浴室ドアの交換について知りたい!ドアの種類・交換方法・費用相場

浴室ドアの交換について知りたい!ドアの種類・交換方法・費用相場

2019/02/21更新:浴室ドアが劣化して、開かない!取れないカビがビッシリ!そんな時は、浴室ドアを交換しましょう。今回は、3種類の浴室ドアと交換方法、費用の相場などをまとめました。定番のカバー方法についても、詳しく紹介。あなたの希望と予算にあう交換方法を見つけて下さい。

浴室のドアの調子が悪い…。
掃除で取れない汚れやカビがビッシリ…。

そろそろ、浴室のドアの交換を検討しなきゃいけないかも?というあなた。

浴室のドアは毎日のように開閉を行うことや、湿気が多い場所であることなどから、汚れやすく、また劣化が起こりやすい部分です。

劣化が進行すると、開閉がしにくい状況となり、入浴に支障をきたすこともあり、毎日の入浴を楽しむことができません。

解決するには浴室ドアを交換する必要がありますが、どれだけ費用がかかるのか気になりませんか?

一口に交換といっても、非常に簡単にできる方法から大きな規模となってしまう方法までさまざまあり、費用も異なります。

  • モップ
    モップ

    今回は、浴室のドアを交換したいけど、方法や費用がわからない…と困っている人の助けになりたいと思っています!

今回は、浴室ドアを交換する方法とはどのようなものがあるのか、また費用はどの程度必要なのか調べてみました。

浴室ドアの種類

浴室ドアの種類
  • こまるちゃん
    こまる

    おばあちゃん家のお風呂のドアが壊れたんだって~。交換しなきゃいけないけど、何からすればいいのかな。


  • モップ

    それは大変。今付いてるドアのタイプの確認と、新しくつけたいドアについて考えてみよう!

まずは、浴室のドアの種類から見ていきましょう。おもに「開き戸」「引き戸「」折れ戸」の3種類となります。

タイプによっては、今とは違うものに交換することも可能ですが、基本は手間がかからない同じタイプを選んで交換することがおすすめです。

開き戸タイプ

通常の部屋にもよく使われる、一般的なタイプです。開き側に対してある程度のスペースが必要となります。

脱衣所側に開く場合には、洗濯機や洗面台が干渉しないかチェックしましょう。浴室側に開く場合は、中に人がいるとき扉との接触で転倒などの危険性を考慮する必要があります。

引き戸タイプ

横にスライドするタイプなので、開き戸タイプのようにスペースを気にする必要がありません。

大きな間口となるため、開放的で高齢者でも出入りが自由になる点ではメリットです。

ただし、他のタイプから引き戸にする場合には、大きな間口を確保するために壁を壊して新たに設置する必要があるため、工事が大きくなる傾向にあります。

折れ戸タイプ

浴室ドアの中ほどが折れて開閉するタイプです。間口幅も可動域も狭くなるため、浴室側に対してもそれほど大きな干渉がないことが特徴となります。

しかし、他の浴室ドアと比較して開閉がしにくい構造となっているため、多少強引な動作が必要となり、そのことが故障の原因となることもあります。

浴室ドアを交換するときの注目ポイント

浴室ドアを交換するときの注目ポイント
  • こまるちゃん
    こまる

    今と同じのでも良いみたいだけど、違うドアも気分が変わって良さそうで迷うって。何か良いヒントはない?


  • モップ

    手入れがしやすいこと、家族が使いやすいことを優先して考えると、どのドアにするか決めやすいよ。

浴室ドアを交換するときに、新設するドアはどのようなポイントに注目して選択すればよいのでしょうか。

まずは、手入れが簡単であることでしょう。

浴室ドアは、構造的に複雑であることや湿気が高くなることから、非常にカビが発生しやすい部分です。

カビの発生が起こりにくい素材であったり、部材の取り外しが簡単で掃除がしやすい構造であったりなどはチェックしておきたい内容です。

掃除がしやすければ、お風呂上りにサッと拭いたり、こまめに手入れが可能ですよね。面倒な掃除が必要だと、つい億劫になるものです。

そして、家族が使いやすいということです。

高齢者や幼い家族がいる場合、使い勝手の悪い浴室ドアを設置すると転倒などの危険性が高まります。できるだけ避けるべきといえます。

その他段差は大きくないか、指をはさむような危険性はないかなどチェックしておきましょう。

浴室ドアを交換する3つの方法

浴室ドアを交換する3つの方法
  • こまるちゃん
    こまる

    ドアの種類を決めたら、どうやって交換するの?


  • モップ

    DIYでもできなくはないけど、基本的にはリフォーム会社に依頼するのがおすすめ。3つの方法の中から、どの方法が良いかを一緒に検討してもらおう。

浴室ドアを交換する方法は大きく3つの方法があり、そのなかから選択して検討することになります。

浴室ドアのみ交換

最も簡単で費用も安い方法です。

既存の浴室ドアと同じものを調査して入れ替えを行うだけなので、DIYでも可能な作業となります。

ただし同じ浴室ドアの在庫がすでにない場合は、違う方法を検討する必要があります。

また浴室ドアではなくドア枠のほうが原因で不具合を発生している場合、ドア枠の交換をしないといけないこともあります。

その場合はプロに相談するほうがよいでしょう。

カバー工法

カバー工法とは既存ドア枠に対して、新たなドア枠を設置し、新しいドア枠に合う浴室ドアを取り付ける方法です。

工期も短く費用もそれほど高くはならないため、現状の浴室ドアのリフォームとしては一般的となっています。

ただし、既存のドア枠が著しく劣化して取り付けが困難な状態であれば難しい場合もあります。

また、ドア枠の下側には段差ができることなど、注意したい点もあります。

浴室ドアとドア枠のどちらも交換する

浴室ドアだけでなくドア枠も交換する必要がある場合は、枠周辺の壁を解体する必要があります。必ずプロに依頼しましょう。

浴室側と脱衣所側の両面で壁を解体し、ドア枠を取り外し、新設後しっかりと防水処理を施したうえで復旧を行います。

工事の規模が大きくなるため、工期もかかり費用も高額となります。

浴室ドアの交換にかかる費用

浴室ドアの交換にかかる費用
  • こまるちゃん
    こまる

    それぞれの方法で、どのくらいの費用がかかるのか知りたいな。


  • モップ

    気になるところだよね。それぞれの相場を見ていこう。

浴室ドアを交換する3つの方法は、それぞれどの程度の費用が必要となるのか気になりますよね。

それぞれの費用の相場をご紹介いたします。

浴室ドアのみ交換

2万円~8万円程度かかります。
浴室ドアのグレードによりますが、引き戸になると少し金額が高くなる傾向にあります。

カバー工法

5万円~10万円程度となります。
引き戸になると少し金額が高くなる傾向にあります。

浴室ドアとドア枠のどちらも交換する

3つの中で一番高額で、7万円~20万円程度となります。

このケースでは、浴室ドアだけでなく壁材のグレードも関連がでてくることや、また解体した廃材の処分にも費用がかかります。

場合によっては専門業者の数が増えることで、工期や金額が増えることも考えられます。

浴室ドア交換の定番「カバー工法」の手順

浴室ドアの交換にかかる費用
  • こまるちゃん
    こまる

    一般的と言っていたカバー工法のこと、もう少し詳しく教えて。


  • モップ

    了解♪カバー工法の詳しい手順を解説するね。

浴室ドアを交換する必要がある場合は、交換する費用が比較的安く、工期もわずか1日という短期での施工が可能なカバー工法が人気です。

サイズやスタイルが豊富に揃っているため非常に自由度が高く、あらゆるタイプの浴室ドアにも対応ができることが特徴となります。

どんな手順で行われるのか、施工手順について解説いたします。

STEP1.現地調査

既存のドア枠に対し、施工を行うことが可能であるのか確認してもらいます。

可能と判断された場合、採寸と見積もりを出してもらいます。

工事金額にも納得できれば、申し込みをします。業者にて必要となる材料、部材を手配し、それらが到着しだい交換工事を行います。

STEP2.既存浴室ドアの取り外し

まずは既存の浴室ドアを取り外し、ドア枠を残した状態にします。

パッキンや丁番、古いコーキングなど不要なものを除去します。

STEP3.リフォーム枠の取り付け

既存のドア枠に対し新しいリフォーム枠をビスで取り付けます。

水平、垂直をチェックし、既存ドア枠と新設ドア枠の間にできた隙間に対しコーキングを充填します。

STEP4.動作確認

動作に問題はないかチェックを行い、交換工事は終了となります。

施工時間はおよそ3時間程度が目安となりますが、条件しだいではそれ以上に及ぶ場合もあります。

コーキングは表面が硬化してくるのは1~2時間程度ですが、内部はまだやわらかいため翌日までは触らないほうがよいでしょう。

充填後、8時間程度でお風呂の利用が可能となります。多少の水がかかることは問題ありませんが、強めのシャワーを直接あてるようなことがないよう注意しながら入浴しましょう。

もし何かが接触して大きく変形した場合は、コーキングが固まった後に除去し充填しなおすことが必要です。

とくに小さな子供がいる家庭では、触らないよう注意を促すことが重要となります。

まとめ

浴室ドアの交換についてご紹介しました。

浴室のドアは、非常に汚れやすく、扱い方によっては故障もおこりがちです。

全く同じものを交換して解決できるのであればDIYでも可能ですが、同じものがない場合やドア枠が原因である場合は交換工事が必要となります。

水回りの工事は、施工不良によって万が一水漏れなどの不具合があると、カビの発生や木材の腐食などにつながり、建物にも人体の健康にも影響を与えます。

浴室ドアの交換は、慎重な工事が重要となる場所の1つ。経験豊富なプロに依頼することが賢明といえますね。

浴室ドアの交換業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問することができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

浴室ドアの交換をプロに依頼するなら

浴室ドアの交換を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に浴室ドアの交換の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインを活用すれば、料金やクチコミなど、サービス選びに必要な情報がすぐに確認できます

「◯◯円~」などの不明瞭な料金表示はなく、追加料金や手数料などもありません。会員登録なしで詳細が見られるので、スタッフ写真や口コミも事前に確認できます。

予約前に聞きたいことがある場合も安心。予約ページ内の「予約の前に出店者に質問する」から担当者に直接質問することができます。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ スタッフ写真や口コミが確認できる
  • ◎ 24時間365日オンライン予約可能
  • ◎ 営業電話なし
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください
この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
0 投票, 平均点: 0.00

\ SNSでシェア /