お風呂が寒いと危険!ヒートショックから身を守るためお風呂の寒さ対策

寒いお風呂場でヒートショックを引き起こす危険があるのは、ご存知の人も多いですよね?これによって、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞などで命を落とす可能性もあります。今回は、安全に入浴するためのお風呂場や、脱衣所の寒さ対策や、浴室暖房機の設置について紹介します。

お風呂リフォーム
更新
お風呂が寒いと危険!ヒートショックから身を守るためお風呂の寒さ対策

日本人にとって、お風呂は欠かせないものですよね。

特に冬場は、温かいお風呂が一日の疲れを取ってくれる大切な場所となります。

寒いからと急いで服を脱いで、浴室に入るという人もいるのではないでしょうか?

しかし、そのような環境では「ヒートショック」を引き起こして、健康状態にも危険を及ぼします。

ヒートショックとは、暖かい居間などから急に寒い浴室に行き、その後に熱いお風呂に入ることが原因となって起きる疾患のことです。

癒しのはずのお風呂で、命の危険がせまるのは避けたいものです。

そこで今回は、お風呂が寒いとヒートテックの危険や、お風呂の寒さ対策について紹介します。

>>プロのお風呂リフォーム業者一覧

【お風呂が寒い】ヒートショックについて知っておこう!

【お風呂が寒い】ヒートショックについて知っておこう!

TVでもよく特集などをされている「ヒートショック」は、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

そのヒートショックのメカニズムは、次のようになります。

冬場に暖房が効いた部屋から、急に寒い脱衣所やお風呂に行くと急激に体が冷えることから起こります。

急に体が冷えることで、血管は熱が奪われないよう収縮し血圧が急に上昇します。

その状態で、熱いお湯に入ると交感神経が活発になり、さらに血圧が上昇します。

それによって、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞などを引き起こす危険があります。

その後湯船に浸かって、温まってくると血管は広がって逆に急激に血圧が下降してしまいます。

そして、急なめまいが起こり浴室で転倒することもあります。

このような冬場のヒートショックによる死亡事故は、毎年増えています。

特に12月~2月の入浴時の気温差が大きくなる時期には、ヒートショックでの事故が多くなります。

十分に対策する必要があります。

【お風呂が寒い】簡単にできるお風呂の寒さ対策を試そう!

【お風呂が寒い】簡単にできるお風呂の寒さ対策を試そう!

ヒートショックを起こさないために必要なことは、脱衣所やお風呂の温度を上げることです。

今すぐできるお風呂の寒さ対策について紹介します。

【お風呂が寒い】窓を閉める時間と断熱効果のあるシートを使う!

【入浴の2~3時間前に窓を閉める】
お風呂が寒くなる原因の1番とも言えるのが、窓から入ってくる冷たい外気です。

カビ対策で開けている人も多いと思いますが、入浴をする2~3時間前には、浴室や脱衣所の窓を閉めておきましょう。

入浴後の換気は、長時間窓だけを開けておくよりもドアと窓との両方を開ける方が空気の流れはよくなります。

また、暖房を使用している部屋がお風呂と近い場合には、暖かい空気をできるだけ入れるように配慮するといいですよ。

【断熱効果のあるシートを使う】
お風呂の窓ガラスに梱包用の緩衝材や、発泡スチロール素材の密度の高いボードなどを貼ると冷気を遮断できます。

緩衝材やボードなどを窓ガラスの大きさに合わせてカットします。
そして窓に両面テープなどで貼ります。

粘着シートが裏面に付いているタイプの製品もありますので、活用してください。

ただずっと貼りっぱなしにすると、どうしても湿気がたまりカビなどが発生しますので、適宜外して乾燥させましょう。

【お風呂が寒い】冬場は換気扇を止めて入浴しよう!

入浴中や入浴する前には、お風呂に換気扇から冷気が入るので止めておきましょう。

入浴後には、お風呂の窓やドアを閉めてから換気扇をまわすことで、湿気を効率的に出すことが可能です。

【お風呂が寒い】お風呂の床にマットを敷く!

お風呂にタイル床材を使用している場合は、特に入った時に足がヒヤッとして冷たさを感じやすいです。

そのため床マットや、すのこなどを敷くことをオススメします。

床マットには、ソフトなお風呂専用の樹脂でできたマットがあります。

床から伝わってくる冷たさを軽減します。

木製のすのこも同様に、床の冷たい感触をやわらげます。

しかし、カビが生えやすいので、入浴後には壁に立てかけるなどして乾かしましょう。

特に木製のすのこの場合は、風通しのいい場所で週に1度は陰干ししましょう。

入浴前に床を熱いシャワーで温めるのも効果的です。

【お風呂が寒い】壁や床をシャワーで温めてから入浴する!

入浴前にお風呂場全体をよく温めるため、床だけではなく、壁に熱いシャワーをかけましょう。

また、お湯をはった後は、蓋を外しておくのもいいですね。

カビ対策が気になる方は、入浴後は冷たいシャワーを壁にかけて、スクイージーなどでしっかり水を切りましょう。

【お風呂が寒い】脱衣所に暖房器具を置く!

脱衣所は、それほど長時間いる場所ではないため暖房器具を設置している家庭は少ないかもしれません。

しかし、小さい暖房器具を置いて、入浴の30分~1時間前にスイッチを入れておくのがオススメです。

小さくて軽量の暖房器具がたくさん販売されているので、インターネットや電気屋さんで探してみて下さい。

脱衣所に置く時は、近くにタオルなど燃えやすいものがないか位置に気を付けて置きましょう。

【お風呂が寒い】リフォームでお風呂の寒さを改善しよう!

【お風呂が寒い】リフォームでお風呂の寒さを改善しよう!

【お風呂が寒い】浴室換気暖房乾燥機能を設置する!

浴室換気暖房乾燥機を浴室に設置すると、お風呂を温められるだけでなく、衣類乾燥まで可能です。

浴室換気暖房乾燥は、「壁面取付タイプ」と「天井埋め込みタイプ」があります。

また、熱源は「電気」と「ガス」の2種類あります。
自宅の環境にあわせて選びましょう。

最近の新築マンションでは、最初からついていることが多い機能です。

「設置しているけど使っていない…」という人も多いようですが、お風呂全体が温まるのでヒートショック対策には最適なアイテムです。

耐用年数は10年ほどです。

【お風呂が寒い】内窓にリフォームする!

内窓をお風呂の窓に作り、2重窓にすることで冷たい外気が入らないようにできます。

戸建てはマンションに比べて寒く、住まいの地域によっては、脱衣所やお風呂の寒さも尋常ではないはずです。

2重窓にすれば、かなり体感温度も変わります。

リフォーム業者などの業者に依頼することが多いと思いますが、DIYに自信のある人なら自分でも施工できます。

必要な材料や、やり方をブログなどで紹介している人もいますので、ぜひ検索してみましょう。

【お風呂が寒い】浴室暖房機を施工する費用相場はいくら?

【お風呂が寒い】浴室暖房機を施工する費用相場はいくら?

「浴室暖房機の設置をしたい!」と思っても、気になるのが工事費用ですよね?

そこで、一般的な料金を調べてみました。

浴室暖房機の設置には、工事費と本体価格が必要となります。

【お風呂が寒い】浴室暖房機を施工する費用相場

工事費は、業者によって開きがあります。

大体、2~4万円の業者が多いようです。

【お風呂が寒い】浴室暖房機の本体価格の費用相場

浴室暖房の本体価格も、メーカーや機種によって異なります。

5~10万円程度かかります。

壁掛けタイプと天井型の2種類あり、壁掛けタイプの方がやや安価で購入できます。

  • モップ
    モップ

    合計すると、浴室暖房の設置にかかる費用の相場は、7~14万円程度になるね!

業者によっては、これ以外に出張費や、駐車場代が必要となる場合もあります。

設置の状況によっては、追加の費用がかかる場合もあります。

希望する機種が、自宅の浴室に設置できない場合もありますから、業者に事前に見てもらうことはとても大切です。

現地を見た上で、明確に見積もりをだしてくれる業者を選ぶと安心ですね。

風呂の全体的なリフォームとしては、100万円~120万円程度が費用相場となります。

築年数が経つとどうしても、リフォームが必要になるのがツライところですが、あまりに劣化したお風呂では疲れも取れませんよね。

子育てや介護をしながらでも、リフォームが実現できるよう費用についても考えておきましょう。

【お風呂が寒い】お風呂を快適にするリフォームの業者選び方

【お風呂が寒い】お風呂を快適にするリフォームの業者選び方

業者に依頼してリフォームしたいと希望した場合は、業者選びに頭を悩ませますよね?

残念ながら、悪徳な業者も多く存在するので、慎重に業者を選びたいところです。

6つポイントをおさえながら、業者を探しましょう。

  • お風呂リフォームの実績が豊富である
  • 自宅がその業者の工事対応エリアに入っている
  • 無料で見積もりをしてくれる
  • 工事内容と料金を明確に説明してくれる
  • 取り付けたメーカーの商品の保証がある
  • 工事に関しても保証がある

まずは、無料の出張見積もりを利用して、いくつかの業者を比較してみましょう。

最低でも3社は見積もりをとるのがオススメです。

寒いお風呂の対策をして安全な入浴タイムにしよう!

今回は、お風呂が寒いとヒートテックの危険や、お風呂の寒さ対策について紹介しました。

テレビや雑誌などでも、よく紹介されているとおり、日本は交通事故よりもお風呂での死亡者数が多い国です。

海外よりも圧倒的にお風呂を愛する国なのに、そこで命を落としてしまう現実です。

これを食い止めるには、お風呂や脱衣所の寒さ対策が欠かせませんね。

脱衣所に小さな暖房器具を置いたり、お風呂に浴室暖房機を設置すると、どうしても費用はかかります。

しかし、命を守るためには必要なことです。

最近は手頃な価格の暖房器具もたくさん売っているので、探してみて下さい。

また、浴室暖房の設置は、業者をいくつか比較することで自分が納得できる業者を選べます。

大切な住まいのリフォームですから、信頼できる業者に施工を依頼しましょう。

まとめ

  1. ヒートショックの危険性を理解し、お風呂の寒さ対策をしましょう
  2. 自分で簡単にできるお風呂の寒さ対策に加え、リフォームで浴室換気暖房乾燥機能をつけたり、2重窓にするなどの検討しよう
  3. 浴室換気暖房乾燥機能の設置は、7~14万円の費用がかかります。よく調べて、信頼できる業者に依頼しよう

お風呂リフォーム業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

お風呂リフォームをプロに依頼するなら

お風呂リフォームを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にお風呂リフォームの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
15 投票, 平均点: 4.45

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください