最終更新日:

ブーゲンビリアの育て方完全版!ブーゲンビリアの植え方から育て方まで分かる

鮮やかで美しいブーゲンビリアを自分で育ててみたいけど「上手に育てられるか自信がない…」と悩んでいませんか?そこで今回は、ブーゲンビリアの植える方法、お手入れ方法、剪定方法、増やし方について紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

ブーゲンビリアの育て方完全版!ブーゲンビリアの植え方から育て方まで分かる

鮮やかで美しいブーゲンビリアを自分で育ててみたいけど「上手に育てられるか自信がない…」と悩んでいませんか?

ブーゲンビリアの育て方を知れば自分で育てられますよ。

そこで今回は、ブーゲンビリアの植え方や、剪定方法や増やし方について紹介します。

>>プロの庭木の剪定業者の一覧

ブーゲンビリアの基礎知識

ブーゲンビリアの基礎知識

ブーゲンビリアの学名と名前の由来

ブーゲンビリアの学名は「Bougainvillea」で、1760年にブラジルでフランスの探検家によって発見されました。

発見した探検家の名がブーガンヴィルだったことからブーゲンビリアと名付けられたと言われています。

ブーゲンビリアは熱帯植物

ブラジルで発見されたということでも分かる通り、ブーゲンビリアは中南米の熱帯植物です。
そのため寒い場所が苦手です。

ブーゲンビリアの花

熱帯地方では一年中開花していますが、日本での開花時期は春~秋にかけてです。
4月~5月と10月~11月に花が咲きます。

赤やピンク、黄やオレンジといった鮮やかな花を咲かせるイメージがありますが、ヒラヒラとした花びらに見える部分は「苞葉(ほうよう)」と呼ばれる葉の一種です。
本当の花は、苞葉の内側の白い筒状の部分です。

ブーゲンビリアの茎

ブーゲンビリアはつる植物です。
ラティスやフェンスにからませると、おしゃれな生け垣ができます。

ブーゲンビリアの茎にはトゲがあり、作業する時は手袋をはめてから作業しましょう。

ブーゲンビリアの害虫被害

ブーゲンビリアはほとんど病気にかかりませんが、まれにアブラムシの被害に合うことがあります。
アブラムシが発生したら水で洗い流して殺虫剤で退治しましょう。

ブーゲンビリアを植える方法

ブーゲンビリアを植える方法

ブーゲンビリアの土を作る方法

ブーゲンビリアの土を作るタイミングは4月~6月頃で、市販の草花用培養土を使うと簡単です。
市販の草花用培養土に赤玉土を混ぜて、水はけをよくして使います。

自分で土を配合する時は「赤玉土4、腐葉土3、軽石2、鹿沼土1の割合」または「赤玉土7、腐葉土3の割合」で混ぜてから化成肥料を加えて2週間寝かせます。
地植えする場合は、庭土に赤玉土と腐葉土を混ぜて改良してから植え付けます。

ブーゲンビリアを植え付ける方法

ブーゲンビリアは下に長く根を伸ばす植物のため、鉢は縦長の鉢を用意しましょう。

5号鉢に1株が植える目安です。
植える時期は土作りしてから2週間後の5月~7月で気温が20℃を超える暖かい日に植え付けましょう。

準備物

  • 鉢底ネット
  • 鉢底石
  • ブーゲンビリアの苗木

手順

1

鉢に鉢底ネットと鉢底石を敷く

鉢に鉢底ネットと鉢底石を敷いて、ポットから苗木をそっと抜いて鉢の中心に置く。周りに土を入れて植え付け完了。

おすすめ

ブーゲンビリアの置き場所と日当たり

ブーゲンビリアは日当たりがよすぎても、悪すぎても花が咲きません。
午前中は日がよく当たる場所で、午後は直射日光が当たらない場所、そして夜は街灯の光が当たらない場所を置き場所にしましょう。

地植えの場合は、日陰にならない場所を選びましょう。
塀や建物の側に植えるのがオススメです。

ブーゲンビリアは地植えの土がよすぎると、どんどん枝が伸びて花が咲かなくなってしまいます。
成長した根を切り、枝葉と根のバランスを取ると解決しますが、建造物の側に植えておけば根の成長が制限され根を整える手間が省けます。

また、風通しの悪い場所で育てるとアブラムシが発生します。
風通しのいい場所で育てましょう。

ブーゲンビリアを植え替える時期

鉢植えの場合は、鉢の中で根詰まりしないように2、3年に一度植え替えします。
5月~7月の気温が20℃以上の暖かい日に、新しい土に植え替えましょう。

しかし、つぼみがついている時や、花が咲いている時は苗が弱まるため避けましょう。
植え替える時は一回り大きな鉢か、同じ大きさの鉢に植え付けと同じ手順で植え替えましょう。

ブーゲンビリアのをお手入れする方法

ブーゲンビリアのをお手入れする方法

ブーゲンビリアの水やり

ブーゲンビリアは湿った土壌より、乾燥気味の土壌を好みます。
土が完全に乾くまで待ってから水をあげましょう。

水やりし過ぎると枝葉ばかり成長して花が咲きません。
葉の先がしおれたら水やりするくらいの気持ちで大丈夫です。

冬は1週間に1回程度、晴れて暖かい日に水やりしましょう。
地植えの場合は特に水やりせずに、雨天にまかせて大丈夫です。

ブーゲンビリアの肥料

ブーゲンビリアは肥料をあげ過ぎても、あげなさ過ぎても花は咲きません。

肥料をあげるタイミングは4月~10月、開花後、剪定後、発芽後です。
液体肥料より効果がゆっくり表れる固形肥料が適しています。

窒素成分が多い肥料は枝葉ばかり成長して花が咲かなくなるため、リン酸が多い化成肥料がオススメです。
地植えの場合は肥料をあげなくても大丈夫です。

ブーゲンビリアの冬越し

熱帯植物であるブーゲンビリアは気温が5℃以下になると枯れてしまいます。
鉢植えの場合は、冬になったら屋内に鉢を入れて育てましょう。

地植えの場合はビニールやバークチップで冷気を遮る寒さ対策しましょう。
霜が降りるような北の寒冷地は、地植えより鉢植えの方が温度管理がしやすく育てやすいです。

ブーゲンビリアの剪定方法や増やし方

ブーゲンビリアの剪定方法や増やし方

ブーゲンビリアを剪定する方法

日当たりや風通しをよくするために、伸びた枝葉はそのままにせずこまめに切りましょう。
本格的な剪定は花が咲き終わった後の6月~8月、または休眠期の秋~冬にしましょう。
枯れている枝、トゲだらけの枝、葉がまばらな枝、上に伸びた枝を根元から切り落とし、幹に日が当たるように剪定します。

ブーゲンビリアを誘引する方法

温暖地域ならブーゲンビリアを地植えして、ラティスやフェンスに誘引し生け垣を作れます。
ブーゲンビリアはバラのように枝の上に花が付くため、横に誘引すると全体的にキレイな花が咲きます。

ブーゲンビリアの誘引は葉が落ちた秋~冬にします。
伸ばしたい方向へ枝を伸ばして、麻ヒモなどでラティスやフェンスに結び付ければ誘引できます。

ブーゲンビリアを挿し木する方法

ブーゲンビリアを増やす一番簡単な方法が挿し木です。
挿し木する時期は6月~8月の新芽が出やすい時期にしましょう。
剪定時期と重なるので、剪定時に切り落とした枝を使ってもいいでしょう。

元気な枝を選び10cmくらい切り落として、枝の先を斜めに切って30分~1時間程水に浸けてから、赤玉土かパーライトや川砂を入れた鉢に枝の2/3まで挿し込みます。
葉は発根を促すため先端部の4、5枚を残して摘み取りましょう。

発芽するまでは日陰で土が乾燥しないように水やりして育てます。
新芽と根がしっかりしてきた1~2ヶ月後に、新しい鉢や庭に植え替えましょう。

ブーゲンビリアを種から育てる方法

ブーゲンビリアは種から育てられますが、種はほとんど市販されておらず購入が困難です。
育てたブーゲンビリアの花が咲き終わり、サヤが熟したら種を採って春まで冷暗所で保管しておきましょう。

種まきの時期は植え付けと同じく5月~7月の気温が20℃を超える暖かい日にしましょう。
種まき用のポットに種を置き、軽く土をかぶせて直射日光が当たらない場所に置きます。土が乾かないように水やりして、苗が育ったら植え替えます。
芽が出るまでに1ヶ月くらいかかりますので、気長に育ててください。

ブーゲンビリアの剪定は業者に依頼できる

今回は、ブーゲンビリアの植え方や、剪定方法や増やし方について紹介しました。

日当たり、水やり、肥料はあげ過ぎてもあげなさ過ぎてもいけません。
そして伸びた枝葉は剪定が必要です。
自分で剪定してもいいですが、庭木の剪定(手作業)サービス業者に依頼もできます。

庭木の剪定業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

庭木の剪定ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った庭木の剪定の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す