならないために、事前に揃えておきましょう。

  • 軍手
  • マスク
  • エプロン
  • 破れにくいゴミ袋
  • ガムテープ
  • ゴキブリや虫の殺虫剤
  • 雑巾
  • モップ
  • 掃除機
  • ほうき
  • バケツ
  • 洗剤各種
  • 段ボール又は衣装ケース(仕分け用)

エプロンは人数分用意し、軍手・マスク・ゴミ袋や雑巾は多めに用意するのがおすすめです。

洗剤は、台所用・トイレ用・お風呂用・フローリング用など用途別に準備してもいいですし、重曹やクエン酸、アルコールスプレーなどでもOKです。

塩素系のもので、混ぜると有毒ガスが発生するものはよく考えて購入、使用して下さい。

5ステップ!ゴミ屋敷を自分で掃除する手順

5ステップ!ゴミ屋敷を自分で掃除する手順
  • こまるちゃん
    こまる

    どこから手をつけたらいいの~?


  • ほっとくん

    効率よく掃除するための5STEPを参考にしてね。

ゴミ屋敷を自分でする場合、しっかりと手順を決めてテキパキと行うことも大切です。効率よく作業するための5ステップをご紹介します。

STEP1.掃除前日に害虫駆除

掃除前日に、殺虫剤で害虫を駆除しましょう。

市販の殺虫剤は1部屋に1つが使用料となっていますが、ゴミ屋敷の場合は害虫が多いため規定量より多めの部屋の奥に1,2つ、玄関に1つ使うのも良いという情報も。

ただし、使用上の注意をよく読み、人やペットに被害がないように注意しながら、自己判断で使用する必要があります。不安がある場合は、害虫駆除の専門業者に相談することをおすすめします。

STEP2.片付けは入り口から行う

片付けは入り口から始めましょう。そして、1m四方の範囲で行います。一気に1部屋全て片付けようとすると難しいため、とりあえず1m範囲で少しずつ片付けるといいですよ。

ビンや缶、プラスチック、雑誌など捨てれるものは捨てていきます。先ほどご説明したとおり、「基本的には全部捨てる」くらいの覚悟が必要です。

どうしても迷ったものはとりあえず置いておき、捨てれるものから捨てます。捨てるかどうか長時間迷って、作業の手を止めないようにしましょう。

前日に駆除をしていても、ゴミをどけると害虫が出る場合もあるため、殺虫剤は必ず持っておくことをおすすめします!

STEP3.捨てる物と残すものとを仕分けする

ゴミを片付けた後は、捨てるものと残しておくものの仕分けを行います。以下の仕分け方法を参考にして下さいね。

  • 貴重品や必要最低限のもの以外全て捨てる
  • いつか使うかもしれないものは捨てる
  • 仕分けボックスに物を入れていく

ゴミ屋敷に置いてあった物は害虫やほこりなどで汚れていることが多いです。そのため、貴重品や大切なもの以外は全て捨てましょう。

いつか使うかもしれない…と置いている靴や服なども、捨てるのがベストです。大切なのは、今必要なものは何かを考えることです。使うか使わないかわからないものに執着せず思い切って捨てて、ゴミ屋敷が片付けば本当に欲しい物は自然と自分の手元に残りますよ。

仕分ける時は、仕分けボックスを用意します。段ボールでも、衣装ケースでもOKです。

「捨てるもの」「捨てないもの」「保留」の3つの仕分けボックスを用意して、そこに該当するものを入れます。捨てる物は、直接ゴミ袋に入れても大丈夫です。(ただし、自治体の分別ルールを必ず守ること)

できるだけ保留のボックスには物を入れないようにし、どうしても悩んだものだけ保留ボックスに入れるのがポイントです。

STEP4.掃除、ゴミ捨て

ゴミと残すものを全て仕分けたら、予め調べておいた方法でゴミを捨てます。

最後に、雑巾やほうき、ちりとり、掃除機などでしっかり掃除をしましょう。特に生ごみから出た浸出液は害虫が集まる原因となるため、洗剤できれいに落とすことが大切です。

自分で手に負えない汚れは、ハウスクリーニングなど業者に依頼することをおすすめします!

こんな時は業者に依頼!ゴミ屋敷掃除業者の利用方法

こんな時は業者に依頼!ゴミ屋敷掃除業者の利用方法
  • こまるちゃん
    こまる

    どうしても自分でできない場合は、業者に依頼ってどうするの?


  • ほっとくん

    ゴミ屋敷掃除業者の利用方法は、難しくないよ。ポイントは必ず見積もりをとって、業者比較をしてから申し込むこと!

ゴミ屋敷を出来るだけ自分で掃除したい。人の世話になりたくない・・・という人もいるかもしれません。気持ちはわかりますが、場合によっては業者に依頼する方がずっと楽に快適な住まいと幸せを引き寄せることができます。

以下のような様々な理由によって自分でゴミ屋敷の掃除ができない場合は、無理せず業者に依頼することを検討しましょう。

  • 自分で掃除をしたが片付けられなかった
  • 衛生状態がかなり悪い
  • 部屋が広く、全ての部屋がゴミで埋まっている
  • ゴミ屋敷の掃除を手伝ってくれる人がいない
  • 家の中だけでなく、外にもゴミが大量にある
  • 持病や高齢のため、体力がない

自分で片付けができない理由は人それぞれです。できないからといって、自分を責める必要は全くありません。

それよりも、一刻も早くゴミ屋敷問題を解決することを優先しましょう。ゴミ屋敷掃除業者の利用方法の簡単な流れをご紹介します。

STEP1.問い合わせ

インターネットか電話で、業者に問い合わせを行いましょう。ゴミ掃除の仕方や疑問に思うこともこの際に聞くことができます。問い合わせ時に、見積もりに必要な日程を決めます。

STEP2.見積もり

あらかじめ決めていた日程に業者の方が来訪し、見積もりを出します。作業時間や料金などに納得ができれば正式に契約を行いましょう。

後で高額な追加料金を請求されるなどのトラブルを避けるため、見積もりの内訳は丁寧に確認する必要があります。

STEP3.打ち合わせ

契約後は作業の日にちや掃除の仕方を細かく打ち合わせします。ゴミ屋敷の中から探してほしいものがあれば、この時に依頼しましょう。

STEP4.作業日当日

決めておいた日時にゴミ屋敷の掃除がスタートです。ゴミの分別や運び出し、害虫駆除などの作業をしてもらいます。

全てゴミを出したら消毒・消臭などが行われますが、サービスによっては行われない場合もあるため、気になることがあれば申し込み前にしっかり確認しておきましょう。

まとめ

ゴミ屋敷の掃除の必要性と、その方法についてご紹介しました。

  • ゴミ屋敷が引き起こす様々な問題
  • ゴミ屋敷の掃除で心得たいこと
  • 自分でゴミ屋敷を掃除する際の事前準備
  • 5ステップでゴミ屋敷を自分で掃除する手順
  • こんな時は業者に依頼!ゴミ屋敷掃除業者の利用方法
  • まとめ

ゴミ屋敷に住み続けると気持ちが塞がりがちになり、病気にもなりやすいです。

少しでも早く掃除して、心も体も、住まいも健康な日常を取り戻して下さいね。

今回ご紹介したとおり、ゴミ屋敷の掃除は自分でもできます。ただ、手伝ってくれる人がいなかったり、持病や年齢などで体力にも自信がない方にとっては相当ハードです。

決して無理をせず、業者に依頼することも検討しましょう。

業者に依頼する際は数社に見積もりをしてもらい、料金やサービスを比較して信頼できる業者に依頼されるのがおすすめです。

溜め込んだゴミや物と向き合い、清潔で快適な暮らしをするには、自分自身の「片付けたい」という気持ちが第一です。そのお手伝いをして下さる業者が必ず見つかりますよ。

ゴミ屋敷の掃除業者を探すときは、ほっとラインを使えばサービス内容や料金、口コミなどを比較でき、予約も可能です。是非ご自分に合った専門業者を見つけてみてください。

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

\ SNSでシェア /

pvms