ねずみのフンで感染症?屋根裏にねずみのふんがあれば殺菌消毒が必須な理由

ネズミ駆除
更新

毎日の生活の中でみかけることは少ないですが「ねずみのフン」を見かけている可能性があります。ねずみのフンには様々な菌がついていて、有害な感染症を引き起こす危険性もあるので触らないようにしましょう。

ねずみのフンで感染症?屋根裏にねずみのふんがあれば殺菌消毒が必須な理由

台所やベランダの隅、天井裏に黒い小さなフンがたくさんあった…。こんな時は、ネズミのフンであることを疑わなければなりません。

ねずみが住み着けば、ねずみがあちこちにフンする可能性は高くなります。ネズミそのものだけでなくフンが健康被害の原因となることもあり、ひどくなれば感染症にかかったり悪臭を発生させる原因になるため,しっかりと対策することが求められます。

そこで今回は、ねずみのフンの形や、ねずみのフンを掃除する方法について紹介します。

>>プロのねずみ駆除業者の一覧

ねずみ別に見るフンの特徴について

ねずみ別に見るフンの特徴について

家に出没するネズミは、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類

家に出没するねずみの主な種類は「ドブネズミ」「クマネズミ」「ハツカネズミ」の3種類です。フンにもそれぞれ特徴があり、そこからネズミの種類を推察することができます。3種類のねずみのフンの特徴を紹介します。

ドブネズミのフンの特徴

  • ドブネズミのフンの大きさは10〜20mm
  • ドブネズミのフンの色は焦げ茶色か、灰色
  • ドブネズミのフンの形は太くまとまっているのが特徴です

クマネズミのフンの特徴

  • クマネズミのフンの大きさはドブネズミよりも小さく5〜10mm
  • クマネズミのフンの色はどで色、茶色、灰色
  • クマネズミのフンの形は移動しながらフンする習性があるので、各場所に散らばってフンする。フンの形は細くて不揃いというのが特徴です

ハツカネズミのフンの特徴

  • ハツカネズミのフンの大きさは、どのねずみよりも1番小さく4〜7mm
  • ハツカネズミのフンの色は茶色
  • ハツカネズミのフンの形は米粒ほどに小さく、両端が尖っている

【ねずみのフン】3種類のねずみの糞(フン)がある場所を知ろう!

ねずみのフンがある場所も紹介します。ねずみのフンの形から見分けられますが、それだけで判断するのは難しいので参考程度にみてくださいね。

【ねずみのフン】ドブネズミのフンがある場所

  • ドブネズミのフンは湿気が多く、低い場所で通気口や排水管などから侵入してフンする可能性が高い

【ねずみのフン】クマネズミのフンがある場所

  • クマネズミのフンは乾燥している場所や、高い場所が好きで壁や、屋根の隙間や、2階の窓などから侵入してフンする可能性が高い

【ねずみのフン】ハツカネズミのフンがある場所

  • ハツカネズミのフンは狭くて自然に近い場所が好きで、壁や屋根の隙間、シャッター下などから侵入してフンする可能性が高い

ねずみのフンによって起こる感染症被害

ねずみのフンによって起こる感染症被害

ねずみのフンにはさまざまな菌がついています。ねずみのフンには、人間にとっても有害な感染症があります。

ねずみのフンに含まれる2つの感染症を紹介します。

ねずみのフンに含まれるサルモネラ菌について知ろう!

サルモネラという言葉は、聞いたことがあると思います。よく、猿などから感染するといわれている感染症です。しかし、ねずみもこの菌を持っているので注意が必要です。

ねずみのフンに含まれるレプトスピラについて知ろう!

レプトスピラという感染症は、ドブネズミがよく持っている菌です。水から感染する事もあります。

ねずみのフンの掃除方法と注意点

ねずみのフンの掃除方法と注意点

ねずみのフンを掃除する場合は、素手で触って撤去するのは絶対にやめましょう。ねずみのフンを掃除する手順を紹介します。

準備物

  • ゴム手袋
  • マスク
  • 殺菌剤

手順

1

ねずみのフンを掃除するに必要な3つの準備物を用意する

ねずみのフンを掃除するには3つの準備物が必ず必要です。ねずみのフンには、様々な菌が潜んでいます。絶対に素手で接触らないようにしましょう。直接フンを触らないためにも、手袋を装着しましょう。また、フンを吸い込むのも危険なのでマスクを着用して吸い込むのを防ぎましょう。

2

ねずみのフンを撤去する時は掃除機を使わないようにしよう

ねずみのフンを掃除するとなれば、掃除機で吸いたくなりますが掃除機に菌がついてしまうことがあり、掃除機に吐き出す空気と一緒に菌が排出される事があるので、掃除機は使用しないようにしましょう。

3

ねずみのフンを取ったら消毒と除菌する

ねずみのフンを取った後は、消毒と除菌することを忘れないようにする。クマネズミはフンだけでなく、尿しながらフンすることがあります。殺菌剤を使用して消毒や除菌しましょう。

おすすめ

【ねずみのフン】フンを素手で触ってしまった時の対処方法

【ねずみのフン】フンを素手で触ってしまった時の対処方法

もし、ねずみのフンと知らずに素手で「触ってしまった…」という事もあるかもしれません。そんな時は、どうしたいいのでしょうか?

手でねずみのフン素手でねずみのフンを触ってしまった場合は、速やかに水と石鹸で洗い流しましょう。フンの中にはたくさんの病原体が存在しますが、すぐに侵されるわけではありません。不安な人は除菌ができるウェットシートやアルコールなどで拭き取り消毒すれば安心です。

【ねずみのフン】ねずみのフンを掃除しても終わりじゃない!

【ねずみのフン】ねずみのフンを掃除しても終わりじゃない!

ねずみのフンを掃除したからと言って、それで終わりではありません。ねずみを駆除しないと、またねずみにフンされます。そこでねずみの駆除や、予防方法について紹介します。

しかし、ねずみの駆除を素人がするのはあまりオススメできません。素人が駆除すると、確実に駆除するのが難しいのが理由です。

しかし、どうしても自分でねずみを駆除したい場合は、駆除用スプレーを散布したり、駆除用のカゴなどを置くことで、駆除できる可能性があります。

可能性があるだけなので、確実に捕獲できるものではありません。確実に駆除したいなら、やはりプロに依頼するのがいいでしょう。

ねずみのフン(駆除)は駆除業者に依頼するのがオススメです!

今回は、ねずみのフンの形や、ねずみのフンを掃除する方法について紹介しました。ねずみのフンというのは、ねずみの種類によって大きさや、形が違います。これを見分けるのは、ねずみのフンがあった場所がどんな場所なのかが重要です。

また、見つけたねずみのフンを素手で触るのは、危険なので触らないようにしましょう。掃除する時はゴム手袋と、マスクの装着を忘れないようにしましょう。ネズミのフンを掃除が終われば、ねずみの駆除や予防しましょう。

自分でねずみ駆除や予防しても、確実にするのは難しいです。やはり、プロに依頼するというのが一番いいでしょう。

ネズミ駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ネズミ駆除をプロに依頼するなら

ネズミ駆除を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にネズミ駆除の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事