【バスタオルが臭い原因】バスタオルが臭い時の対処方法と予防方法

洗濯機(洗濯槽)クリーニング
更新

「バスタオルが臭い…」のはなぜでしょうか?原因は雑菌の繁殖によるものです。そこで今回は、バスタオルが臭い原因や、対処方法や予防方法について紹介します。おすすめのアイテムも合わせて紹介します。

【バスタオルが臭い原因】バスタオルが臭い時の対処方法と予防方法

「バスタオルがなんか臭う…」ということはありませんか?

なぜバスタオルが臭くなってしまうのでしょうか?

バスタオルの臭いの原因は雑菌繁殖です。

そこで今回は、バスタオルが臭い原因や、バスタオルが臭い時の対処方法や予防方法について紹介します。

>>プロの洗濯機(洗濯槽)クリーニング業者の一覧

【バスタオルの臭い】バスタオルが臭い原因は雑菌繁殖

【バスタオルの臭い】バスタオルが臭い原因は雑菌繁殖

バスタオルが臭くなってしまうのは、繁殖した雑菌が原因です。

例えばバスタオルがうっすらとピンク色になっている場合は、酵母菌が繁殖しています。

酵母菌は人体への悪影響は少ないですが、黒カビが生える原因となります。

また、モラクセラ菌という人の口や鼻の粘膜などにいる菌も条件が揃うと繁殖します。

雑菌が繁殖する条件は「温度」「湿度」「栄養」の3つです。

雑菌は高温や低温では繁殖しません。
また、水分が無い場所でも繁殖しません。

雑菌が繁殖する温度は30℃~40℃、湿度は80%~85%の環境です。
雑菌の栄養は皮脂やホコリや洗剤カスなどです。

バスタオルを使ったあとに洗濯機で洗う前に、洗濯物がたまるまでの間しばらくカゴに入れておきますよね?

生暖かいバスタオルをカゴの中に放置しておくと、その間に雑菌が繁殖してしまいます。

また、洗ったあとすぐに干さずに洗濯機の中に放置しておいても雑菌が繁殖します。

その他、洗濯機そのものが汚れていたり、衣類をぎゅうぎゅうに詰め込んで洗うと、衣類の汚れがキレイに落ちず雑菌が繁殖しやすくなります。

【バスタオルの臭い】バスタオルの臭いを消す5つの方法

【バスタオルの臭い】バスタオルの臭いを消す5つの方法

バスタオルが臭くなると洗い直してもなかなか臭いが取れません。

そこでバスタオルの臭いを消す5つの方法を紹介します。

【バスタオルの臭い】熱湯で殺菌する

モラクセラ菌などの殺菌は、60℃以上になると死滅します。

バケツにお湯を張り、バスタオルを20分~1時間程度つけておくと雑菌が死滅します。

バスタオルの枚数が多い場合は、浴槽にお湯を張ってつけ置きしましょう。

それでも臭いが取れない場合は、煮沸消毒してください。

しかし、材質によっては生地が傷むことがあります。
必ず洗濯表示を確認しましょう。

1

臭いが気になるバスタオルを鍋に入れる

バスタオルが入る大きさの鍋を用意して、お湯を沸かして臭いが気になるバスタオルを入れて3~10分程度煮る。

2

バスタオルを取り出して洗濯機する

バスタオルを取り出して洗濯機ですすぎ、脱水する。

【バスタオルの臭い】アイロンの熱で殺菌する

洗濯後の濡れたバスタオルにアイロンを当てて殺菌します。

1箇所につき3秒程度で十分です。
そのあといつも通り干して乾かします。

【バスタオルの臭い】重曹を使う

重曹には消臭効果があります。
熱湯でつけ置きする時は、お湯10Lに対して大さじ1杯の重曹を入れると消臭できます。

または、洗濯機に重曹と洗剤を入れて洗濯してもバスタオルの臭いが取れます。

【バスタオルの臭い】クエン酸を使う

熱湯でつけ置きするときお湯10Lに対して10gのクエン酸を入れます。

洗濯機で使う時は、他の洗剤と混ざると中和して効果がなくなってしまいます。
クエン酸のみでバスタオルを洗濯しましょう。

【バスタオルの臭い】酸素系漂白剤を使う

ワイドハイターやオキシクリーンなどの酸素系漂白剤を使うと、バスタオルの臭いが取れます。

使い方は熱湯に入れてバスタオルをつけ置きするか、普段の洗濯時にプラスして入れるだけです。
分量はパッケージに記載されている規定量を入れてください。

あまりつけておくとバスタオルが色落ちすることがあります。

【バスタオルの臭い】バスタオルの臭いを予防する方法

【バスタオルの臭い】バスタオルの臭いを予防する方法

バスタオルの臭いを防ぐ一番の方法は、こまめに洗濯することです。

洗体後の体を拭くだけでバスタオルは汚くならないんじゃないかと2、3日洗濯しないで使う人がいますよね?

しかし、使ったあとバスタオルを放置すると6億個もの雑菌が繁殖します。

また、使ったあとのバスタオルをそのまま放置するのもやめましょう。

筆者はバスタオルを使った後カゴに入れる前に、カゴの上部に1時間程度掛けて湿り気を取ってから洗濯カゴに入れています。

そして洗濯後は早く乾かすことも大切です。
毎日屋外に干せればいいですが雨が降っていたり、仕事で夜しか洗濯でいない時がありますよね。

梅雨どきは室内干しをすると生乾き臭が発生することもあります。

室内干しをする時は、なるべく衣類の間隔をあけて干したり、サーキュレーターで風を当てるなどの工夫して早く乾かしましょう。

家にサーキュレーターや衣類乾燥機がない人は、コインランドリーを利用するのもいいでしょう。

【バスタオルの臭い】バスタオルの臭い対策商品

【バスタオルの臭い】バスタオルの臭い対策商品

バスタオルの臭い対策にオススメの商品について紹介します。

炭酸泡タブレットの力でキレイになります。

部屋干しする時は部屋干し用の洗剤を使うのがオススメです。

今回紹介するアリエールは「レノア×ファブリーズ共同開発で部屋干し時のタオルのニオイ癖や生乾き臭まで徹底消臭!」となっています。

ジェルボールより液体がいいという人には、液体タイプもあります。

重曹は洗濯だけでなく掃除にも使えて本当に便利です。

この重曹は料理やお菓子づくりにも使えます。
口に入れても大丈夫なので、赤ちゃんやペットがいる家でも安心して使えますね。

説明文によると「普段使う洗濯用の洗剤として重曹を使い、ひどい汚れの時に石鹸・洗剤を使用します。

重曹は洗剤の洗浄力を高め、水を柔らかくして生地をフワッと仕上げます。

重曹のみで洗濯する場合には、水の量10Lにつき大さじ1杯が基本です。
30Lですと大さじ3杯です。

クエン酸も重曹と同じく天然素材で、ナチュラルクリーニングしたい人にオススメです。

消臭効果があるので、部屋干しの臭い対策に使えます。

このクエン酸も洗濯、掃除だけでなく料理やお菓子づくりにも使えます。

洗っても臭い原因は「蓄積臭」だそうです。
ワイドハイターEXは洗剤だけでは落としきれない「蓄積臭」を落としてくれます。

洗剤と一緒にキャップ1杯入れるだけです。

最近話題のオキシクリーンは、除菌、消臭、漂白効果があります。

オキシクリーンでつけ置きする「オキシつけ」も流行りましたね。

バスタオルの臭い原因が洗濯機なら業者に相談!

今回は、バスタオルが臭い原因や、バスタオルが臭い時の対処方法や予防方法について紹介しました。

バスタオルの臭いの原因である雑菌は、温度、湿度、栄養の3条件が揃っていると繁殖します。

バスタオルをつけ置きするなどして、除菌や殺菌しましょう。

雑菌が繁殖しないように洗濯方法や、バスタオルの干し方を工夫するのも効果的です。
そして、洗濯機の掃除も忘れずにしましょう。

忙しい人や自分では掃除できないほど汚れがたまっている洗濯機の掃除は、クリーニング業者に依頼するのがオススメです。

関連記事

洗濯機(洗濯槽)クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

洗濯機(洗濯槽)クリーニングをプロに依頼するなら

洗濯機(洗濯槽)クリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に洗濯機(洗濯槽)クリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる