ディスポーザーとは?ディスポーザーで生ごみ処理すれば快適なキッチン

キッチンの排水口に設置して生ごみを処理してくれるのがディスポーザーです。生ごみの臭いやヌルヌルの悩みを解消してくれる嬉しい電化製品です。今回は、そんなディスポーザーの使い方や、メリットとデメリットなどを詳しく紹介します。気になる料金も合わせて紹介します。

ディスポーザー
更新
ディスポーザーとは?ディスポーザーで生ごみ処理すれば快適なキッチン

毎日の料理で必ず出る生ごみ、厄介ですよね?

キッチンのシンクの三角コーナーに捨てていると、たまった生ごみの臭いやヌルヌルが気になります。

夏場は特に生ごみの臭いが気になります。

ディスポーザーを使えば生ごみを粉砕して、水で下水へ流せるため、キッチンに生ごみがたまることはありません。

そこで今回は、ディスポーザーの使い方や、ディスポーザーに流してはいけない物について紹介します。

>>プロのディスポーザー取り付け業者の一覧

【ディスポーザーの特徴】ディスポーザーの仕組みを知ろう!

【ディスポーザーの特徴】ディスポーザーの仕組みを知ろう!
  • こまるちゃん
    こまる

    生ゴミ処理を簡単にしてくれる「ディスポーザー」が気になるんだけど、具体的にどんなものなの~?


  • モップ

    それなら、僕がディスポーザーの仕組みから紹介するね~♫

ディスポーザーとはキッチンの排水口に設置して、生ごみを処理する電化製品です。

ディスポーザーに生ごみを入れると、ディスポーザーの内部の刃が、生ごみを粉砕します。その後、水で下水に流されます。

ディスポーザーで処理した生ごみを下水へ流すのは、河川などの環境汚染につながるのではないか?と心配に思う方もいらっしゃると思います。

しかし、ディスポーザーを取り付けるための条例が、各自治体で定められており、環境に負担をかけないように取り決められています。

ディスポーザーから出た排水は、マンションなどの敷地内に設置された処理槽に流され、生ごみの固形分を汚泥に分離、その後ろ過バクテリアによる分解処理を経て、下水道へ流されます。

そしてさらに下水処理場で処理されたあと、河川に流されます。

そのため、下水施設や環境に影響が出ることはありません。

新築マンションなどで人気のディスポーザーがあれば、キッチンのシンクに生ごみがたまらないのが何より嬉しいですね。

キッチンから三角コーナーが無くなれば、シンクも広く使えます。

【ディスポーザーの使い方】ディスポーザーの使い方を知ろう!

【ディスポーザーの使い方】ディスポーザーの使い方を知ろう!

ディスポーザーには2種類あります。

次々に粉砕していく「連続投入方式」と、生ごみを粉砕室にある程度ためて一気に粉砕する「バッチフィールド式」の2種類です。

「連続投入方式」と「バッチフィールド式」のどちらにも共通することは、水を流しながら使用することです。

【ディスポーザーの使い方】連続投入方式のディスポーザーの使い方

1

ディスポーザーの電源を入れる

水道水を出して、ディスポーザーの電源を入れます。

2

ディスポーザーに生ごみを入れる

ディスポーザーが回転したら、生ごみを入れます。

3

ディスポーザーの電源を切る

生ゴミの処理が終わったら、電源を切り最後に水道水を止めます。

バッチフィールド式のディスポーザーの使い方

1

ディスポーザーに生ごみを入れる

水道水を出して、生ごみを粉砕室に入れます。

2

ディスポーザーに蓋をするとスイッチが入る

ディスポーザーに蓋をするとスイッチが入り生ごみを粉砕します。

3

ディスポーザーのスイッチを切る

ディスポーザーのスイッチをオフにし、最後に水道水を止めます。

ディスポーザーの使い方の注意点は、水を流さずに使用しないことと、水は温水や熱湯ではなく冷水を使用することです。

そして、当たり前ですが生ごみ以外は、絶対に投入しないで下さいね。

【ディスポーザーのお手入れ】ディスポーザーのお手入れ方法

【ディスポーザーのお手入れ】ディスポーザーのお手入れ方法

用意するもの

必須
レモンの皮
1

ディスポーザーに氷を入れる

簡単なお手入れ方法は、ディスポーザーに氷を何個か入れてディスポーザーを運転するだけです。

2

ディスポーザーにレモンの皮を入れる

氷を入れるだけでも汚れは取れますが、ディスポーザーの臭いが気になる時は、レモンの皮を1、2枚ディスポーザーを運転するだけです。

ディスポーザーのお手入れする時の注意点は、塩素系洗剤や漂白剤を使わないことです。

ディスポーザーのお手入れに塩素系洗剤や、漂白剤を使うと排水管を傷めてしまいます。

中性洗剤を使ってディスポーザーをお手入れする時は、ディスポーザーの中に氷と中性洗剤を入れて運転するとディスポーザーのヌメリが取れます。

ディスポーザーの「メリット」と「デメリット」を知ろう!

ディスポーザーの「メリット」と「デメリット」を知ろう!
  • こまるちゃん
    こまる

    ディスポーザーのメリットとデメリットが知りたいな~♪


  • モップ

    購入や設置をする前に知っておきたいことだよね~♫

ディスポーザーのメリットを知ろう!

一番のメリットは、生ごみがキッチンからなくなることです!

生ごみの嫌な臭いはもちろん、生ごみに虫がわく悩みも解消されます。
衛生的にもいいですよね。

そして、ごみ出し時のごみの量が減るのも、大きなメリットです。
生ごみは、水分を含んで結構重たいですよね。

家庭ごみから生ごみが無くなるだけで、かなりごみ出しが楽になります。

ディスポーザーのデメリットを知ろう!

反対にデメリットとしては、ディスポーザーを運転する時の音がうるさいことです。

最新の様式のディスポーザーは、音が静かなものもありますが、深夜や早朝はディスポーザーを使わないのがマナーです。

また、ディスポーザーを使用する際に使う水道代や電気代がかかります。

月に数百円~1,000円程度ですが、若干費用がかかることは注意しておきましょう。

ディスポーザーを使う場合は、ディスポーザーの処理槽が設置されていることが必須条件です。

最近のマンションでは、ディスポーザーが標準設備となっているマンションもあります。
そのような場合は、既に浄化槽が設置されているため問題ありません。

しかし、中古マンションや一戸建ての家で浄化槽設備が無い場合は、ディスポーザー単体で使うことは、環境のため条例で禁止されていることがほとんどです。

ディスポーザーを設置する前に、業者へ確認してみましょう。

ディスポーザーの浄化槽の設置コスト以外に、維持費として定期点検費や排水管の清掃費などの費用もかかります。

マンションでは、管理費に含まれていることが多いようです。

【ディスポーザーの注意点】ディスポーザーに流してはいけない物

【ディスポーザーの注意点】ディスポーザーに流してはいけない物

ディスポーザーが便利だからと何でも入れてしまうと、詰まりの原因となります。

流していいものと悪いものを把握しておきましょう。

【ディスポーザーの注意点】ディスポーザーに流していい物

  • 野菜くずや果物くずなどの食品くず
  • 魚の骨や手羽元などの骨
  • ご飯や麺類、肉類、パンや菓子類

果物の皮は、小さく切って投入すれば問題ありません。玉ねぎや枝豆などの繊維質な皮、卵の殻、魚や鳥の生皮は流れにくいので、少しずつ投入しましょう。

また、同種類のごみだけを大量に流すと詰まりやすいので、いろいろな種類のごみを混ぜて粉砕するようにしましょう。

ディスポーザーに流すと悪い物

  • サザエやカキなどの大きい貝殻や、カニの殻
  • タケノコの皮やとうもろこしの皮や芯などの、硬い繊維質の食材くず
  • 油類

熱湯や熱い食品は、排水管をいためてしまいます。

そして食品以外の金属や、プラスチックなどを投入するのもちろん厳禁です。

故障の原因になるので、絶対に流すのは止めましょう。

【ディスポーザーの交換】自分でディスポーザーを交換できる?

【ディスポーザーの交換】自分でディスポーザーを交換できる?

ディスポーザーの購入にあたり、気になるのが価格ですよね。

ディスポーザーの本体価格は、安い物なら30,000円台、高い物だと80,000~90,000万円程度です。

ディスポーザーを設置するには、まずもともと設置されていた排水ポンプを取り外し、シンクフランジを取り付けます。

そして、ディスポーザー本体と、排水管を接続します。

自分で設置することもできますが、やはり業者に頼む方が無難です。

業者にディスポーザーの設置を頼む場合は、本体価格と設置費用を含めた総額で、約5万円~10万円程度を予定しておきましょう。

そして、ディスポーザーを使っていると、どんなに注意していても一度は詰まらせてしまったり、などというトラブルがあるものです。

そんな時には、もちろん業者に頼んで修理してもらうのが安心ですが、やはり費用がかかります。

トイレのすっぽんや真空式パイプクリーナーを使うと、自分で対処できることもあります。

まずは、自分で試してみてから業者を呼ぶことをオススメします。

ただ、自分で対処できない場合は無理をせず、業者に依頼しましょう。

費用は、5,000~10,000円程度なので、それほど高くもありません。

自分で悪戦苦闘するより、業者に頼んだ方が早い場合もありますよ。

ディスポーザーの交換や修理は業者に依頼しよう!

今回は、ディスポーザーの使い方や、ディスポーザーに流してはいけない物について紹介しました。

ディスポーザーは、とても便利な生活家電の一つです。

キッチンの生ごみを投入してガーっと粉砕するだけで、生ごみの悩みとさよならできるのも有難いものです。

ただし、使用する時は注意点を守って正しく使うことが大切です。

特に大事なのは、必ず水を流しながら使うことです。

水道代はかかりますが、生ごみを処理する前から、完全に処理が終わるまで水を流し続けましょう。
(最近は自動給水型のディスポーザーもあり、自動で使用時に給水できる製品もあります。)

便利なディスポーザーですが、正しい使い方をしないと設備や環境に悪影響を及ぼす危険もあります。

取扱説明書を読んで、きちんと使って下さいね。

ディスポーザーの業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ディスポーザーをプロに依頼するなら

ディスポーザーを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にディスポーザーの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
22 投票, 平均点: 4.85

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください