最終更新日:

【ティッシュを洗濯機で洗った時の対処方法】ティッシュを洗濯機から取る!

「洗濯機でティッシュも洗ってしまった!」という経験はありますか?取り方を工夫するだけで簡単に取れるので、イライラすることが減りますよ。そこで今回は、ティッシュを洗濯機で洗ってしまった時の対処方法について紹介します。洗濯槽の掃除方法も合わせて紹介します。

【ティッシュを洗濯機で洗った時の対処方法】ティッシュを洗濯機から取る!

「洗濯機でティッシュと一緒に洗ってしまった…」という経験は、誰しも1度はあるのではないでしょうか?

ティッシュが洋服にこびり付くと、取るのは本当に大変ですよね。

そこで今回は、ティッシュを洗濯機で洗ってしまった時の対処方法について紹介します。

>>プロの洗濯機(洗濯槽)クリーニング業者の一覧

【洗濯機のティッシュ】洗濯物についたティッシュを取る方法

【洗濯機のティッシュ】洗濯物についたティッシュを取る方法

洗濯物にティッシュがこびり付いてしまった時の対処方法について紹介します。

用意するもの

必須
柔軟剤または、酢
野菜ネットまたは、排水口用のネット
あると便利
新聞紙
1

ティッシュが付いた洗濯物を乾燥させる

ティッシュがこびり付いた洗濯物を乾燥機で乾燥させる。乾燥させることで、ティッシュが取れやすくなります。また、乾燥機を使うと遠心力によってティッシュが吹き飛ぶため、自然乾燥ではなく乾燥機で乾燥させるのがポイントです。

2

洗濯物を柔軟剤または酢と洗濯する

洗濯物が乾燥したら、静電気を防ぐ効果がある柔軟剤または、酢と一緒に洗濯機で洗う。酢を入れる場合は1カップ(200cc)くらい入れましょう。多いかなと感じる人もいるかと思いますが、実際に入れてみるとニオイがついたりすることはほとんどありません。また、洗剤を使って洗わないので「すすぎ1回、脱水1回」の洗濯で大丈夫です。

3

野菜ネットを使って取る

野菜ネットを手にはめて、濡れた状態の洗濯物を滑るようになでる。そうすることで、ティッシュがネットの網目に絡まって取れます。この時ティッシュがたくさん床に落ちるため、新聞紙を引いた上で作業すると掃除も楽になります。野菜ネットがない場合は、排水口用のネットでも代用できます。

【洗濯機のティッシュ】ティッシュが取れない時の対処方法

【洗濯機のティッシュ】ティッシュが取れない時の対処方法

乾燥させたり、野菜ネットを使ったりしてもティッシュが取れない時は、他の4つの方法も試してみましょう。

【洗濯機のティッシュ】掃除機を使う

ティッシュが付いている部分に掃除機のノズルを当てて、弱めの風で吸い取ります。

洗濯物自体を吸い取ってしまいそうな場合は、掃除機の先端部分を外して使いましょう。

【洗濯機のティッシュ】粘着ローラーを使う

ティッシュが付いている部分に粘着ローラーを当て、丁寧にコロコロします。

力を入れ過ぎると洗濯物が傷んでしまう可能性があるので、優しくコロコロするといいでしょう。

【洗濯機のティッシュ】ガムテープを使う

適当な長さにガムテープを切り、ティッシュが付いた部分に当てます。

少し時間はかかりますが、細かくなったティッシュも取れます。

【洗濯機のティッシュ】食器用スポンジを使う

二層タイプのスポンジの柔らかい面を使って軽くこするだけで、ティッシュがれます。

しかし、硬い面を使うと洗濯物を傷めてしまったり、毛羽立たせたりする可能性があるので、硬い面は使わないようにしましょう。

【洗濯機のティッシュ】ティッシュを洗った時の掃除方法(縦型)

【洗濯機のティッシュ】ティッシュを洗った時の掃除方法(縦型)

ティッシュを一緒に洗ってしまった時は、洗濯機の掃除も必要です。

そのままにしておくと、またティッシュが広がってしまう可能性があるため掃除しましょう。

1

洗濯機に付いたティッシュを取り除く

見える範囲のティッシュを手で取り除く。気になる汚れがある場合は、ティッシュで拭き取る。

2

洗濯機に最大水量水入れる

洗濯機に最大水量水を入れて、すすぎと排水する。これだけでも洗濯機に付いたティッシュをほとんど取れます。

3

洗濯機フィルターを掃除する

フィルターにティッシュがたまっている場合は、フィルター掃除する。フィルターを外して、中に詰まったティッシュや糸くずを取り除く。細かい汚れは優しく水洗いすれば落とせます。

筆者は洗濯機を掃除しないまま再び洗濯してしまった経験がありますが、その時はまたティッシュが洋服にこびり付いて大変でした。

繰り返さないためにも、洗濯機の掃除は忘れないようにしましょう。

【洗濯機のティッシュ】ティッシュを洗った時の掃除方法(ドラム式)

【洗濯機のティッシュ】ティッシュを洗った時の掃除方法(ドラム式)

ドラム式洗濯機を使っている場合は、ドラム式洗濯機に合った掃除方法を試しましょう。

1

ドラム式洗濯機の中に付いたティッシュを取り除く

ドラム式洗濯機の中に残っているティッシュやゴミを取って捨てる。

2

ティッシュが詰まっていないか確認する

排水ホースや排水口がティッシュで詰まると、洗濯がうまくいかない可能性があります。あまり掃除しない場所ではありますが、ティッシュを一緒に洗ってしまった時は、詰まっていないか確認しておく。

3

洗濯フィルターのティッシュを取る

洗濯フィルターに詰まったティッシュを取り除く。

4

洗濯機の「洗い」で運転する

洗いモードで洗濯後、中に残ったティッシュを取り除く。最大水量水で、洗い時間も1番長く設定して運転させる。

5

再び洗濯フィルターのティッシュを取る

洗濯機運転後、洗濯フィルターにティッシュがたまっていれば取り除く。洗濯フィルターも合わせて確認する。最後にドラムの中にティッシュがないか確認して完了。

洗濯機のティッシュで困ったら専門業者に掃除に相談!

今回は、ティッシュを洗濯機で洗ってしまった時の対処方法について紹介しました。

自分で洗濯機を掃除してみたら、ティッシュ以外の汚れが気になったり、手が届かないところの汚れを見つけたりすることもあります。

そんな時は、専門業者に掃除を依頼するといいでしょう。

専門業者であれば洗濯機を細かく分解して掃除してくれるため、自分では掃除できない場所もキレイにしてもらえますよ。

関連記事

洗濯機(洗濯槽)クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

洗濯機(洗濯槽)クリーニングならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った洗濯機(洗濯槽)クリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す