【センサーライト屋外用】防犯対策のためセンサーライトを屋外に設置

防犯対策や見通しのよさからセンサーライト(屋外用)の設置を検討される方も多いです。今回は、センサーライト(屋外用)の種類や特徴、また選び方のポイントや取り付け方法について紹介します。安心で安全な毎日を送るために、取付けてみてはいかがでしょうか?

センサーライト取り付け
更新
【センサーライト屋外用】防犯対策のためセンサーライトを屋外に設置

防犯対策のため、センサーライトの設置を検討される人も多いです。

しかし、どんな種類のセンサーライトを、どこに設置したらいいのか迷いますよね?

屋外用センサーライトには、大きく分けて3種類あり、メリットとデメリットを理解して選ぶ必要があります。

また、センサーライトの取り付けは難しいと思っているかもしれませんが、素人でも簡単に設置できますよ。

そこで今回は、屋外のセンサーライトを設置するメリットや、屋外のセンサーライトの種類や、自分で設置する方法について紹介します。

>>プロのセンサーライト取り付け業者の一覧

【屋外のセンサーライト】センサーライトを設置するメリット

【屋外のセンサーライト】センサーライトを設置するメリット

屋外センサーライトは、動く物体を認知すると自動的に電源が入り、一定期間ライトを照らす防犯器具です。

屋外のセンサーライト設置することで、3つのメリットがあります。

  • 見通しの悪い出入口などを照らすことで、照明代わりになる
  • 侵入しようとする犯人センサーライトがあたり、犯行を断念させる
  • センサーライトがつくことにより、犯人の姿を周りの人に知らせる

夜に訪れる泥棒は短時間で家に侵入することを目的としているため、屋外のセンサーライトを浴びると犯行を躊躇させる効果があります。

防犯以外の面でも、玄関先やガレージにセンサーライトをつけると何かと便利なのでオススメですよ。

筆者の場合、防犯面と見やすさを考えてガレージにセンサーライトを設置しています。

また、センサーライトは人に気づくと自動的に点灯して、一定時間が経つと消灯されるのでエコです。

電気代が気になる方も安心ですね。

【屋外のセンサーライト】屋外用センサーライトと電球の種類

【屋外のセンサーライト】屋外用センサーライトと電球の種類

屋外用センサーライトには「乾電池式」「コンセント式」「ソーラーパネル式」の3つのタイプがあります。

それぞれのメリット、デメリットと適した設置場所を理解して、自分に合ったセンサーライトを選ぶことが大切です。

【屋外のセンサーライト】乾電池式のメリット

  • 配線工事不要で手軽に購入できる
  • 設置場所を気にせず簡単に配置できる

【屋外のセンサーライト】乾電池式のデメリット

  • 電池交換に手間がかかる
  • 電池切れの際は気づかない間にセンサーライトが停止する

【屋外のセンサーライト】乾電池式の適した設置場所

  • 玄関
  • 通用口
  • ガレージ

【屋外のセンサーライト】コンセント式のメリット

  • コンセントにつなぐだけで簡単に設置できる
  • 停電しない限りセンサーライトが停止しない

【屋外のセンサーライト】コンセント式のデメリット

  • コンセントがある場所にしか設置できない
  • コンセントがない場合、防水性の延長コードまたはコンセントを新たに設置する必要がある

【屋外のセンサーライト】コンセント式の適した設置場所

  • 勝手口
  • 玄関

【屋外のセンサーライト】ソーラーパネル式のメリット

  • 電池交換がいらないので交換手間が省ける
  • 太陽の光があれば明かりが灯るので経済的

【屋外のセンサーライト】ソーラーパネル式のデメリット

  • 太陽光が良く当たる場所でないと明かりが灯らない
  • 大きいソーラーパネルの場合は工事が必要

【屋外のセンサーライト】ソーラーパネル式の適した設置場所

  • ガレージ
  • 通路

簡単に取り付けられるのは、乾電池式の屋外用センサーライトです。

しかし、電池がいつ切れるか分からないのと電池交換の必要があるため、それらの手間を省きたい人は、コンセント式やソーラーパネル式を選びましょう。

また、屋外用センサーライトに使用する電球にも3つの種類があります。

これらのメリットやデメリットも確認しておきましょう。

【屋外のセンサーライト】白熱電球の特徴を知ろう!

他の電球に比べて低価格ですが、寿命が短いので定期的に交換する必要があります。

また、他の電球に比べて紫外線が多く、虫が集まりやすいです

【屋外のセンサーライト】ハロゲンランプの特徴を知ろう!

広範囲を照らしてくれるので、防犯効果が高いのが特徴です。

デメリットは消費電力が高く、寿命は白熱電球よりも長いですがLEDには劣ります。

【屋外のセンサーライト】LEDの特徴を知ろう!

消費電力が少なくて、寿命が長いのが最大のメリットです。

白熱電球と違い熱をもたないところも利点ですが、他の電球に比べて高価です。

しかし、長期的な目でみるとコスパがいいので、電球の中では一番オススメです。

【屋外のセンサーライト】センサーライトを選ぶ時のポイント

【屋外のセンサーライト】センサーライトを選ぶ時のポイント

屋外用センサーライトを選ぶ時は、5つの機能の有無を確認して、自分の好みにあったものを選びましょう。

【屋外のセンサーライト】明るさを調整できるか確認しよう!

屋外用のセンサーライトは、明るければ明るいほど防犯効果を発揮します。

昼間など明るい時にもこの機能を設定していると消費電力が大きくなるため、自分で明るさを調整できるものがオススメです。

また、明るすぎると近所迷惑にもなるため、明るさの調整ができるセンサーライトを選択するといいですね。

【屋外のセンサーライト】点灯時間を調整できるか確認しよう!

センサーライトが反応してから、点灯する時間を設定できます。

玄関や勝手口などは施錠するのに時間がかかるため、長い間点灯できれば便利ですよね。

暗い道を照らす場合などは点灯時間が短くてもいいため、点灯時間が調整できるものを選択しましょう。

【屋外のセンサーライト】反応時間を調整できるか確認しよう!

玄関などに夜間だけ点灯させるために屋外用センサーライトを取り付ける場合、反応時間を調整できると便利です。

周囲の明るさに反応して点灯するタイプの屋外用センサーライトであれば、夜間のみ点灯させることが可能です。

【屋外のセンサーライト】フラッシュ機能があるか確認しよう!

センサーライトがフラッシュして侵入者を警告できる「フラッシュ機能」がついているものは、オン、オフができるものがオススメです。

【屋外のセンサーライト】防水性の高いか確認しよう!

屋根のない場所にセンサーライトをつける場合は、防水性が高いものを選びましょう。

電化製品の異物侵入を防ぐために設けられている等級として「IP44」以上のものがいいですよ。I

P44以上なら、どんな方向の飛沫でも被害を受けることがないと認められた商品です。

屋外用センサーライトでも防水加工がされていないものもあるため、購入時には防水加工がされているか確認しましょう。

【屋外のセンサーライト】おすすめの屋外用センサーライト3選

【屋外のセンサーライト】おすすめの屋外用センサーライト3選

様々なメーカーから販売されているセンサーライトですが、どれを購入したらいいのか迷っていませんか?
オススメの商品を3選紹介します。

【屋外のセンサーライト】ムサシ/ソーラー式センサーライトS-20L

LEDを2つ利用した屋外用センサーライトです。

本体とソーラーパネルはクランプまたは、ネジで簡単に取り付けられます。

ソーラーパネルを使っているため、電気代がかからないのが嬉しいですね。

点灯時間は10秒または30秒を選択できて、フラッシング機能として30秒間点滅する機能がついているので防犯対策もばっちりです。

昼夜点灯するモードと夜だけ点灯するモードに切り替えできます。

【屋外のセンサーライト】ムサシ/フリーアーム式LEDセンサーライト

自由に取り付けができる3灯のコンセント式の屋外用センサーライトです。

明るさが重視されているため、他のセンサーライトに比べて明るいのが特徴です。

ネジまたはクランプで取り付け可能なので玄関や庭だけでなく、天井にも取り付け可能です。

点灯時間は5秒~5分間で設定できて、昼夜で点灯の切り替えできます。

3灯を別方向に向けると3方向照らせます。

【屋外のセンサーライト】エルパ/屋外用センサーライトESL-BH200

ハロゲン電球を使用した屋外用センサーライトで、LEDより明るく商社範囲が広いのが特徴です。

点灯時間は5秒~5分間の間で設定できて、昼や夜だけなど2つのモードを選択できます。

センサーの検知エリアが高角90度~狭角15度、中距離6m~長距離12mまで選択可能です。

【屋外のセンサーライト】センサーライトを取り付ける方法

【屋外のセンサーライト】センサーライトを取り付ける方法

屋外用のセンサーライトの取り付け方法は簡単です。

筆者が屋外のセンサーライトをガレージに取り付けてみた時の手順を紹介します。

用意するもの

必須
屋外用センサーライト
クランプまたは、ネジ
1屋外のセンサーライト

屋外のセンサーライトを設置する場所を決める

屋外のセンサーライトを設置する場所を決めましょう。エアコンの室外機やペットがいる場所を避け、水平な場所を選択する。

2

センサーライトの確認と点灯時間を調整する

センサーライトがきちんと点灯するか、センサーが感知するか確認する。この時に点灯時間も調整する。(筆者は点灯時間を1分間に調整しました)

3

クランプまたは、ネジを使ってセンサーライトを設置する

クランプまたは、ネジを使ってセンサーライトを設置する。クランプを使う場合は、L字金具で取り付けてからベースを取り付けて、蝶ナットを締めましょう。

4

取り付けベースにセンサーライトをはめ込む

ツメがしっかり入っていることを確認して、取り付けベースにセンサーライトをはめ込む。

5

センサーライトの各機能を調整する

点灯時の明るさと点灯保持時間、照射角度を調整する。点灯保持時間はツマミを回して設定し、照射角度は本体とライト部分を持って上下左右に動かしながら調整して完了。

金具を取り付けるだけなので、筆者も簡単にできました。

初心者でも取り付け可能なので、防犯対策に取付けてみてはいかがでしょうか?

センサーライトを屋外に設置して防犯対策しよう!

今回は、屋外のセンサーライトを設置するメリットや、屋外のセンサーライトの種類や、自分で設置する方法について紹介しました。

センサーライトは種類と使う電球によって適した設置場所があるため、設置したい場所によって取り付けるセンサーライトを選びましょう。

長く使いたい人は、経済的で寿命の長いLEDのソーラーパネル式センサーライトがオススメです。

また、明るさや点灯時間が調整できるものを選択すると、消費電力を抑えられるので便利です。

防水機能がついていない屋外用センサーライトもあるため、必ず防水機能がついているものを選びましょう。

簡単に取り付け可能なセンサーライトですが、取り付けたい場所にコンセントがない場合や、大きいソーラーパネルを取り付けたい場合は、工事が必要なため専門業者へ依頼しましょう。

まとめ

  1. 屋外用センサーライトは、防犯対策に非常に役立つアイテムの1つです
  2. 屋外用センサーライトは「乾電池式」「コンセント式」「ソーラーパネル式」の3種類がある
  3. どの機種を選ぶか迷ったら、5つの機能(明るさ、点灯時間、反応時間、フラッシュ、防水性)から何を重視したいかを考える
  4. 屋外用のセンサーライトは、自分で取付ける事も可能です

センサーライト取り付け業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

センサーライト取り付けをプロに依頼するなら

センサーライト取り付けを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にセンサーライト取り付けの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
37 投票, 平均点: 4.39

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください