最終更新日:

いきなりウェットシートで掃除するのはNG!ウェットシートの使い方

フローリングを掃除するのに便利なのがフロアワイパーです。手軽にフローリングを掃除できて便利ですが、いきなりウェットシートでフローリング掃除するのはNGです。今回は、ウェットシートを使って正しいフローリング掃除する方法について紹介します。

いきなりウェットシートで掃除するのはNG!ウェットシートの使い方

フローリングを掃除するのに便利なのがウェットシートです。
さっと取り出して、すぐにフローリングを掃除できます。

しかし、いきなりウェットシートでフローリング掃除するのはNGです。

そこで今回は、ウェットシートを使って正しいフローリング掃除する方法について紹介します。

いきなりウェットシートで床掃除するのはNG

フローリング掃除はいきなりウエットシートで掃除すると、ホコリやゴミを床に塗り込むことになります。
いきなりウエットシートで掃除するのはNGです。

フローリング掃除はドライシートで掃除して、細かいホコリや髪の毛を取り除きます。
フローリング用の粘着ローラーを使っても構いません。
夜間に空気中のホコリがフローリングへ落ちるので、朝一番にするのがオススメです。

次にドライシートで取りきれなかった大きなゴミを掃除機で吸い取ります。
掃除機をかけるときは軽い力でゆっくり引くとしっかりゴミを吸い込んでくれます。
ロボット掃除機でもOKです。
一番始めに掃除機をかけると、夜間に落ちたホコリが舞い上がるため注意しましょう。

ウェットシートで床を掃除する方法

ウェットシートで床を掃除する方法

ドライシートで細かいホコリやゴミが取り、大きなゴミを掃除機で吸い取ったらウエットシートで掃除します。

ウェットシートには専用洗剤が染み込んでおり、ドライシートや掃除機では取れない皮脂汚れや食べ物の油汚れを落とせます。

ウェットシートで掃除する時は、ヘッドを左右に動かしながら遠くから手前に汚れを寄せ集めるイメージで動かします。

フローリングの木目にそってかけるのもポイントです。
そうすれば細いミゾの隙間までキレイに掃除できます。

ウェットシートで落ちない汚れは雑巾掛け

ウェットシートで落ちない汚れは雑巾掛け

ウェットシートで落ちない汚れは、昔ながらの雑巾掛けが有効です。
雑巾掛けは力を入れてこするためヌルヌル汚れやざらつきをより強く落とせます。

雑巾掛けする時は、水よりぬるま湯を使う方が効果的です。
それでも落ちない場合は、ぬるま湯に中性洗剤を数滴加えて拭いてみましょう。

重曹やセスキ炭酸ソーダなどアルカリ性の洗剤を使うと、フローリングのワックスが剥がれてしまいます。
アルカリ電解水は洗剤ではないので大丈夫です。
あまり頻繁に雑巾掛けすると、拭くときの力でフローリングが痛むので月に1回程度にしましょう。

最後はワックスがけしよう

フローリングは半年に1回程度ワックスがけすることをオススメします。

ワックスをかける時は液体やワックスシートなどでOKです。
ワックスをかけた後は自然乾燥でもいいですが、ひと手間かけて乾拭きするとより美しく仕上がります。

家事のコツをご紹介!公式インスタグラムはこちら

Instagram
https://www.instagram.com/hotlines.shop/

ハウスクリーニングならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったハウスクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す